本気で好きな女性に限って落とせない理由

巨乳 美女

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

 

ある程度、恋愛経験を積んだ男でもぶつかる壁がこれです。

 

本気で好きになった女性に限って振り向かせることができない。

 

もちろん、恋愛経験が少ない男性にも当てはまるとは思いますが、本当の本気で1人の女性のことを好きになってしまったと。

 

するとまるで変な呪いにでもかかってしまったかのように手も足も出なくなってしまう。

 

こういう経験、あなたにもありませんか?

 

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

好きな女性を落とすには、リスクを恐れず行動する

男というのは、女性に本気で惚れてしまうと、ある程度ふつうに会話ができてデートに行くことができたとしても、相手の女性に嫌われないような行動をとるようになってしまいます。

 

嫌われないような行動をとっていくと、結果的にリスクを伴う行動をとることができませんから、女性がして欲しいと思っている行動をとれなくなってしまうんですね。

で、好きな女性を落とすことができなくなってしまうと。

 

ここでいう、女性がして欲しいと思っている行動、リスクを伴う行動とは、

  • 自分の意見をストレートに言う
  • 多少強引に押す
  • いじったりからかったり
  • 平気で他の女の話をする
  • メールを無視してみる
  • ボディタッチやスキンシップ

などなどが挙げられます。

 

これらができないと女性から魅力的に思われなくなり、

  • 弱っちい男
  • 情けない男
  • 女々しい男

などのレッテルを貼られてしまうことになるのです。

 

相手のことを好きになりすぎると、嫌われたくないという気持ちが強くなりすぎてリスクのある行動がとれなくなるんですね。

 

だから、当たり障りのない会話をしたり、特別、男女を意識させるような行為がとれなかったりして、彼女の中の好感度が上がらないようになってしまうのです。

 

 

逆に全く何とも思っていない女性に対しては、自然体でいられるし、多少強引なこともできます。

 

リスクのある行動も平気でとれるようになるんです。

なぜなら「別に嫌われてもいいや」くらいに思ってるからですね。

 

でも、好きな女性には嫌われたくないから手も足もでなくなってしまう、、、。

 

こんなときどうすればいいのか?

 

それは、「嫌われてもいいや」くらいの気持ちで、 多少、強引にリスクのある行動をとっていくということになります。

 

最初はちょっとやりすぎかな?ってくらいやったほうがいいです。

それくらいやっても女性に嫌われることはありませんし、むしろ逆に好感度は上がりやすいのです。

 

たしかにその女性はあなたにとっては女神のような存在でしょう。

でも、世の中を見渡せばいくらでもカワイイ女の子、キレイな女性、性格のいい女ってのはいるんです。

 

 

だから、あなたもビビらずに気になるあの子にアタックしてみてはいかがでしょうか?

 

APPLI

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人