【恋愛テクニックの光と闇】女性がニガテなあなたに元ヘタレ童貞が伝えたいたった1つのこと

恋愛テクニックの光と闇そのからくりを暴く

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

突然ですが、あなたは「恋愛テクニック」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

  • どんな美女やカワイイ子でも100%落とせるようになる魔法のツール
  • 知り合った女性とその日のうちにホテルへ行き、熱いセックスができる裏ワザ
  • プライドの高い女すらもコントロールし思うがままに操る元ホストの支配術
  • モデルやCAなどのハイクラス女性と好きなだけ交われるナンパの秘奥義
  • 好きな女性がLINEするだけで“濡れて”しまう究極の必殺技

こういったものを思い浮かべるかもしれません。

もちろん、それも間違いではありません。恋愛テクニックを使えば男の本能的な欲望も「ある程度」は叶えることができるからです。

実際に僕も恋愛ノウハウの恩恵をたくさん受けてきました。

 

しかし、それらはいわば恋愛テクニックの良い面(=光)にしか目が行っていない状態です。

(※ドロドロした欲望を叶えるという意味ではすでに闇ですが。苦笑)

実は恋愛テクニックにはみんなが意外と知らない闇の側面があるのです。

ダースベイダー

 

僕もこの恋愛業界は長いので、そういう闇の側面をイヤというほど見てきました。

そこで今日は恋愛テクニックの光と闇について、1000人以上のモテない男性の相談に乗ってきた経験から語ります。

※長いので時間がない方は下線部やマーカーを引いた部分だけでも読んでいってください

 

恋愛テクニックや恋愛ノウハウを学んで達成できること

 

僕もこの恋愛業界に身を置いて8年が経ちました

自分が好きな女性に見向きもされず悩み苦しみ、そしてがむしゃらに恋愛という最大の苦手科目の克服をスタートした時期。その頃から数えると10年になります。

そして、たくさんの経験をしてきました。

  • 東京大学工学部システム創成学科卒業
  • 正式に付き合った女性の数は8人ほど
  • セックスした女性の数は2桁
  • 同時に3人の女性と付き合った経験アリ
  • ネットからの即Hや合コンからのお持ち帰り経験多数
  • 学生時代に起業して月商7桁を達成
  • 当サイトの累計アクセス数は1,000万PV
  • ミスコン出場者と付き合ったり
  • 大学のサークルで一番の美女とワンナイトしたり
  • 電話で呼び出すだけで家まで駆けつけてくれるセフレを作ったり
  • 最終的には愛する1人の女性と結婚

あまり声を大にして言えるものではないですが、輝かしい功績(?)ばかりです笑

もともとは6ヶ月も付き合った彼女とキスすらできずに別れた元ヘタレちゃんが、です。

美女とあんなことやこんなことも

 

これが恋愛ノウハウを学ぶことの一番のメリット(光)でしょう。

もちろん僕だけじゃありません。これまで1000人以上のモテない男性の相談に乗ってきました。そして彼らの中には

  • 彼女いない歴=年齢の童貞がマッチングアプリで出会った美女と初デートでホテルへ行けてしまったり
  • 1ヶ月に30人もの女性と出会ったり
  • なぜか3Pで童貞卒業してしまったり(笑)
  • 出会いが全くない田舎にいながらも5年かけて念願の彼女を作ったり
  • 女性との会話が楽しくなりすぎてホストに転職してしまった方がいたり
  • ものすごい会話ベタにも関わらずそれを「好き」と言ってくれる子と付き合えたり
  • 1年以上片想いした彼氏持ち女性とホテルへ行き童貞卒業してしまったり

見違えるように自信がついて「男になった人」が数え切れないくらいいます

そういう意味では恋愛初心者がテクニックを学ぶこと自体はオススメです。

ですが、恋愛テクニックを学び続けていると必ずと言っていいほど陥る罠があるのです。

それを体感的に理解してもらうために少しだけ僕の話をさせてください。

 

なぜ東大出身の僕が恋愛コンサルタントになったのか?

何を隠そう僕自身がものすごいヘタレで、女性の目を見て話すだけで心拍数が2倍に跳ね上がるくらいに女性へのニガテ意識を持っていたからです。

より詳しいプロフィールについては僕の恥ずかしすぎる黒歴史を読んでもらいたいのですが

キッカケは中学時代、女子に「キモい」と罵られたことでした。

それがトラウマとなり、女という生き物にコンプレックスを感じるようになりました

子供の頃からイジメられていたので自分に自信なんてなかったし、キモい発言がキッカケで対人恐怖症と赤面症まで併発してしまいました。

それでもなんとか頑張って高校デビューしようとしたものの失敗

そりゃ、女子に話しかけるだけでビクビクオドオドしていた僕がちょっと服装や髪型を意識しただけで、いきなりモテモテになるはずがありません。

 

好きな子を友達に取られても「おめでとう」などと心にもない言葉を口にするくらいしか僕にはできませんでした。

あまりに情けなくて悔しかったので、ブックオフで恋愛本や心理学系の本を買いあさったこともあります。

 

しかし、さっきも言ったように女性の目も見て話せない僕がいきなり、もともとモテる人間が作った恋愛テクニックなど使いこなせるわけがないのです。

さも「誰でも結果が出ますよ」みたいに言ってる恋愛講師がいますが、アレはウソです。んなわけがありません。

 

極端な例を出せば、体臭がキツくてハゲ散らかしてて目がギョロギョロ泳いでて「グヘヘ」と笑うキモいおっさんでも使えるのか?という話です。

使っても効果なんてあるわけがありません。むしろ警察を呼ばれても文句が言えません。

その前に「清潔感がマイナス∞に漸近しているその状態をなんとかしなさい」という話なのです。

 

結局、高校時代は好きになった子に告白する勇気もなく3年が過ぎてしまいました。

校舎の窓から見送る

卒業式の日ですら結局何もできずに校舎の窓から好きな子を見送ったのも今となっては良い思い出です。

しかも現役時代には東大に落ちてしまったのでなかなかに絶望的な気分でしたよ。。。

さらに、うちは母子家庭で貧乏だったので、地獄の自宅浪人生活へと突入することになります。

 

地獄の宅浪生活を耐え抜くことができた最後のモチベーションとは?

大事なことなので先に言っておきます。受験生でこれを読んでいる方がいたら宅浪は絶対にやめておけ(笑)

※僕は恋愛の発信をしてるのに、なぜか毎年受験生から合格報告をもらいます

 

1年間耐え抜いてなんとか東大合格した僕ですが、一時期は本当にヤバかったです。

人に会えない寂しさからかオンラインゲームで仲間とワイワイすることにハマってしまい、朝までプレイしては昼に起きるという生活を2ヶ月も続けてしまいました

Dofus
当時ハマっていたDofusというマイナーゲーム

それも10月〜12月という受験生にとっては超大事な時期にです。

さすがに「このままじゃ現役時代の二の舞になる!」と思った僕はゲーム内の装備とゴールドを全てギルドの団長に預けて一言。

 

「リアルが忙しくなるのでしばらく休みます」

 

その後ゲームソフトをPCからアンインストール。巻き返しをはかりました。

しかし、一度落ちたモチベーションを復活させるのはカンタンではありません。

心が折れそうになったことも何度もあります。

それでも最後の最後まで粘ることができたモチベーションの源はコレでした。

 

東大に入ったら絶対にモテる!

大学でできた彼女に「私の彼氏は東大生なんだ♪」と自慢させるんだ!

 

なんて不純な動機なんだと思うかもしれません。でも、結果オーライ。

無事に東京大学理科一類に合格することができたのです。

 

憧れのキャンパスライフ。東大生は本当にモテるのか!?

高校デビューには失敗した僕ですから、大学デビューにかける思いは誰にも負けませんでした。

 

「今度こそ彼女を作って童貞を卒業するぞ!」

 

そう、それまで受験に向けていたエネルギーを今度は恋愛に向けたのです。

人生最大のニガテ科目「恋愛」を克服するときがついに来たのです。

憧れの東大キャンパスライフ

 

高校時代に買った恋愛本を読み直し、心理テクニックの本を読み直し、恋愛サイト・恋愛コラムを片っ端から読んでいき、自称モテる男のメルマガを読み漁り・・・

そうやって準備を万端にしました。

 

ついに夢のキャッキャウフフなキャンパスライフを送るときが来た!

 

・・・しかし、そんな淡い野望はカンタンに打ち砕かれました。

当時、僕には大学のサークルで好きになった子がいました。

ところが、僕がどんなに恋愛の知識を吸収して、恋愛のテクニックを使おうとも彼女の反応は良くなるどころか悪くなる一方だったのです。

 

最初は盛り上がっていたメールも

  • だんだん相手の返信のペースが下がり
  • 文章も短文になっていき
  • 次第に無視されるようになり
  • 実際に会ってもまともに話す機会も減り
  • 最終的には彼氏ができてしまいました

僕は激しく恨みました。今まで学んできたことはなんだったんだ!と。

 

ついに人生初の彼女が・・・!

僕はヤケクソになりました。

どこぞの自称メールマスターが書いた「連絡先に入ってる女性全員に空メールを送る作戦」を決行したのです。

人間ヤケクソになると強いです。失うものがないので何でもできます。

30人の女性に空メールを送り、たった1人だけ返信が来ました。

女性女性
空メール来たけど何かの間違い?
APPLIAPPLI
あれ?空メールだった?
APPLIAPPLI
せっかく夏だしどっか遊びに行こうよ
女性女性
今度はちゃんと来た(*^^*)
うん、行こう♪

初回デートは井の頭公園〜行きつけのBARというコースでした。

井の頭公園

 

ちなみに行きつけのお店を作っておくと株が上がるのでオススメです(*^^*)

実際その子も大満足の様子でした。

その後はあれよあれよという間に2回、3回とデートを繰り返し、告白。なんと無事にお付き合いすることができたのです!

 

「なんだ、こんなカンタンなことだったのか・・・」

 

それまでの苦労がウソのようでした。

そう、相手を選びさえしなければ恋愛テクニックを使って彼女を作るのは比較的カンタンなのです。

もちろん、好きな子への未練があるまま他の子と付き合うことに最初は罪悪感がありました。

しかし、好きな子のことをさっさと忘れるためにも、人生ではじめてできた彼女にどんどんのめり込んでいったのです。

気づいたら彼女のことを大好きになっていました。しかし・・・

 

6ヶ月も付き合ってキスすらできずにフラレてしまう

僕は痛感することになります。しょせん付け焼き刃で学んだ恋愛テクニックなど何の意味もないのだと。

それに恋愛テクニックを使って好きになってもらったとしても、それは恋愛テクニックを使った自分のことが好きなのであって、本当の自分を好きになってもらったわけではないのです。

(※後で詳しく語りますが、これが恋愛テクニックの闇の一部です)

 

結論から言うと、人生初の彼女とは半年付き合ってキスすらできずにフラれるという醜態を晒してしまいました。

もちろんチャンスがなかったわけではありません。

一緒に観覧車に乗ったときや、誰もいない実家に彼女を呼んだとき。キスやセックスをするチャンスはあったのです。

 

でも、彼女に腕を組まれたくらいで勃起していたヘタレ童貞にいきなり女性を押し倒すような勇気が出るでしょうか?

実際にはどのように雰囲気を作ればいいか?どうやってキスしていいか?右も左もわかりませんでした。

だから僕は観覧車でただ「寒い。寒い」とブルブル震えていたのです。

観覧車でただ寒い、寒いというだけ
※真冬だったので本当に寒かったのですが、今なら「寒いからこっちおいでよ」とかなんとか言ってキスしますね

 

今思い出してもヘタレすぎて惨めな気持ちになってしまいます。世界中の人間にバカにされても文句が言えません。

僕が20歳を迎える誕生日。半年付き合った彼女には電話で

「友達として好き」と言われフラレてしまいました。

 

ショックで1週間くらい寝込みました

人生ではじめて涙をボロボロ流しながら泣いた瞬間です。

あんなに大好きになったのに。はじめての彼女だったのに。一途に誠実に付き合ってきたのに。

半年も付き合って「友達として好き」ってなんだ!!!!

自分のふがいなさを呪いました。

このままじゃ一生童貞かもしれない

本気でそう恐怖しました。

またイチからのスタートです。もう前みたいに連絡先に入っている女子の数もそう多くはありません。

ですが、さっきも言ったように人間、窮地に追い込まれてヤケクソになったときが最強なのです。

女を知らないまま死んでたまるか!

その一心でまたイチから女性についての研究が始まりました

 

壮絶な女体実験のスタート

ここから僕の女性心理研究者としての道が始まります。

もう失うものがなかった僕はそれまで頑なに断っていた友人からの

  • 合コンの誘いも
  • クラブの誘いも
  • ナンパの誘いも

全てOKするようにしていました。

友人が主催する学生パーティには主催者側に入れてもらって何度も参加しました。

いくら恋愛の知識を学んでもフィールドワークなしに身につけることは不可能だとわかっていたからです。

 

この頃には無料の情報だけでなく、有料の情報商材なども買うようになっていました。まとまった恋愛の知識を徹底的に学んだのです。

そうやって恋愛ノウハウを仕入れては女性と出会い、効果があるかどうかを実験しました。

同じ恋愛テクニックでも使えるものと使えないものを仕分けていったのです。

 

もちろん最初は失敗続きでした

買った情報の中には

  • 自分語りしかできないエセコンサル
  • 何の再現性もない恋愛ノウハウ
  • 女をモノのように扱うマニュアル

こういう酷いものもありました。

でも、諦める気持ちはありません。諦めたら「女を知らないまま一生を終えること」が確定してしまうからです。

だから1つずつ実験して失敗しては分析→仮説→検証を繰り返し、恋愛の方程式を体系化していったのです。

そして3ヶ月後・・・

 

ついに童貞卒業の壁を突破することに成功!

デートした女の子の「終電逃し」に成功!家へ連れ帰り人生で初めて濃厚なキス→セックスを経験しました。

セックス

 

喜びのあまり大絶叫!

・・・なんてことは全然なく「なんだこんなもんか」というのが正直なホンネでした(笑)

 

それでも長年悩まされたコンプレックス=童貞を卒業したことによって身につく自信は計り知れません

まさに水を得た魚。それまで溜まりに溜まったダムが決壊するかのごとく、僕は遊びまくりました。

そう、まだまだ僕の実験は続きます。

 

次から次へと女性とセックスし、経験人数を増やしていく

冒頭でも述べたように、ときには3股をしたこともありますし、男2:女1の3Pも何回かしました。

ワンナイトやお持ち帰りもたくさんしましたし、セフレを作ったり、彼氏持ちの処女を奪ったりしたこともあります。

また、同時期にサークルのかなりカワイイ後輩2人を抱いたりもしました。

ベッドの上で眠る美女

そうやって、どんどん女性を落とすための方法を体系化していき、

  • 何を言えば女性が笑顔になり
  • 何をすれば女性が惚れて
  • 何がセックスする決め手になるのか?

ついに高確率で女性を落とす方程式を完成させたのです。

一般的に見れば美女と呼ばれる女性やカワイイ女の子とセックスすることも付き合うことも自由自在になりました。

男なら誰もが羨む環境でしょう。

 

しかし、僕が完成させた恋愛の方程式こそが「禁断の果実」であり、不幸の始まりだったのです。

そう、ここからがいよいよ本題。恋愛テクニックの「闇」について、その核心に迫ります。

 

どんなに女性を抱いても僕の心は全く満たされませんでした

僕が完成させた「恋愛の方程式」により、いつでも好きなときに好きな女性と付き合ったりセックスしたりできる男へと進化しました

また、人にモノを教えるのがもともと好きだったため、その方程式を今度は人にも伝えることにしました。

手を繋ぐ男女

 

その結果、僕だけじゃなく同じように童貞を卒業したり、彼女ができたり、セフレを作ったりする生徒さんが増えました

そこで本格的に事業化。ビジネスは軌道に乗り、自由なライフスタイルを謳歌するようにもなりました。

好きなときに、好きな人と、好きなことをやる。僕が憧れていたライフスタイルがそこにありました。

 

そう、

  • お金も
  • 女も
  • 自由も

人が羨むものをすべて手に入れたのです。

 

しかし、なぜでしょうか?

肝心の僕の心はちっとも満たされませんでした。そればかりか・・・

 

隣に彼女がいるのに強烈な寂しさに襲われました

何人女性を抱いても、どんなに美人と付き合っても、幸せを感じるどころか、寂しくて虚しくてたまらなくなったのです。

 

なんでこんなに寂しいんだろう・・・

 

女を抱いても心は満たされず。その寂しさを埋めるためにまた女を抱く。

まさしく恋愛ゾンビ状態。何のために稼ぎ、何のために恋愛するのか?完全に見失っていました。

 

恋愛ゾンビ化とは?

精気を失い、何のために恋愛をしているのかわからなくなってしまったステータス異常を指す。

ナンパ師が「今日も〇〇人斬り」と抱いた女性のカウントを増やすためだけに街を徘徊している様子から名付けられた。

恋愛ゾンビ

彼らがバラまく情報はピンクなものも多く刺激的なのでバイオハザード並みの感染力である。今日も純情でピュアな男性がただのヤリチンへと成り下がる被害が絶えない。

これが転じて「恋愛の楽しみを見失った人」や「女性不信に陥った人」「恋愛を諦めてしまった人」なども恋愛ゾンビと呼ぶようになった(Applipedia)

 

この恋愛ゾンビ化こそ恋愛テクニックの最大の闇です。

そう、当時の僕は完全に恋愛ゾンビに成り果ててしまったのです。

 

地上最強の女性メンタリストからの奇妙なアドバイス

そんなときに出会ったのが、人間心理の奥底まで知り尽くした最強の女性メンタリストYuZuKiさんです。

YuZuKiさんが持つ深層心理プロファイリングメソッドを使って僕の恋愛に対する偏見や固定観念を1つずつ取っ払っていく作業が始まりました。

しかし、ある時YuZuKiさんからもらったアドバイスは耳を疑うものでした。

 

「全てを捨てて旅に出ろ」

最初は言葉の意味がわかりませんでした。しかし、直感的になんとなくやったほうがいいことだけはわかっていました。

 

ちなみに恋愛においては直感・フィーリングが働くということが非常に重要です。

当時の僕みたいに直感が鈍かったり感情が死んだりしていると良い恋愛はできません。

どんなに女性を抱いても満たされなかったように・・・

 

世界中を旅して人の心を取り戻す

それからいろんな国を旅しました。

キャンピングカーでアメリカ1周したり
キャンピングカー

アラスカでサーモンを釣ったり
アラスカサーモンフィッシング

フィリピン人の家で1週間過ごしたり
フィリピンの子どもたち

 

実は僕には父親がいません。悲惨な家庭環境で育った僕は感情が死んでいました

しかし、世界を旅していろんな人と触れ合うことで、少しずつ人としての心が蘇っていったのです。

固く閉ざされた氷の心が溶け出し、人としての感情が戻ってきたのです。

そして、、、

 

とある女性との出会い

友だちが企画した「50人集まるキャンプ」で1人の女性と出会います。

恥ずかしながら、そのキャンプではあまりその子と話すことはできませんでした。

というのも、常にガーディアンが3人いたからです。両サイドに男、さらにその隣にも男がいる状態。

イメージは常にこんな感じ

 

そこに割って入るほどの豪胆さを僕を僕は持ち合わせていません。また、「その他大勢の男」と同じになるのもイヤでした。

そこで僕は知恵を絞りました。

たまたまその子と話すチャンスがあったときにこんな提案をしたのです。

 

「明日も有給取ってるなら、せっかくだし近くの初島観光して行かん?」

 

有給を取っていない男はその日のうちに帰らざるを得ないので、我ながら素晴らしすぎる戦略です(笑)

もちろんOKをもらい、男2人:女2人でもう1泊することになりました。

これがキッカケで仲良くなり、その後無事にお付き合いすることになったのです。

 

恋愛テクニックはもういらない!?学んできたこと全てを捨てた瞬間

その子と付き合ってからは大変でした。

というのも、なぜか恋愛テクニックが全く効かない場面にたくさん遭遇するようになったのです。

もともと恋愛テクニックの限界を感じていた僕は一度全ての恋愛テクニックを捨てる決意をしました。

 

それでも骨身に染みついたテクニックがカンタンに消えることはありません。

  • ありのままの自分でぶつかること
  • 変な駆け引きをせず、ストレートなホンネを表現すること
  • 人と人として向き合うこと

良好な人間関係を築く上で、めちゃくちゃ大切なことをその子から教わりました。

ちゃんと言葉で「好き」と表現しなければ怒られるし、思っていることを隠していると途端に機嫌が悪くなるのです(笑)

 

でも、気づいたときには「寂しい」という気持ちはどこかへ消え去っていました

変なテクニックなど使わずホンネでぶつかり、人と人として深く交わること

ただの男と女の関係だけじゃなく、人として尊敬し合える関係を作ること。

それこそが大事であり、僕が心から求めていたものだったんだと悟りました。

 

そして今・・・

 

ハワイでの写真

 

恋愛テクニックの光と闇

いかがだったでしょうか?

ここまでで8,000文字。伝えたいことが多すぎてつい長くなってしまいました(^_^;)

 

カットしようかなとも思ったのですが、どこを削っても今回あなたに本当に伝えたいことが伝わらない気がしたのでそのままにしています。

それでも書いては消し、書いては消しを繰り返してはや1週間。ようやくここまで書くことができました。

 

僕がこの記事を通してあなたに伝えたいことは結局1つです。

それが恋愛テクニックには光と闇の側面が存在するということ。

恋愛テクニック光の三角形

恋愛テクニック「光の三角形」

  • 好きな女性と付き合える
  • ありのままの自分を受け入れてもらえる
  • 愛し愛される喜びを知れる

恋愛テクニック闇の三角形

恋愛テクニック「闇の三角形」

  • たくさんの女性とセックスできる
  • 自分を実物より魅力的に見せることができる
  • 女性を支配しコントロールできる

ここまで真剣に読み続けてくれたあなたならもう直感的に僕の言いたいことは理解しているかもしれませんね。

 

どちらが良い・悪いではありません。どちらかに偏るからダメなのです。

闇に染まれば恋愛ゾンビ化します。

 

かといって光の側面だけ見ていてもフワフワと地に足がつきません。

つまり、一生彼女なんてできませんし、パートナーなんて夢のまた夢です。

だからこそ光と闇、その両方をバランスよく取り入れていく必要があるんですね。

 

一生モノのスキルを身に着けよう

今では僕が開発した女性を高確率で落とす様々な方程式を、さらに発展させて「恋愛の5教科7科目」として体系化しなおしました

1000人以上のモテない男性の相談に乗ってきた僕だからこそ、みんなが恋活でつまづく共通のポイントを7つに絞り込めたのです。

 

モテモテになって女を抱きまくっても虚しいだけです。

それを知っている僕だからこそ恋愛テクニックの光と闇。バランスよくお伝えするようにしています。

 

ただ女にモテモテになるだけでなくその先にある成功と幸せを掴んでほしい

さらに女性だけでなく老若男女に好かれる人間的魅力を兼ね備え、自信あふれる次世代のリーダーになってほしい

次世代リーダーに必要な5つの刃

 

これが僕の活動の理念です。

まあ、いきなりリーダーなんて言われてもピンと来ないと思います。今はそれでOKです。

まずは彼女をさっさと作って男としての自信をつけましょう。

 

恋愛を通して身につくスキルは一生モノです。大げさでもなんでもなく人生を変えるほどの大きなインパクトがあります。

僕も恋愛を通じて人生が大きく飛躍した人間の1人です。

 

これからの時代、心が豊かでないと本当の意味で成功することも幸せになることも難しいでしょう。

どんなにお金持ちでも一人でいたら寂しいだけです。

そもそも一個人の力だけでできることには限界があります。

だからこそ心を豊かにし、深い人間関係を作ることが幸せな人生と成功&性交を掴むための秘訣なのです。

 

もしこの記事を読んで少しでも共感してもらえたなら、ぜひ僕と友達になってください

今後も恋活ならびにあなたの人生に役立つ情報をお届けしていきます。

友だち追加

 

なお、LINEで友達になってくれた方にはKindle恋愛カテゴリでベストセラーを獲得した電子書籍【恋愛の5教科7科目】を無料でプレゼントしています。

恋愛の5教科7科目

他にも僕が編み出した数々の恋愛方程式をお伝えするとともに

以上の豪華特典もプレゼントしています。

受け取らないと100%損です。ぜひ友達追加しておいてください↓

友だち追加


※必ず友だち「追加」してください。追加せずに「トーク」へ行くとプレゼントを受け取れません。

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

  • 彼女いない歴=年齢の童貞だけど恋愛したい!
  • 出会い系に登録したけどいいねももらえません
  • 初デートから2回目デートにつながらない!

こんな悩みを抱える恋愛初心者の皆さんのために、かつて女性に「キモい」と言われ、初彼女にもフラれた僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでに学んだことを詰め合わせた恋愛の教科書。

Amazon恋愛カテゴリランキング1位を記録した、「恋愛の5教科7科目」期間限定で無料プレゼントします!

LINE友だち追加をして、恋愛初心者向け4つの特典を受け取ってください

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント

この記事を書いた人