この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

あなたは女の子から連絡先を聞き出すことに抵抗がありますか?

 

なければ別にそれで問題ないのですが、ある場合、どうして抵抗があるのでしょうか?

 

やはり一番の原因は「断られたら嫌だから」というものでしょう。

ですが、その心配はほとんど杞憂に終わります。

 

なぜならLINEが広く普及した今となっては女性からするとわざわざ断る理由もないからです。

 

だって、その場の雰囲気をわざわざ悪くしなくても、気に入らなければ後から無視するなりブロックするなりすればいいのだから。

 

だから、臆せず連絡先を聞き出してください。

 

・・・と言われて素直に「はい、分かりました」とはならないですよね。

 

もちろん、そうやって素直になれるなら、それがベストなんですが(素直さは最強のスキルです)分かっていても万が一断られたときのことを考えると二の足を踏んでしまうと思います。

 

なので、今日は、

連絡先を聞こうとして拒否された時の対処法

を教えようと思います。

 

断るくらいなら後で無視すればいいので、本当に断られることは滅多になく、変な抵抗は抱かずに「連絡先教えてよ」と一言いえばいいんですが、こういう対処法を知っておけばもっと安心ですよね。

 

 

連絡先交換を拒否された時の対処法

んで、この方法は女性が拒否してきたことを利用して、さらに踏み込むテクニックとなるので、連絡先を断られた時だけではなく、他の場面。

 

たとえば、デートの誘いを断られたとき、手をつなぐのを拒否されたとき、ホテルに誘っても乗ってこなかったとき。

 

そのような状態でも気まずくならず、また、うまくやればそのまま「NO」が「YES」に変わる可能性もあるので非常に応用のきくテクニックとなっています。

 

それで、断られたとき、シュンとなっていてはタダのヘタレです。

だから、堂々と2撃目3撃目を浴びせなければなりません。

ワンツーパンチです。

 

 

連絡先交換を拒否された時は…

では、ただ押して押して押しまくればいいのか?

というと決してそんなことはなくて、もうこれは常識として覚えておいて欲しいのですが、女性とコミュニケーションをとるときには直球ストレートではなく変化球カーブで攻めてください。

 

分かりますよね?

 

・・・と言われてもピンと来ないと思うので、具体的に連絡先を聞こうとして断られたときに何て返せばいいのか?

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え、ひょっとして電話代払ってないの!?」

 

です。

 

「んなわけねーだろ」って話ですが、分かっていて言っているのです。

 

 

これらの記事にも関連してくるのですが、分かっていてあえて聞くというテクニックはかなり使えます。

 

この切り返し方は、そんなわけないと知りつつもあえてバカになって、ありえないことを聞くというところにトークを盛り上げる巧みさがあるのです。

 

 

で、こういうふうに聞かれたら女性は「いやいや、そんなわけないじゃん」と言うでしょう。

 

でも、そう言わせた瞬間、もうこっちのもんです。

会話の主導権を握っているんですね。

クスッと笑っていれば、むしろ好感度は上がったと言えます。

 

あとは、

 

「じゃあ、教えてよ。

大丈夫、1日100回くらいしか電話しないから(笑)」

 

などとオーバーに言えば、よほど堅い女性じゃない限りは「えー」と言いながらも嬉しそうに教えてくれます。

 

こういうやり取りは別に連絡先の交換を拒否られた時だけでなく、交換中の沈黙がちょっときまずいなーなんて時にも使えます。

 

何か面白いことを言う必要なんてどこにもなくて、ちょっと大げさに言う、分かっていてあえて聞く。

 

こういうことができる男に女性はユーモアセンスを感じるのです。

 

とにかく、まずは気になる子の連絡先を聞いてみましょう。

断られても「電話代払ってないの?」と聞けばいいのだから。

 

たとえ、最終的に教えてくれなかったとしても気まずくなることは一切ないでしょう。

 

 

というわけで、今回はこの辺で。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI