モテる男の特徴とは?ブサメンでも女性を虜にする男の特徴7選!

モテる男には常識!?女性は男の○○を見る

今回はモテる男の特徴です。

男なら誰しも

草食くん
好きな女性と付き合いたい
草食くん
モテたい

という思いがあるはずです。

そのためにはモテる男をマネするのが一番です。

いわゆる「モデリング」ですね。

 

しかし、そもそも「モテる男」ってどんな人でしょう?

その疑問に応えるため、モテる男の特徴を解説します。

女性を虜にする男の正体とは…?

 

モテたいなら女性にモテない男の特徴も反面教師にしましょう。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

ブサメンでもモテる男の必須条件は○○!

さて、それではモテる男の特徴とはなにか。

あまり焦らしても意味がないので一言で言ってしまうと。

 

「男らしさがある」です。

 

女性はなんだかんだ言ってもやはり男らしい男性が好きです。

 

世間一般的にはよく、

  • イケメンがモテるとか、
  • お金持ちがモテるとか、
  • 社会的なステータスがある人(社長、医者、弁護士、一流企業に勤めているなど)がモテる

こう言われています。

でも、それは全くの勘違いで、

  • イケメンでも
  • お金持ちでも
  • 社長でも

男らしさがない男性はモテません。

イケメンやお金持ちや社長でモテている人は、それと併せてちゃんと男らしさも兼ね揃えているからモテるんです。

なので、

  • 顔がカッコよくてイケメン
  • 年収が高い
  • 身長が高い
  • 知識が豊富
  • 話が面白い
  • 社会的な地位がある

そんなものは女性がセックスしたいと思うかどうかには関係ないんですよ。

 

もちろん、僕ら人間は動物じゃないので、最初の接点としてはそういうステータスっぽいものがあったほうが有利っちゃ有利です。

 

でも、最終的にはステータスなんてモテるかどうかに関係ありません。

あった方がいいけど、なくても問題ない程度のものです。

イケメンでもお金持ちでも社会的なステータスを持っていても、モテない人はたくさんいます。

現に女子大生への対談音声でも、女子大生はイケメン、お金持ち、社会的なステータスのいずれにも反応していませんでした。

現役女子大生が心惹かれた男はイケメンでもお金持ちでもなく・・・?

 

なので、この本質を見誤ると、女性にモテるようにはなれません。

 

ここまではなんとなく分かるでしょうか?

オッケーです。

 

では、女性が本能的にセックスしたいと感じる男が持つ「男らしさ」とはどんなものなのか?

具体的な例を挙げていきたいと思います。

 

▲目次に戻る

モテる男が兼ね備える7つの特徴

では、始めに女性にモテる男の特徴を列挙したいと思います。

  1. 不良っぽい一面を持っている
  2. ちょっと強引に女性を連れ出す
  3. 「まあ、ええやろ」が口癖 
  4. 女性にとって頼りがいがある
  5. ヘラヘラ笑って女性に媚びない
  6. 本物の誠実さを持っている
  7. 女性との駆け引きがうまい

この7つですね。

これらの要素を兼ね揃えた男性は非常にモテます。

では、1つずつ解説していきます。

 

モテる男の特徴①不良っぽい一面を持っている

言わずもがな、ですが、中学時代や高校時代を思い出してみてください。

 

そこそこ勉強ができてスポーツもできるヤツもそこそこモテるのですが、

  • 学校には来ないわ
  • 勉強もできないわ
  • スポーツも真面目にやらないわ
  • でも、ケンカだけはいっぱしに強い

そんな不良やヤンキー達がモテてませんでしたか?

 

まあ何を持ってモテるというのかにもよりますけど、女性はやはり強い男が好きです。

 

それは何もケンカが強ければいいって話ではなくて、

「いざってときに守ってくれる」という安心感。

彼らはこれを与えるのが上手なんですね。

 

で、結果的にモテると。

 

しかし、だからといって不良になれ。

と言われても、まあムリですよね。

 

ただ、不良が持つ要素を勉強してみるとけっこう参考になりますよ。

  • 敵を作ることを恐れない
  • 人の言いなりにならない
  • セックスに罪悪感を持たない

いろいろと分かることがあるはずです。

女性はキケンな匂いがする男に惹かれる生き物なので、ぜひ不良の要素を研究してみてください。

 

実践①少女マンガを愛読書に

そういう意味では不良が出てくる少女マンガを読むといいかもしれません。

 

青年マンガに男から見て魅力的な女性キャラクターが出てきますよね。

それと同じで少女マンガには女性から見て魅力的な男性キャラクターが出てきます。

特に大ヒットしたマンガがいいですね。

大ヒットしたマンガというのは、それだけ多くの人の共感を誘ったから大ヒットしたわけなので。

草食くん
え?少女マンガ?マジ?

そう思う人もいるかもしれませんがマジです。

女性の心理を理解するために女性誌を読んでいる人もいるぐらいです。

少女マンガも魅力的な男性像を理解するのに有効なコンテンツです。

 

参考にするのにオススメなものとしては「NANA」というマンガですね。

特に作中に出てくる「タクミ」というキャラクターが非常に参考になります。

映画化までされた有名なマンガなので読んでみてください。

 

ということで、少女マンガを愛読書にしましょう(笑)

家の本棚が少女マンガで埋まるぐらい徹底的に読んでみてください。

 

ただ、中には少女マンガを買うのが恥ずかしいと人もいると思います。

草食くん
少女マンガを買うのは恥ずかしいけど、女性をドキッとさせたい!

という人は、オンナゴコロをギュッ掴むセリフや態度を無料メール講座で解説しています。

少女マンガを読むのと同じかそれ以上の効果を保証しますよ。

 

モテる男の特徴②ちょっと強引に女性を連れ出す

優しい男、真面目な男というのはなかなか、この強引に攻めるということができません。

もちろん、なんでもかんでも強引にやろうとすると女性も引いてしまうのですが、ときには強引に誘うことも必要なのです。

 

たとえば、パーティ会場から女性を連れ出そうとするときに、あれこれ理由をつけるのも大事ですが、最終的には

肉食くん
いいからいいから

とか

肉食くん
大丈夫だから

とか。

 

まあ「何が大丈夫やねん!」って話ですが、女性はロジックよりもそういう強引さに意外と弱いものです。

 

他にも路上でナンパするんだったら、この強引さがなければやってられません。

草食くん
お茶しませんか?

と言ってイエスと答えるわけがないのです。

  • 「ちょっとだけ」
  • 「5分だけ」
  • 「1杯だけ」

こんな適当なことを言って連れ出さないと5分どころか1秒も立ち止まってもらうことすらできないのだから。

 

いいですか。

 

ある程度テキトーに理由を作って女性が迷っているんだったら、最終的には強気に押す、ということを覚えておいてください。

 

実践②女性が迷う=GOサイン

というか、これってちょっとしたテクニックなのですが、女性がこちらの提案に迷ったときは押せばイケるときが多いです。

さすがに全部とは言えませんが、女性が迷ったときにちょっと強引に連れ出してあげると意外とうまくいきます。

 

というか、女性だって本当に嫌なら普通に断ってきますからね。

迷うってことは嫌なわけではないけど、踏ん切りがつかないということなんです。

もしくは、気持ち的には全然オッケーだけど、軽い女に見られたくないから迷っているフリをしていることもあります。

こういう微妙な女性心理が「迷う」という反応につながっているんです。

女性に言い寄られチヤホヤされる男は知っている、女性のナマのホンネとは?

 

それなら、あとは僕たちが多少、強引にでも女性の手を引っ張ってあげればいいですよね。

 

なので、女性が迷う=GOサインと覚えておいてください。

「いいからいいから」「大丈夫だから」を駆使して女性を半ば強引に連れ出しましょう。

 

とはいえ、もし強引に連れ出そうとして、本気で嫌がった場合はそこで止めましょう。

それ以上やると犯罪になってしまうので(苦笑)

 

モテる男の特徴③「まあ、ええやろ」が口癖

これは僕の口クセなのですが(笑)

小さなことは気にすんなってことです。

 

どーでもいいことをウジウジ気にしているような男に女性が男らしさを感じるわけがないですよね。

 

また、女性がいろいろと面倒くさいことを言ってきたり時にはイラッと来るような発言をするかもしれませんが、そのときもこうつぶやいてみてください。

肉食くん
まあ、ええやろ

自然と落ち着きを取り戻すことができますし、女性の言動に一喜一憂しなくなりますから、女性はそんなあなたの態度を見て包容力を感じるんですね。

 

あとは、先ほどの強引さにもつながってくるんですが、

肉食くん
いいじゃん、別に

と、さも大したことのないことのようにガンガンアプローチしていくのも大事です。

本当に強い男ってのは、セックスすらも

肉食くん
別に減るもんじゃないし、いいじゃん別に

と何の罪悪感もなく堂々と誘うことができるんですね。

 

もちろん、あくまでも態度が強気なだけであって、誘い方はいろいろとあるのですが、でも、この態度、マインドセットは身につけておいて欲しいですね。

 

実践③普段から「まあ、ええやろ」と言ってみる

とはいえ、この「まあ、ええやろ」ですが、いきなりやろうとしてできるものではありません。

「まあ、ええやろ」に限った話ではありませんが(笑)

普段はものすごく細かいところまで気にしているのに女性とのデートのときだけ「まあ、ええやろ」とはなかなかなりにくいです。

 

なので、普段の生活の中から「まあ、ええやろ」を実践してきましょう。

たとえば、会社で上司からボロクソに言われて、ブチギレたいときでも「まあ、ええやろ」と。

「今回は特別に許したるわ」と心の中で言ってみるとかですね。

あとは満員電車の中で足を踏まれたときにも「まあ、ええやろ」と言ってみるとか。

 

こういった日常生活の中で思わずキレそうになったときに、すかさず「まあ、ええやろ」と唱えてみてください。

そうすることで、いざ女性を前にしたときでも何の問題もなく「まあ、ええやろ」と言うことができます。

 

普段、全くやっていないことを女性を相手にしたときにいきなりやれと言われても難しいです。

常日頃から実践していつでも「まあ、ええやろ」と言えるようにしましょう。

 

モテる男の特徴④女性にとって頼りがいがある

もうかなりくだらないものも含まれますが、

  • ラブホ代は男が出す
  • デートで行く場所は男が決める
  • 日曜大工が得意
  • 釣りなどでエサとなる虫をふつうに触れる
  • 家でゴキブリが出ても平気で殺せる
  • 何があっても冷静で動じない

このあたりをごく当たり前のようにできる男が頼りがいのある男と言えるのではないでしょうか。

もちろん僕が勝手に言っているわけではありません。

実際に僕が師匠と呼んでいる人や、女性にモテる男の人達には共通してこれらの要素があります。

頭の片隅でもいいので、しっかりと記憶しておきましょう。

 

実践④主体性を持って自分から提案するクセをつける

ただ、これだけだと頼りがいってどうやって身につければいいかわからない人もいると思います。

「今から頼りがいのある男になってください!」

なんて言われても、どうしたらいいかわからないですよね(苦笑)

 

じゃあ、どうやって頼りがいを身につければいいかという話ですが、簡単です。

主体性を持って自分から提案するクセをつけてください。

 

わかりますかね?

「主体性を持って自分から提案」←これがポイントです。

 

たとえば、女性とデートに行くことになったと。

こういうときにまず最初に何をすればいいでしょうか?

主体性のある人ならすぐに考えつくと思いますが、デートコースを決めることですよね。

場所や予算などを考えて、ベストなデートコースを決めます。

(デートコース選びで失敗したくない人はハズレデートを回避するデートコースの作り方を読んでみてください。

 

でも、ここで主体性のない人はデートコースを決めないままデートに臨んでしまいます。

それで、当日に女性と合流してから「どこ行こうか?」なんて言い出します。

これでは頼りがいなんてないですよね。

 

他にも、ちょっと予想外のことがあったぐらいで動揺してテンパってしまうとか。

たとえば、行こうと思っていたお店が臨時休業で入れなかった。

そういうときに、

肉食くん
うわー、マジか。まぁ、でも閉まってるのはしょうがないし、あっちにもいい店あるから、そっち行こうか。

というのか、

草食くん
え~、ちょっと困るよ~??うわー、どうしよう…、ねぇ、この後どうしたらいいと思う?

というのかでは印象が全然違いますよね。

 

前者は頼りがいがありますが、後者は頼りがいの「た」の字もありません。

ただのヘタレです。

 

こんなふうにいかに目の前のことに対して当事者意識を持って取り組むか。

こういった主体性こそが頼りがいの正体です。

 

なので、女性と接するときは主体性を持って自分から提案するようにしましょう。

それこそが女性に、

女性
この人、頼りがいあるなぁ…

と思わせる秘訣です。

 

モテる男の特徴⑤ヘラヘラ笑って女性に媚びない

モテる男というのは女性に絶対に媚を売りません。

 

媚を売るというのは、

  • 別に面白くもないのに、ヘラヘラ笑って話を合わせようとしたり
  • 思ってもないのに褒めちぎったり
  • 優しい男をアピールしようとしていろいろと尽くしたり

こういった行動のことを指します。

 

少なくともこのような男性に女性は興味を持ちませんから、絶対に女性に媚びるようなマネだけはしないでください。

 

特に美女と呼ばれるような女性にもなると普段からチヤホヤされすぎていますから、媚びたりするとその時点でアウトオブ眼中です。

 

よくある女性に「いい人」と言われてフラれてしまうのも、この媚びていることが原因だったりします。

少しでも心当たりがある人は、今すぐにこちらの記事を読んで「いい人」を脱却し、女性からチヤホヤされる男になっていきましょう。

 

そうじゃなくて、友達のように、妹のように接する。

これができると、

オトメちゃん
あ、この人はなんか違う

と思わせることができるのです。

 

実践⑤同性に対する態度で女性にも接する

とはいえ、頭ではわかっていても、美人を前にするとつい媚びるような態度になってしまうこともあると思います。

これに関しては男の性(さが)のような部分もあるので仕方ありませんが、だからといって媚びていてはその女性は落とせません。

 

じゃあ、どうすればいいかというと、つい媚びてしまう女性には同性に対する態度を取ってみてください

要は男友達を相手にするような態度を女性相手に取るということですね。

 

そもそも、美人を前にすると媚びるような態度になってしまうのは、その美人が恋愛対象になるからです。

この子と付き合いたい、セックスしたい。

そう思うから変に意識して媚びるような態度になってしまうんです。

 

なら、逆を言えば、恋愛対象にならない人に対しては媚びるような態度にはならないということですね。

それが男友達だということです。

男友達には変に媚びるような態度は取らないですよね。

そういう媚びない態度で美人にも接しましょうねということです。

 

それに同性にも異性にも変わらない態度で分け隔てなく接していると、周りの人にとてもいい印象を与えることができます

みんなに対して平等で、裏表のない性格に見られるということですね。

そういう印象を与えられると、女性だけではなく男性にもモテることができるので一石二鳥です。

相手が誰であれ、変わらない態度で接するようにしましょう。

 

モテる男の特徴⑥本物の誠実さを持っている

よく「誠実な男はモテる」とか言われますし、女性に好みのタイプの男性を聞くと「誠実な男が好き」と答えます。

 

しかし、実際に誠実な人なんて今の世の中1%もいません。

草食くん
いやいや、俺は誠実な人間だし、彼女に対しても誠実だよ

と言う人に限って、心の中では浮気をしていろんな女性と遊びたいと思っていたりするものです。

 

カワイイ彼女ができた人続出の秘密

>>女は男を○○で見てる!?<<

実践⑥真の意味で誠実な人ならあなたはモテる男になれる

まあ、そうでなくても、女性に対してだけ誠実にしていればいいってものではなくて。

(付き合っていない段階から誠実さをアピールすると、どうしても「重く」捉えられがちなので注意)

  • ちゃんとあいさつをする
  • 友達のことを陰で褒める
  • 嫌な人が相手でも尊敬できる部分は尊敬する
  • 悪口は絶対に言わない
  • 店員さんに「ありがとう」と言う
  • 目上の人には敬語を使う
  • 自分の利益のためだけにウソをつかない
  • 自慢しない
  • 家族を大事にする
  • 常に謙虚でいる

こういうことが当たり前のようにできていますかと。

これらを全部できて初めて、本当に誠実な人間だと言えるのです。

 

ハッキリ言います。

”誠実さ”はどんな恋愛テクニックにも勝るとも劣らない、最強の「スキル」です。

 

あなたは先ほど挙げた行動をどれだけ実行できているでしょうか?

 

かくいう僕も全部が全部できているわけではありませんが、いずれこういう当たり前のことが当たり前のようにできている、そんな人間になろうと思っていますし、なれると確信しています。

 

女性の機嫌を伺うためだけにヘラヘラ笑って媚を売ったり、「暇人か」と思うくらいにマメにメールしたり、言われた通りに何でもしてしまう奴隷みたいな存在になりさがったり。

そんなものは決して「誠実」とは言いません。

 

だから、せっかく訪問してくれたあなたは、ぜひ「誠実な男になろう」と決意して欲しいのです。

別に誠実=浮気をしない、とかそんなものでないのは、文脈から分かってもらえますよね。

 

むしろ、女性を喜ばせられる魅力的な男になるのが目的であれば浮気はしてもいいと思います。

そうやって経験値を積んで、レベルの高い男になることは、結果的に出会う女性を幸せにできるスキルを手に入れるのと同じことですから。

 

まあ、女性が聞いたら「詭弁だ」と思うかもしれませんが、そうやって自分を高める努力をする人を僕は誠実だと思います。

 

そして、先ほども言いましたが、世の中にそんな誠実な人は1%もいません。

みんな求めているんですよ。

真に誠実な人間を。

 

だから、ただ”本物の誠実さ”を追求するだけでも、それだけで他の99%の男が持っていない魅力をまとうことができるのです。

女性って自分に対する行動だけじゃなくて、他の人に対する態度も見ていますから、こういう些細なことでモテる・モテないが決まったりするものです。

 

そうでなくても、誠実さに欠ける人間は、必ずどこかで人間関係に支障をきたします。

そういう男から出るオーラって最悪ですよ。

 

男から見ても敏感に感じ取れるくらい、なんていうかこう、「嫌な感じがする」んです。

 

何より、そんなふうに人間関係がうまくいっていなかったら、女性とうまくいくわけがありませんし、自信もセルフイメージもダダ下がりですよね。

そんな人間になってしまわないよう、もしさっきの項目が何一つできていないようだったら意識してできるようになるまで頑張ってください。

 

モテる男の特徴⑦女性との駆け引きがうまい

最後は「女性との駆け引きがうまい」です。

モテる男の多くはこの駆け引きが上手いという要素を持っています。

 

たとえば、実際に会ってるときには楽しそうに話しているのに、LINEでは超冷たいとか。

「◯◯ちゃんのこと好きだわー」とか冗談っぽく言っているのに、他の女性ともめちゃくちゃ楽しそうに話しているとか。

話の節々に自分の知らない女の影が見え隠れするとか(笑)

 

そういう女性に、

女性
「え?これどっちなの?」

というふうに思わせるのが上手いんです。

そうすることによって、女性に自分のことを考えさせ、どんどん自分のことを気にさせていきます。

そして、気付いたときには女性が好きになっていたという状況を作り出します。

こういう駆け引きが上手いのも女性にモテる男の要素の1つだったりします。

 

では、どうして駆け引きがうまいとモテるのか。

理由は単純で駆け引きがうまいと、1枚上手感が出るんです。

LINEでの駆け引きをマスターして、女性を手玉に取れるようになりたい人はこちらを読んでみてください。

 

男性の方が1枚上手で女性の感情をうまく動かしてあげられるんです。

で、女性はそういった感情を動かしてくれる男性に魅力を感じます。

だから、結果として女性の方が好きになってしまうんですね。

 

実践⑦冗談っぽく好意を伝える

じゃあ、どうすれば駆け引きがうまくなれるのかというと、ポイントとしては冗談っぽく好意を伝えるということになります。

めちゃくちゃふざけた感じの口調で「◯◯ちゃんのこと好きだわー」と言ったりとかですね。

そうすることで女性にこちらのことを意識させることができます。

 

ストレートに好意を伝えたら、ダメですよ。

それはただの告白になってしまうので(苦笑)

じゃなくて、確かに好意は伝えているんだけど、何か冗談っぽい。

本気で言ってなさそう。でも、気になる…。

女性がそういった心理状態になるように冗談っぽく好意を伝えていきましょう。

ということですね。

 

この方法は、ある程度は女性に慣れていて、なおかつ何回か練習しないと使いこなすのは難しいですが効果は大きいです。

特に何人もの男からアプローチを受けているモテる女性には必須の手段となります。

ぜひ、意識して使っていってください。

 

▲目次に戻る

カワイイ彼女ができた人続出の秘密

モテる男の特徴を身につければ女性が寄ってくる!

以上が女性が本能的に求める男らしさ7選です。

数が多いのでもう一度まとめると、

  1. 不良っぽい一面を持っている
  2. ちょっと強引に女性を連れ出す
  3. 「まあ、ええやろ」が口癖
  4. 女性にとって頼りがいがある
  5. ヘラヘラ笑って女性に媚びない
  6. 本物の誠実さを持っている
  7. 女性との駆け引きがうまい

この7つですね。

どれも意識していれば身について行きます。

 

で、ここまでモテる男の特徴について書いてきましたが、重要なのはモテのその先です。

あなたは、好きな女性と付き合うために、どうやって女性に自分を選んでもらおうか試行錯誤してきたと思います。

しかし、今回話をしたモテる男の特徴を身につければ、女性を選ぶ立場になることができます。

多くの女性があなたに選んでもらえるように寄ってくるようになるわけです。

そうなれば、好きな女性や可愛い女性と付き合うのはそう難しいことではありません。

カワイイ女性と付き合い、幸せなベッドインができる男に生まれ変わる無料メール講座も合わせてお読みください。

マインドもテクニックも兼ね備えた真のモテる男になっていきましょう。

 

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

APPLI

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人