この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

 

今日は「婚活パーティでモテるための攻略法」というテーマで話していきたいと思います。

 

というのも、ちょうど昨日、婚活パーティに潜入してきたのです。

 

そこで、その潜入レポートとともに、僕が考えたお見合いパーティーの攻略法を出会いに困っている男性諸君のために書いていきたいと思います。

 

そもそも婚活パーティとは?

 

今やテレビなどでも普通に取り上げられるくらいなので知らない人のほうが珍しいとは思いますが、念のため説明しておくと。

 

「婚活パーティ」「お見合いパーティー」「カップリングパーティ」「出会いパーティ」

など名称は様々で(それぞれ微妙にスタイルが違います)

基本的には男女それぞれ8〜20人ずつが集まって1人につき数分間のトークタイムで自己紹介した後、フリータイムで気に入った異性と話すスタイルが主流です。

まあ、具体的なイメージはこの後の潜入レポートを読んでもらえば掴めると思います。

一度に複数の人と出会えるのがポイントですね。

ちなみに今回、僕が行ってきたパーティはこちら。

婚活パーティ・お見合いパーティシャンクレール

細かいことは実際のサイトを見てもらうのが一番分かりやすいと思います。


なので、早速レポートのほうに参りましょう。

 

 

婚活パーティ潜入レポート

 

事前準備

 

まずはネットでポチっと予約。

ネット予約で1000円引きのクーポンがもらえるのでお得ですね。

 

パーティ予約確認メール

 

ていうか、ネット以外で予約する人いるのか??(笑)

 

まあ、そんな疑問は置いておいて。

 

まずはあらかじめ先ほどのサイトで大まかな流れや雰囲気・ルールを把握しておきます。

婚活パーティ・お見合いパーティシャンクレール

 

スポーツでも将棋でもなんでもそうですが、まずはルールの理解が必要ですよね。

「オフサイド?んなもん知るか!男は黙ってゴール前よ。」

なんて言っていたら即刻退場どころか試合にすら出せてもらえません。


なので、まずはあらかじめルールを把握しておきましょう。

・・・と言ってもこの記事を読んでいるくらいだから釈迦に説法かもしれませんが^^;

 

ちなみに僕が参加したのは「20代限定・個室タイプ」のお見合いパーティです。

 

本当は午前にも予約していたのですが、前日の夜に電話がかかってきて、


「明日の午前のほうにも予約されてたかと思うのですが、こちらは人数のほうが少なく、また年齢層もけっこう高めです。

アプリさんは初めて参加されるようですので、ご満足いただけるよう人数も多くて若い女性も参加される午後の部のほうをオススメしているのですが。」

 

ご丁寧なことにそんなことまで教えてくれるのかと少し感激しました。

「お姉さんは参加しないんですか?」と思わず聞きそうになっちゃいましたよ(笑)


午後の方もすでに予約済みですよとだけ伝えて、確認をとってもらいました。

 

「人数が多くて年齢層も割りと低め」

この情報を事前に得られたのはラッキーでしたね。

 

お見合いパーティというとおじさん・おばさんばかり・・・。

なんてイメージを抱くかもしれませんが実際には全然そんなことはありません。

 

20代前半の若くて可愛い子も全然います。

 

あなたが20代なら僕と同じように20代限定を狙えばいいですし、たとえ30代・40代であっても20代の子が来るパーティもあります。


ただし年齢が上がれば上がるほどライバルは増えるので、行こうかどうか迷っているなら早く行ったもの勝ちです。

 

パーティ当日

 

前日に午前の部のほうをキャンセルしたので比較的ゆっくり寝てから身だしなみを整えいざ出陣。

もう僕のブログやメルマガを読み続けてくれている人なら当たり前のことかもしれませんが、身だしなみはめっちゃ大事です。


なぜなら第一印象で全てが決まるから。

きちんと見た目は整えていきましょう。

 

14:50 大阪駅到着

大阪駅

けっこう時間ギリギリです。

初めて行く人は余裕を持つためにも時間にゆとりを持って行動したほうがいいでしょう。

(後に出てくるプロフィールカードを埋めるためにも早く来たほうがいいです)

まあ、逆に時間ギリギリに猛ダッシュして体の緊張をほぐすのもアリかもしれませんが(笑)

 

15:00 大阪駅前第3ビル到着

大阪駅前第3ビル

エレベーターを乗りつぎ20階へ。

さすがの僕もこの辺になってくるとちょっとドキドキします(苦笑)

 

15:05 パーティ会場&受付

 

早速、会場に乗り込むと

「エントリーカードに必要事項を記載して受付を済ませてください」

お姉さんにこんなカードを渡されます。

エントリーカード

僕はペンを持ってなかったのでお姉さんが持っているペンに手を伸ばし

「それちょっと貸してもらえますか?」

と聞くと、

「お金がかかりますけどいいですか?」

 

・・・思わぬところに伏兵がいました。

しかし、筆記具を持ってない僕にはコンビニに買いに行くこともできません。

仕方なく100円払いましたよ。

ええ。

(ちなみにこの後、僕はこのペンを無くします.泣)

 

ていうか予約完了メールを良く読んだら

「※筆記具と身分証をご持参ください」

しっかり書かれていました。

事前の準備はやっぱり大事ですね←

みなさん、筆記具はちゃんと持って行きましょう。

 

15:10 受付終了&プロフィールカード記入

 

プロフィールカード

受付のお兄さんにエントリーカードと参加費を渡してプロフィールカードを受け取ったら小さなブースに案内されます。

 

婚活パーティ ブース 婚活パーティ ブース
婚活パーティ ブース

 

大きさ、なんとなく伝わりますかね?

 

ちなみに一枚目の画像には女性が写ってますが、これは最後に撮った写真です。

僕がブースに通された時には女性はまだ来ていませんでした。

 

なので、そのタイミングで先ほどのプロフィールカードを埋めます。


これはさっきも言いましたが、時間に余裕を持って来たほうがいいです。


理由は2つ。

 

1つ目は慣れない場所に少しでも慣れるため。

もし仮に女性が先にいたらいろいろと厄介です。


なぜなら、その女性とも後々話すことになるのを考えたら、ここである程度印象付けておきたいし、まだ心の準備ができていないときに女性がいるとなると面食らうかもしれません。

 

そして2つ目はプロフィールカードをしっかり埋める必要があるからです。

 

女性が先に来ていたら、どうしても気になってこっちに集中できません。

しかも、遅れてくるとプロフィールカードを記入する時間がかなり減ります。

 

なぜ、プロフィールカードが重要か分かりますか?

 

出会いパーティではこのプロフィールカードを女性と話すたびにお互いに交換して会話をするからです。

 

ということは?

 

ここにいろいろと書いておけば、それだけ女性が食いつく可能性が上がるということ。

 

この後、僕は20人以上の女性と話すことになるんですが、やっぱりプロフィールカードがスカスカだと話は盛り上がりづらいし、なんといっても印象に残らないんです。


これは女性の立場でも同じこと。


プロフィールカードが命と言ってもいいくらい。

しっかり埋めましょう。

※プロフィールカードの書き方に関しては後述します。

 

15:15 女性が入ってくる


さて、プロフィールカードを半分書き終えたところで最初のブースで隣に座る女性もやって来ました。

ここではニコッと笑って「どうも、こんにちは」とだけ挨拶しておきます。

(※挨拶はできるだけ爽やかにやりましょう)

本当はもう二言三言話したかったのですが、女性もすぐにプロフィールカードを書き始めたので僕も残りを埋めることに。

 

15:20 パーティのルール説明がアナウンスされる

 

婚活パーティ ブース

パーティの流れの説明とともに画像に写っている小さいモニターに映像が流れ始めます。


この画面をジッと見ていたらカードに記入していた女性が「あ、これ見えます?」と聞いてきました。


なかなか話しかけづらい空気だったので、これは大チャンスです。

いやまあ、後から話す時間はあるんですけど、じっくり話せるのはこの時だけでしょう。

 

アプリ「あ、全然見えますよ

    ていうか、カード埋まりました?」

女「まあまあですね」

アプリ「なかなか普段聞かれない質問で

    けっこう悩みますよね〜」

女「そうですねー」

アプリ「けっこう来るんですか?」

女「いや、初めてです

  何度か来ているんですか?」

アプリ「いや、僕も初めてです。奇遇ですね(笑)」

女「そうですね(笑)」

アプリ「いやでももう何回か来ているのかと思いましたよ

    着席した途端、すごい勢いでカード書き始めるから

    慣れてるなーと思って(笑)」

女「いやいや、全然そんなことないですよー(笑)」

 

緊張もイイ感じにほぐれて、これで掴みはバッチリです。

再びカードの残りの枠を埋めて、いよいよパーティ開始です。

 

15:25 パーティスタート

 

さあ、ここからが本番です。

1人の女性と話せるのはだいたい3分くらい。

たぶん、人数が多いからいつもよりも回転を早くしていたのでしょう。

かなりせわしなかったです。

会話が盛り上がったと思ったら即終了。

キツイですね〜。

 

まずは最初の女性。

隣に座っている人とお互いのプロフィールカードを交換して、自己紹介タイムです。


・・・と言っても自己紹介なんてする必要はありません。

だってカードに書いてあるんだから。

やることは女性のカードを見てツッコミを入れていく。

女性から質問が来たらそれに答える。

そうやって会話を弾ませていくだけで3分なんてあっという間です。

 

合コンや異業種パーティ、学パなどに比べたら全然イージー。

そもそもプロフィールカードにいろいろとタネを仕掛けておいたので、女性の方から食いついてきます。


あとは面白おかしく答えていくだけです。

 

15:28 移動

 

ここから先は基本的に同じことの繰り返しです。

1つのブースに女性が1人いて。

男性が順番にグルグルと回っていく。

 

そして互いにプロフィールカードを交換して、すぐに会話スタート。

終わったらまた移動。


この日はそれを25回ほど繰り返しました^^;

途中、しゃべりすぎて酸欠になりそうでしたよ。

限られた時間でできるだけ多くの情報を相手に与えないといけないので、マシンガントークを炸裂させましたから。

 

本当は音声を録音しようと思ったのですが残念ながらそんな余裕はありませんでした。

行ったことがある人なら分かると思いますが、他のこと考えてる余裕なんてまずありません。


なので、次回行く時には、もう最初から付けっぱなしで行きます。

音声はまたメルマガで配信しますね。

さすがにブログじゃ公開できないので。

 

17:00くらい パーティ終了&メッセージカード記入

 

最後の人とトークを終えてメッセージカードを記入します。

(個室タイプのパーティじゃない場合はここからフリータイムになります)

IMG_1861

この時に活用するのがチェックシート。

3分間の自己紹介の後、移動の合間に相手の印象をメモっておきます。


これもけっこう大事で、ちゃんと書いておかないと誰が誰だか分からなくなってしまいます。

かといって時間をかけすぎると話せる時間は減ります。

なので、短く簡潔にポイントをメモする。

このスキルが必要ですね。


これは相手の女性にも言えますよね。

だから、より自分を印象づけたい場合は自己紹介タイム終了時にこう言うのです。

「ありがとうございました。

〇〇の人って書いておいてください!笑」

これであなたの印象を短く簡潔に相手のチェックカードに残しておくことができます。


そもそも印象を与えないといけないので何度も言いますがプロフィールは大事になってきます。

 

17:15 メッセージカード回収&配布

 

気に入った女性の番号を書いてメッセージカードを送ります。

メッセージカード

こんな感じのカードですね。

相手の番号と自分の番号と一言を添えてスタッフに回収してもらいます。

(この時も書く時間が短かったのであらかじめ送る相手は目星をつけておいたほうがいいです)

そして、回収されたカードはそのお相手のところに配られるのです。

ちなみに僕のところには画像のとおり、5枚来ました。

 

さらにちなむと男性は4枚、女性は2枚送ることができるシステム

 

男女平等社会も真っ青の仕組みです。

 

まあ、女性は男性に比べて送るカードの絶対数が少なかったからこうしたんでしょうけど。

 

17:20 カップリングタイム

 

最後にカップルになりたい女性の番号を第一希望から第五希望まで書いていきます。


ということはつまり。

僕のところには5枚のカードが来たわけですから、その番号を書いていけば必ず当たります。


チェックシートを見直しながら、気に入った順番に書いていけばいいんですね。

 

そして、運命のカップル発表タイムがやって来ました。

 

果たしてアプリの運命はいかに!?

(僕の番号は24番です)

//soshokubokumetsu.com/files/onsei/omiaiparty-coupling.mp3

 

 

17:30 パーティ終了

 

パーティが終わると女性から退場していきます。

「カップルになられました女性は男性の方が出てくるのを待つようにしてください。

またカップルになられたからといって必ずしも付き合うとか、そういうわけではありません。

まずはご飯などに行ってください」

などと粋なアナウンスが。

まあ、ほんとどしゃべってないんだから、そりゃそうですよねと。


そのまま出口という名のシャイニングロードを歩いて、マッチングした女性のもとへ。

軽くお茶でもしようかと思ったんですが、どうやら友達と来ていて、しかもその友達はマッチングしてない様子。


これはムリに誘っても、たぶん意味ないなと判断して連絡先だけ交換しておきました。

 

 

女性ウケするプロフィールカードの書き方

 

さて、くどいようですが、プロフィールは非常に大事です。

プロフィールがトークタイムの会話の盛り上がりを決めると言っても過言ではないくらい。


それくらい重要です。

 

なので、女性ウケするプロフィールカードの書き方をお伝えしようと思います。

 

決して難しいことではありません。

ちょっとコツを押さえるだけで異常なほどに女性が食いついてくるのです。

(もちろん、年齢や年収にしか興味のない女性は例外として除きますが)

 

ポイントは「いたるところにフックを作る」こと。

 

「フックって何?」と思うかもしれませんが、要するに女性の興味・関心を引くポイントです。

 

「いやいや、女性が何に興味を持っているかなんて分かりませんよ」

 

はい、たしかにその通りです。

 

だから、とにかくたくさん書くんです。

数撃ちゃ当たる方式なんですね。

 

そもそもこれだけの数の女性が来ていたら人によって趣味趣向は違います。

だから、どこに女性が食いつくかは分からないのです。

 

ということは、とにかくたくさん書いたもの勝ちです。

 

10個の項目のうち1つでも当たれば、女性のほうから話題を振ってきますよ

 

また、もう1つポイントとしては「他の人が書かなさそうなことを書く」。

これに尽きます。

僕がいつも言っていることですね。

女性にモテたいなら99%の男とは違うことをしろ。

彼女にとってのオンリーワンになれ、と。

 

たとえば、僕だったら「自分の性格」のところに「マジメちゃん」と書いたり。

「オススメ映画」の項目に「アナ雪」と書いてみたり。

 

普通に「真面目」と書いたら他の男性とあまり変わりません。

そこであえて「マジメちゃん」と書くことで、本当にマジメなのかどうか分からない印象を与えることが可能なんです。

 

実際に、この日もその話題に食いついてきた女性は何人もいました。

 

なので、あなたのキャラと乖離がない範囲で、いろいろと他の男とは違うことを書いてみてください。

その場で思いつかない場合はあらかじめ考えてから行くといいですよ。

 

 

さらにもう1つポイント。

女性が共通して食いつきやすい話題を狙う。

 

たとえば「デートに行きたい場所は?」の欄に「ディズニー」と入れておけば一定層の女性は反応します。

女性は何歳になってもディズニーが好きですから。


他にも「買い物」が好きな女性は多いです。

まあ男の趣味で「買い物」ってどうかとは思いますけど^^;


あとは料理ができるなら特技に「料理」と書いておくのもいいですね。

 

 

 

・・・いろいろと書きましたが、とにかく数撃ちゃ当たる。

できる精一杯詰め込んでみてください。

婚活パーティが非常に楽に攻略できますよ。

 

 

パーティ完全攻略に向けて

 

他にも

  • 女性にウケるトーク術
  • カップリング後どうしたらいいの?
  • より効率的に出会うには?
  • 失敗しない会場選び

などなどもありますが、ちょっと長くなって疲れたので今回はこの辺にして次回に譲ろうと思います。

 

よければブックマークしておいてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?


音声を撮れなかったのは残念ですが、全体の流れはバッチリつかめたのではないでしょうか?


女性と会話するいい練習にもなるので、ぜひ一度トライしてみてください。

  • 事前準備は怠らない
  • 身だしなみを整える
  • 早めに会場へ行く
  • プロフィール命
  • チェックシートは短く簡潔に!

以上のポイントを抑えておけば大きく外すことはありません。


いい出会いがあるといいですね^^

 

それでは今回はこの辺で。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI