この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

今日はあなたが狙っている女性と初デートにいったときに、絶対に押さえておいて欲しい3つのルールを教えようと思います。

 

本当は3つ以上あるのですが、それを全部挙げだすとキリがないので、”最低限”やっておいて欲しいことのみ紹介します。

(細かいテクニックやデート術は他の記事に譲ります)

最低限なので、これさえやれば女性が落ちる!

というわけではないのですが、そもそも女性は男性とのデートを減点方式で判断していくのでしょうもないミスをしないことが最重要なのです。

少なくともこの3つのルールさえ守れば、初デートで失敗はしません。

ということはつまり、その後のあなたの行動次第で十分にその女性とイイ感じの関係になれるということ。

 

  • それはちょっと関係が進展するだけかもしれないし、
  • ひょっとしたらカップルになれるかもしれないし、
  • 人によっては肉体関係を持つことかもしれません。


いずれにせよ、この3つのルールさえ守っていれば彼女との距離が縮んで仲が深まるのです。


しかも、その3つの方法はちょっと意識すれば誰にでもできることです。

「ただしイケメンに限る!」なんてガン萎えするようなことは決してありません。

なので、ぜひ覚えておいてもらいたいと思います。

 

逆にこの3つのルールを知らないとどうなるか?

 

せっかく高い金払って、貴重な時間を使ってデートしたのに、初デート以後、女性からぱったり連絡がこなくなる・・・かもしれません。

というか、その可能性が高いです。

 

また、連絡はつくけれども、2回目のデートに何度誘おうとも「忙しいから」と言って断られ続けることになるかもしれません。

 

それはデートの内容が悪かったからではないのです。

これから話す3つのルールを知らなかっただけなんです。

 

せっかくデートではお互いに笑い合って楽しい時間を過ごしたのに・・・。


押さえるべきポイントを押さえなかったばかりに、初デート後の行動で多くの男は自分の価値をさげてしまうのです。

 

なので、他のことは忘れてもいいです。

女性との付き合う前の初デートのときには、これから話す3つのことだけは意識しておいてください。

 

いいですか?

 

では、いきますね。

 

 

  1. 2回目のデートの約束をする
  2. 女性が興味のある話題を掘り下げる
  3. 食事をおごる(または多めに払う)

 

この3つだけは最低限やってください。

他のことは忘れてもいいです。

その女性と本気で付き合いたいのなら必ず守るようにしてください。

 

もし今まで女性と付き合ったことがあるなら、思い出してみて欲しいのですが、だいたいこの3つはやっていたんじゃないでしょうか?

 

3つ全部やらなければ次がないのか?


と言われれば、もちろん決してそんなことはありません。

が、3つ全てをやらないと2回目のデートにつながる可能性はかなり下がります。

 

なぜか?

 

1つずつ解説していきますね。

 

 

2回目のデートの約束をする

5643420197_d17c61cb64 

もうこれは僕がいろんな男性の恋愛相談に乗るときにいつも言っていることですが、デートの約束は会っているときにしてください。

 

たとえそれが出会ったときだろうと、

1回目のデートだろうと
2回目のデートだろうと
3回目のデートだろうと・・・

同じことです。

 

なぜなら会っているときに誘われれば、その場の流れや勢いでOKとなる場合もあるし空気を壊すと気まずいから単純に断りにくいんですよ。

特に女はそういう場の雰囲気や調和を重視する生き物なので、なおさらです。

 

そして、その場で次の約束を決めてしまったら、後から断るのはもっと抵抗がありますよね。

 

さらに、こうして会っているときに約束を取り付けることで、メールやLINEを送るための1つの口実になります。

 

つまり、会っているときに行く場所だけ決めておいて細かい日時や待ち合わせ場所などの詳細はメールで決める、と。

 

そうすれば余計なメールや、どうでもいいLINEは送らずにすみますよね。

 

多くの男性は余計なメールやLINEを送ってしまうがために知らず知らずのうちに女性から見た自分の価値を下げ、しまいにはデートに誘うどころか無視されてしまうのです。

 

なので、会っているときに話の流れで次の約束をする

 

これをあなたの肝に銘じておいてください。

できれば、初デート時にその場でスケジュール帳を開かせて日時まで決めてしまうのがベスト。

 


僕が童貞を卒業した時には、この流れでディズニーに行く約束を取り付けたなあ(遠い目)

 

女性が興味のある話題を掘り下げる

 2283923841_ed4032e8df

初デートの時間がたとえ2時間だけだったとしても、いろいろと話すことはあるはずです。

 

  • 普段どんな仕事をしていて、
  • どんな生活をしていて、
  • 趣味は何で、
  • 何が好きで、
  • 休日は何をしているのか?

 

こんな当たり障りのない会話から、過去の恋愛話エロトークまで。

 

もしセクシャルな話題で盛り上がるところまで行ったなら、もうその女性とのセックスは目前だと思っていいでしょう。

 

まあ、初デートでそこまで飛ばす必要はないのですが、普通にいろんな話題が出てきますよね。

 

そこで出た話題を掘り下げて行くのです。

 

どんな仕事をしているのか?

⇒仕事は忙しいのか?

⇒休みの日は何をしているのか?

⇒趣味は何なのか?

⇒どれくらいその趣味にハマっているのか?

⇒なぜその趣味を持っているのか?

 

まあ面と向かって「趣味は何ですか?」なんて聞くのはお見合いのシーンだけだと思うんですが、「休日は何してる?」の下りからいろいろと自然とつなげることができますよね。

 

つながりが分からない場合は、自分で女性との会話を脳内で何度もシミュレーションしてください。

自分の頭の中で連想ゲームをするイメージです。


(ちなみに以前こんな記事を書いたので参考までに)

 

そうしていろいろな話題を共有していくのです。

 

すると、女性が何に興味を持っているのか分かりますよね?

 

そしたらその興味のある話題を起点にして、次のデートに誘うことだってできるし、メールやLINEでの話題にもなります。

 

たとえば、僕が実際にうまくいったケースとしては

 

「デカいお祭りに行ったことがない」
「じゃあ、今度浴衣着て祭り行こう」

「私ディズニー大好きで年パス持ってるんだ」
⇒「俺まだ行ったことないんよね、今度案内して」

「最近インド料理にハマってるんだ」
「へー、じゃあ今度美味しいところ教えてよ」

 

こんな感じ。

もし100人の女性をデートに誘うとすれば100通りの誘い方が出てくるでしょう。

 

しかし、女性が興味を示した話題を起点にするということを忘れなければ大きく外してしまうことはありません。

 

人間、自分が興味のあることなら、誘いに乗りやすくなりますからね。

 

あなただって自分の趣味や興味・関心のあることについて相手がいろいろと聞いてくれたら嬉しいでしょ?


もしあなたがアニメ好きだったとして、その話をじっと目を見て真剣に聞いてくれたら、つい熱くなってしまいますよね。

もし鉄道が好きで、その趣味に女性も興味を示していたら・・・

ほれてまうやろー!(古い)


要するにそういうことです。

なのでデート中はとにかく興味の話題を掘り下げる。

これを意識してみてください。

 

 

食事をおごる(または多めに払う)

スパゲティ パスタ 

デートでの食事代は割り勘か?

男持ちか?

 

というのは意見が別れるところですが、絶対に失敗したくないならおごったほうがいいです。


これが2回目、3回目のデートなら別ですよ。

でも、今回はあくまでも付き合う前の初デートが前提ですから。

ここでヘタに減点されてしまっては、次につながるものもつながりません。

 

まあ、学生であれば、別に見栄を張らずにちょっと男が多く払うくらいでいいと思いますが。

 

しかし、20代後半の女性にもなると、「デートで女性にお金を払わせるなんて・・・」というのがホンネです。

 

絶対に彼女達はそんなこと言いませんが(苦笑)

また、あなたの年齢にも左右されます。

30代、40代にもなって女性にお金を払わせるなんてちょっとダサい・・・。

口では何も言わなくても心の中では確実にこう思われています。

怖いですね(笑)


もちろん、中には割り勘でいい、という女性も最近は増えてきています。

しかし、初デートの段階でそれを見極めるのは難しいので、おごってあげたほうが無難です。

とはいえ、別に高いお店に連れて行く必要なんてないんですよ。

【男が払う】という行為ができれば別にどこだっていいんです。

 

ファミレスは・・・初回のデートでは避けたほうが無難ですが、ふつーにカフェとかなら十分でしょう。

ちょっとオシャレなカフェを知っていれば女性からはかなりポイントが高いです。

 

また女性が嫌がらなければ牛丼とかラーメンでも別にかまいません。

そういう女性が一人では行きづらい店に連れていってあげるのも男らしさをアピールするのに役立ちます。

(さすがに食事だけの軽いデートなら別のお店にしてくださいね)

 

さらに、そこでお金を払ってあげることで多少ではありますが、男としての株が上がるのです。

 

男が出す、といってもカフェなら、たかだか1000円〜2000円程度ですよね。

 

ここでケチケチしててもしょうがないじゃないですか。

 

どーせ、あわよくばホテルにでも連れ込もうと思ってるんでしょ?笑

ホテル代や風俗に行くのに比べれば安い投資ですよ。

 

ただし、おごってやった見返りに好きになってもらう、セックスしてもらう、というのが目的ではありません。

ここは注意が必要です。


男性が多めに出す、女性におごることの最大の目的はデートが終わった後に、女性から連絡をさせる手段という意味合いが大きいです。

 

ふつーにデートに行ったことに違いはないんですが、一度“おごる”という行為を挟んでおくことで、女性には「おごってもらった」という既成事実が残ります。

 

すると、初デート後こちらから連絡をとらなくても、女性の方から、「今日はごちそうさま!楽しかった」とか「今日はありがとう」などのメールが来るんですよ。

 

もし来なかった場合はアレですね。

人間性を疑うというか、僕だったら迷わずブラックリスト行きです(笑)

あるいはよっぽどデート内容がひどかったか・・・。

 

とにかく、そうやって女性から連絡をとらせることに意味があるんです。

「自分から連絡をとった」という既成事実ができあがるからです。

 

よほどあなたが超絶イケメンで話がうまくて、どこへ行っても女性にモテモテなのであれば話は別ですが、基本的に女性から男性に連絡をとることはありません。


女性は受け身であることがほとんど。

だから、普通であれば男のほうから連絡をとる必要があるんです。


デートを終えた後も普通だったら

「今日は楽しかったね。ありがとう」

なんてメッセージを送りますよね。


しかし、これだと良くも悪くも「普通」です。

だから、そこをあえて女性に送らせる。

たったこれだけでも他の多くの男性とは違う特別な男性へと昇進できるのです。

 

そういう小さいことの積み重ねでしか女性とは付き合えませんから、この辺はしっかりとやっていきたいところですね。

 

まとめ


さて、いかがだったでしょうか?

 

  1. 2回目のデートの約束をする
  2. 女性が興味のある話題を掘り下げる
  3. 食事をおごる(多めに払う)

 

初デートから2回目のデートにかけて、失敗しないためにもこの3つは必ず覚えておいてください。

 

女性とゴールインできる可能性がグンと上がります。

特にこれからデートが控えているのであれば、もうこの3つのルールをメモ帳にでも書いて常に持ち歩いて欲しいくらいです。

そうすればデートで失敗しないことは僕が保証しますから。

「お前に保証されても意味ねーよ」と思うかもしれませんが、そこは騙されたと思ってやってみてください(苦笑)

実際に、僕がこの3つをやったときは、かなりの高確率で女性と最終的に体の関係を持つことができていますから。

 

どれも決して難しいことではありません。

ちょっと意識すれば次にデートに行く際にはすぐにでも実践できてしまう内容です。

なのでですね、今回の内容を頭に入れて、ぜひ彼女と楽しい時間を過ごしてきてください。

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI