恋愛偏差値が上がる!?東大式恋の方程式の開発秘話を書いてみた

「節操?そんなもんクソくらえだ!」

 

・・・

 

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

 

あれは僕がまだ東大生だったころ…。

ある日、構内のオフィスにてメルマガを推敲していたところ、ずいぶんと集中力をかき乱される不快な出来事がありました。

(委員会室を僕はオフィスと呼んでいましたw)

というのも、作業をしているとオフィスに先輩たちが入ってきて会話を始めたんですね。

普段は周りで人が会話しているぐらいでは集中力を乱されるようなことはありません。

 

しかし、そのときばかりは違いました。

会話の内容が実に興味深かったので、ついつい聞き耳を立ててしまったのです。

 

果たして、どんな内容の会話だったのか?

そして、その会話から導き出される「東大式恋の方程式」とは?

 

日本最高学府での会話から生まれた恋愛の絶対法則を紹介したいと思います。

 

 
本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴9年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するため恋愛を「ガリ勉」
東大卒恋愛コンサルタントAPPLI編集長APPLI
モテる男が持つ5大要素を「恋愛の5教科7科目」としてまとめました。今だけ無料公開中なので、ぜひ手にとってみてください。

>>「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

 

\あの子の脈アリ度は何%?/メンタリスト監修!脈アリ度診断テスト

>>脈アリ度診断テストを受けるには(無料)<<

恋愛とビジネスは根本的に同じ仕組み!?

じゃあ、その絶対法則とは何か?

その前に、そもそもオフィスでどんな話をしていたのかですよね。

ちゃんとした前振りがあってこその絶対法則でもあるので、まずはそこから話さないといけません。

 

少し説明しづらいので仮にそこにいた、

先輩をA(今回の事件の元凶)

B(院生の1人)

C(アプリの親友)としましょう。

もちろん、彼らもみんな東大生です。

 

A「Bさん、そういえば前のあの子はどうなりました?」

B「いや、全然ダメだよ。てか、けっこう前の話だよねw」

A「まじか~・・・」

B「思ったんだけどさ。」

A「はい?」

B「俺って理想が高いのかもしれない。
途中で『なんか違う』って思っちゃうんだよね。」

A「はあ。」

B「熱しやすく、冷めやすいというか。」

A「俺も最近もはや一生結婚できないんじゃないかと思ってます(苦笑)」

 

この話を聞きながら、僕は全身をウズウズさせていました。

というのも、あまりにもツッコミどころ満載だったからです(笑)

 

ついに耐えきれなくなった僕は、Cとその会話に入っていきました。

 

APPLI
理想が高いとダメですよね~

的なことを言って。

 

そこから4人で話をしていくうちに、Cがこんなことを言い出しました。

 

C「恋愛もビジネスも一緒だよ。

ビジネスで売り上げを決める要素は、

集客×成約率×リピート

どこが問題なのか考えてみ」

 

ちょっとわからない人もいると思うので補足しておくと、Cは僕と同じ部類の人種で、

・・・って言うと変ですけどw

彼は起業を目指していろいろ勉強していたんですね。

 

だから、会話をするとビジネスチックなワードがたくさん出てきて、一般人からすると「?」となります(^▽^;)

分からない人からしたら、もはや外国語レベルだったでしょう。

 

余談ですが、在学中にCに対して、

APPLI
最近ビジネス用語を普通に使ってるけど、オレにはわかっても周りの人にはわからんよ

と指摘したらなぜか嬉しそうな顔をしていて、思わず「あ、こりゃだめだ」と思ったぐらい彼の頭の中はビジネス一色に染まっていました(笑)

 

\あなたは何問正解できる?/超難問!女性心理検定

>>女性心理検定はこちら(無料)<<

“東大式恋の方程式”とは?

さて、少し話がそれましたが、さっきの方程式

「集客×成約率×リピート」

これを恋愛に置き換えると、

 

恋愛偏差値=出会いの数×アプローチの成功率×付き合ってからの継続期間

 

となります。

出会いの数が多かったり、アプローチの成功率が高いほど彼女はできやすいし、付き合ってからの期間が長いほど充実した恋愛ができる、ということですね。

これこそが、東大式恋の方程式です。

 

面白いのはかけ算になっていること。

つまり、どれか1つでも「0」だと永遠に彼女ができないし、充実した恋愛はできないというところにあります。

 

もちろん、人と人との関係なので画一的には語れません。

この方程式には収まりきらない要素もありますが、かなり重要な方程式です。

 

というか基本ですね。うん。

中学生のときに一次方程式(x+3=5xみたいなやつ)を習ったと思いますが、あれと同じくらい基本的な方程式です。

 

せっかくなので一つ一つの要素を細かく因数分解していきましょうか。

 

まず出会いの数ですね。

出会いがないと何も始まらないのは言うまでもないでしょう。

 

少女漫画に出てくるスーパーハイスペックな男性、たとえば、

 

  • 自信にあふれて魅力的
  • 性格も人間力もバッチリ
  • 圧倒的なカリスマ性がある
  • 次元が違うレベルでオシャレ
  • 周りを惹き付けるようなリーダー的な存在

 

こんな男性だとしても、出会いがなければ何も始まらんということです。

どんなイケメンでも無人島に住んでたら彼女なんかできないのと一緒です。

 

出会いがゼロならまったくモテない。

というか、恋愛というステージに立つことすらできない。

 

初速がない等加速度運動みたいなもんです(つまり静止w)

当たり前のことなんですが、意外とここを軽視している人が多いんですよね〜。

というか理解できない人が多い。

 

先輩AもBもモテない一番の原因はここです。

圧倒的に出会いが足りてないし、そもそも出会いを作ろうという気がない。

※東大の理系には女子がほとんどいません。比較的女子が多い僕の学科ですら50人中7人だけでした。

 

出会いが必要なのは頭では分かっているんだけど、行動レベルで理解できていないんですね。

「そんなんで彼女ができるかっ!」って、日が暮れるまで説教してやりたいぐらいでした。

 

\あなたは強者?それとも恋愛弱者?/恋愛偏差値チェッカー

>>恋愛偏差値チェッカーはこちら(無料)<<

アプリがブチギレ寸前までいった先輩の発言とは?

そうそう。書いているうちに少し思い出してきました。

Cがお得意のビジネス用語を使ってAとBがポカンとした後に僕が補足したところ、

 

A「んなこと言ったって、
出会いがないんだからどうしようもないだろ」

C「出会いは自分で作るもんだよ」

A「いや、お前らが節操なさ過ぎるんだよ」

 

な〜んてことを言われたんですね。

さすがの僕もこの発言にはブチギレ少しカチンときました。

 

APPLI
は?そんなんだからモテねーんだよ!
APPLI
節操?モテない男がそんなもん持ちながら恋愛できるわけねーだろ!?

 

本当に口に出して言ってしまうとただの嫌なヤツなので言わなかったですけど(・ε・)

(なので、ここで言いましたw)

 

僕としてもCの意見に全面的に賛成です。

僕も当時は出逢いを作るためにかなり努力していたので。

ただ冷静に考えてみると、出会いがなくて苦しんでいる人に対してCの発言は何のアドバイスにもなっていませんね(苦笑)

 

Aの気持ちも分かります。

僕も昔は、

APPLI
どこかから美女が降ってこないかな〜(*゚∀゚) 

なんて本当に思っていましたから。

まさに脳内お花畑状態です。

 

お花畑

 

そして多くの人が実際に自覚していないだけでお花畑に住んでいます。

ひょっとしたらあなたもそうかもしれませんね。

 

しかし、現実はそんなに甘くありません。

いきなりめちゃくちゃカワイイ子に呼び出されて告白されて付き合って・・・なんていうのはエロゲの中だけの話なのです。

(というか、モノにもよりますがエロゲの主人公ですら何かしらの努力をしてます)

 

「何かの偶然で、ラクして彼女ができないかなぁ〜」

こんな発想をしている時点で、彼女ができる確率は限りなく「0%」に近いでしょう。

※この辺の話はこちらの記事の害悪シンデレラの部分を読んでみてください。あなたもいつの間にか人生負け組の思考に陥っているかもしれないので。

 

何の努力もしていない人に幸運が巡ってくるなんてうまい話、世の中には存在しません。

「東大生のくせになに言ってんだよ・・・」

って思うかもしれません。実際に面と向かって言われたこともありました。

 

でも、ちょっと待てよと。

いくら東大生だからといって、何の努力もせず、生まれ持った才能とセンスだけで東大に入れると思いますか?

生まれたときからIQ10,000ぐらいあって、テキトーに寝ながら受験をして努力ゼロで東大生になったとでも?

 

本当にそう思ってるなら、僕のプロフィールを読んでみてください。

あなたのイメージと180度逆の人生を歩んできているので。

 

最も手っ取り早い出会いの作り方とは?

ということで、また話が逸れたので話を戻すと、家でじっと座っていても出会いは訪れません。

自分から出会いを求めない限り、出会いは絶対に訪れません。

 

出会いの方法はこのブログの他の記事でも取り上げていますが、一番とっかかりやすいのは女性と出会えるコミュニティに入ることですね。

 

具体的に言うなら、料理教室やヨガ教室なんかは女性がかなり多いです。

学生ならサークルに入るというのもいいですね。

居酒屋やカフェでのバイトなんかも代表的な出会いの場です。

 

それでもハードルが高いと言う場合は、スポーツジムなんかもいいですね。

あとは、ネットのオフ会なんかもコミュニティの1つです。

 

こうやって挙げるといろいろありますが、要は適当な趣味を作って、その共通の趣味を持った人たちが集まる場所に行けばいいという話です。

 

自分が楽しいと思える趣味であれば気軽に参加できますしね。

一度コミュニティに入ってしまえば、共通の話題ができて自然と仲良くなれるので出会いの数は確実に増えます。

コミュニティの力を使うことで誰でもサクッと出会いが作れることを覚えておいてください。

 

出会いがないには2種類ある

それで、モテない男のNo.1口癖に「出会いがない・・・」というものがあります。

あなたもつい口に出して言ってしまったことがあるかもしれませんね。

 

で、あまり知られていませんが、実は「出会いがない」には2通りあって、

 

  • 本当に出会いがない
  • 実は出会ってるんだけど気づいてない

 

このどちらかのパターンに分けられます。

 

前者に関しては、本当に出会いがないので、さっさと出会いを作って欲しいとして、問題は後者です。

 

ぶっちゃけ後者の場合はアプローチの成功率を高めれば、それだけで彼女ができるようになれます。

 

だって、すでに周りに女性はいるんだから。

本人がその事実に気づいて、アプローチの成功率を高めればイヤでも彼女はできるでしょう。

 

そういう意味で、アプローチの成功率はかなり重要です。

というか全部重要なんですけど^^;

 

「えー、でも出会いに気づかないとかそんなのないでしょ」

と思うかもしれませんが後者のケース、よくあります。

かなりあります。

 

だって冷静に考えて世の中に男女は同じ数存在するんだから。

よっぽどでない限り、出会いがゼロということはあり得ないんですね。

 

要は最初からムリと決め付けていることが多いから「彼女ができる可能性がない⇒出会いがない」と錯覚してしまっているだけなんです。

 

極論ですが、仮にアプローチの成功率を極限まで高めることができれば、今までの日常生活がすべて出会いの場に変わります。

家の近くのコンビニ店員もその辺を歩いている女性も会社の付き合いで行ったキャバクラのおねーちゃんも、アプローチの成功率が100%なら全員落とせます。

 

これって出会いが生み出されてますよね。

 

実際、僕の知り合いにナンパ師が何人かいるんですが、彼らが一歩家の外に出れば、もうそこは出会いの場なのです。

 

別にナンパ師を目指せということではありません。

ただ、アプローチの成功率を高めることで、行く先すべてを出会いの場に変えることも可能だということです。

 

だからこそ、アプローチの成功率が恋の方程式にも入っているんですね。

※恋の方程式:恋愛偏差値=出会いの数×アプローチの成功率×付き合ってからの継続期間

 

アプローチの成功率の高め方については無料メール講座で話しています。

チェックシャツにリュックサックをフル装備した典型的なイカ東(いかにも東大生)でも、みるみるうちにモテる男に変われるメルマガです。

必死にアプローチすればするほど無視されたり

昔の僕みたいに付き合ってすぐにフラれたりしないためにも読んでみることをオススメしますよ。

 

結局、〇〇しないと何も変わらないんだよね・・・

今回あなたに伝えたかったことは結局、行動しなければ何も変わらないということです。

 

どんなにモテる男でも、1日しか行動しないのであれば彼女なんて作れませんよね。

なので、行動を起こして、その行動を継続することが大事になってきます。

 

そもそも出会いを求めることは決して恥ずかしいことではありません。

最初は勇気がいるかもしれませんが、最初の一歩を踏み出してしまえば、必ずそこには新たな出会いがあります。

そして出会いが出会いを呼んでくるようになります。

 

本来、出会いとは素晴らしいものです。

「節操がない」なんて言われてしまいましたが、節操なんてクソくらえって話です。

 

彼は新しい出会いを作るのを節操がないと否定して、出会いを作り出そうとせずに狭い世界に閉じこもっています。

一方で僕は多種多様な価値観を持った人(女性)たちと関わりを持って、自分の世界を継続的に広げる努力をしています。

 

さて、どちらの方が彼女ができやすいでしょうか?

あえて言いませんが、答えは明白でしょう。

 

節度とか常識とか、そんなもんに縛られているから息苦しい人生を送ることになるんですよ。

 

もちろん最低限の礼儀は必要ですが、必要以上に遠慮することなんてないんですね。

だって自分の人生なんだから。

 

ずいぶんと話が大きくなってしまいましたが、彼の一言は結局、負け犬の遠吠え以外の何物でもないわけです。

そんな遠吠えにカチンと来てしまったアプリはまだまだ未熟で成長の余地があるなという話でした。

 

結論

節操?そんなもんクソくらえだ!

F◯ck you!!!!! (#`Д´ )凸

 

ということで(笑)

 

途中でいろいろと話が脱線しましたが、東大式恋の方程式は紛れもなくモテる男の思考法です。

念のためのもう1回書いておきますね。

 

恋愛偏差値=出会いの数×アプローチの成功率×付き合ってからの継続期間

 

この方程式が常に頭に入っていて、方程式を参考に今の自分がどういった行動をする必要があるか判断する。

この思考法を身に付けることで彼女が作れますし、高いレベルに昇華すれば常に充実した恋愛ができるようになれるでしょう。

 

あなたもこの記事を読んだからには常に女性を引き連れてる男性を「節操がない」なんて言わないでくださいね。

言ったときにはもれなく僕がブチギレにいきます(笑)

 

節操がどうこう言っているヒマがあるなら、1つでも多くの行動を起こしてください。

その積み重ねが、死ぬまで永遠に独り身か、楽しく恋愛ができるかを分けますので。

 

何から始めればいいかわからない場合は、無料メール講座の内容を実践してみてください。それだけでカワイイ彼女ができる確率がグッと高くなります。

その辺の恋愛本を読むより何百倍もタメになるので興味がある人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI

恋愛は勉強さえすれば誰でもできます

「恋愛を科学する」というコンセプトで10年にわたり活動してきたオトメケン編集長APPLIが、女性から合格をもらうために対策が必要な5つの科目を電子書籍にまとめました。

Amazon恋愛ランキング1位獲得記念として、今だけ無料で公開中。ぜひ受け取っておいてください。
>>彼女作りの決定版はこちら

amazonランキング1位証拠

恋愛の5教科7科目ではこんなことが学べます↓

  • 第一志望の女性に合格をもらうために必要な5つの傾向と対策
  • 女性との会話=英語を話すようなもの!?その真意とは?
  • あなたの恋愛偏差値を決定づける2つの変数
  • モテたいなら女子力を高めなさい!?女装までした男の話
  • 大人の恋愛に「保健体育」が外せない理由と対策方法

彼女を作るためのエッセンスを詰め込んだ恋愛の5教科7科目はこちらから今すぐダウンロードできます。

編集長APPLIからのメッセージ

かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して、本当に良い恋愛とは何かを追求しています。

そんな超ヘタレだった僕が「モテの先にある幸せ」を研究した成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」なのです。

もしあなたが以下のような悩みを抱えているなら…

  • マッチングアプリで女性からいいね!が来ない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはもうゴメンだ
  • 男としての自信をつけたい

僕も全く同じ悩みを抱えていたので、その気持ちは痛いほどよくわかります。

ですが、恋愛の5教科7科目を読めば、それらの悩みを解消するためのヒントを得られるでしょう。

見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして今だけ無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

※3月のキャンペーン受付は100名までとなります。
※上記に関わらずAmazon本社から警告があった場合、予告なく無料公開を中止します。

この記事を書いた人