この記事を書いた人:えいた
SNSや匿名チャットを利用して10人以上もの女性と体の関係を持つことに成功したノウハウを持ち、オトメケン研究員として記事を執筆中。顔がブサイクな男にでもカンタンに再現できる具体的なノウハウはオトメケンの記事の中でも好評がある
■彼が覚醒した無料恋愛メール講座はこちら

乙女ゴコロ研究所 研究員のえいたです。

 

 

 

口説くならやはり良い女を口説きたい。

誰だって悪い女より良い女が良いに決まってますよね?

 

でも、もしかするとあなたはこう思うかもしれません。

良い女なんて言い寄る男が多いし、俺なんて相手にされないよ。

 


たしかに言い寄る男が多いからこそ、モテる女性なわけで・・・モテる女性は複数の男性から言い寄られるからこそ、ある程度の水準まで男性を振るいにかけてます。

そう思うと、良い女を口説くことは一見難しそうです。

 

 

 

 

ですが、逆に言うとその水準をクリアしてしまえば、モテる女性を口説くことは決して不可能ではありません。


ただ、決して簡単ではありません。

 

それをふまえた上で、モテる女を口説くための注意点を今回はお話していきます。

 

 

モテる女の特徴

スカートの裾を持つ女性

 

まずは、モテる女について知るところから始めます。

彼女たちが、生まれついてモテ体質だったのか、それともある日突然モテだしたのかは不明です。

ですが、彼女たちには必ず「モテはじめの時期」。

つまりモテ慣れてない時期があるはずなのです。

一般的な女性と同じような感覚を持っていた時期があるということですね。

そこが重要になります。


まとめると、モテる女には

  • モテ慣れてない頃
  • モテ慣れた頃

の二つの段階があるということです。

順にみていきましょう。

 

 

モテる女はたくさん失敗してきた

モテる女は、男性で失敗した経験が必ずあるはずです。

いろんな男が言い寄ってくる状況を考えてみましょう。

そういった状態だと、当然、選ぶ男性の趣味も偏ります。

 

  • 顔が良い
  • あほだけど喧嘩が強そう
  • スポーティなやつ
  • アタマがいい奴

 

色々な趣味があるとおもいます。

 

そこで注意したいのが、性格の内面までみることがほとんどないということです。

 

 

もしかしたら、あなたは「いやいや、性格だってみるでしょ?」と思うかもしれません。

 

 


確かに、モテ女も性格が大事だと思っているはずです。

でも、性格は一緒に時間を過ごさないと見えてきません

一方、外観や、能力の方が印象が目立ちますよね。

 

色々な男性から言い寄られて、一人一人の性格を判断するのは、面接官並に難しいのです。

 


だから、判断しやすい外見や能力で男の魅力を判断し、ちゃんと性格を精査していない男に言い寄られてOKしてしまう時期があったのです。

 

 

失敗を乗り越えてきたモテる女

そういう失敗を乗り越えるうちに

  • 顔がよくてもこういう男は大したことない
  • 頭がよくても地頭はバカだ。
  • このスポーツマンは脳まで筋肉でできている

などと、男性を見抜く力がついてきます。

 

だから、モテる女は簡単に男に気を許さないのです。

こういった女性を口説くときに必要なことは自分は、他の男とは違うと思わせることです。

他の男と同じように口説くと、100%失敗します。

 

 

モテる女とふつうの女性の違い

結局は、容姿がどうの、性格がどうのというわけではありません。


複数の男性に言い寄られ慣れているか、慣れていないかの差で、男性への、ものの見方が他の女性と変わってしまった女性だということです。

 

 

モテる女を口説く際の注意点

 

草原にいる女性

 

上記のような特徴をもつモテる女性を口説くためには、注意点が必要です。

今回はその注意点の数を6つに絞って紹介していきましょう。

 

 

自分から攻めない

モテ女は男からのアプローチすべてに対して「どうせ最終的にセックスしたいんでしょ?」と内心思ってます。

 

なので、アプローチは慎重に行う必要があります。

いっそアプローチしない方がいいでしょう。


モテる女性の男に対する警戒心は半端じゃありません。

 


え!? なにもしないとずっとつき合えないよ??

そう思う方もいるかもしれません。

 

確かになにも行動を起こさなければ始まりません。

なので、相手と同じ役職につくとか、近くにいるような用事を作るとかで、単純接触そのものを増やしたいところです。


女性として扱うよりも、隣人として仲がいいぐらいになれればいいでしょう。

 

警戒心を崩して始めて攻めに移ることができます。

アプローチは仲良くなった実感が出るまで待ちましょう。

 

 

いきなり恋人になろうとしない

モテる女性が男を選ぶ時、能力や外見といった印象で男を選んで失敗してきました。


なので、モテている女性は、慎重に男を選びます。


あなたのことをろくに知りもしないのに、あなたと付き合うようなリスクを、モテる女は犯しません。

 

女性の警戒心をくぐり抜けるために、無害な友人ポジションを狙って行くといいでしょう。

 

無害な友人になり、魅力を少しずつ魅せて、相手に性格も全て伝え切れれば、あなたのアプローチは通るでしょう。

 

 

誉めない

口説く基本といえば「誉める」というぐらい男性は女性を誉めるものです。

もはや誉めることは一種の儀礼と化してるほどです。

ですが、モテる女性の場合は別です。

 

 

絶対にほめてはいけません。

そんなことを言うと混乱する人もいるかもしれませんね。


誉めないことには理由があります。


まず、モテる女性は誉められ慣れています。

お世辞であれ、本気の誉め言葉であれ、どんな言葉でも、もう響かないんです。


では、なにが響くのか。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

バカにすること。

 

 

え!? そんなことしたら嫌われちゃうよ?

 

 


そう思う人もいるかもしれません。

ですが、女性からすると「他の人はみんな誉めるのに、何でこの人は誉めないの?」と興味を持ちます。

 

 

一般的な女性なら、けなして、誉めるという流れですがモテる女性にたいしては、いっさい誉めない。

さんざんバカにしてから「うそうそ、本当はかわいいっておもってるよ♪」ということもしません。

 


自分が嫌われないギリギリのポイントでバカにしてみてくださいね。

嫌われては元も子もないので、加減がとても難しいのです。

 

悪い例を見ましょう。

「いったあい! 指切っちゃった!」

「大丈夫!? 傷口見せてごらん!」

というのが一般的な紳士です。

 


ですが、モテる女性はこんな扱い慣れっこなので、感謝もそこそこです。

インパクト薄し。

 

「いったあい! 指切っちゃった!」

「大丈夫! 刃こぼれしてない!?」

「ええ!? そっち!?」

 

ここで、「うそうそ、指大丈夫?」といって絆創膏を差し出すのがスタンダードなテクニックですが、モテる女性にたいしてはもうちょっと突き放してみましょう。

 

「この包丁、2万円だからな」

「高っ! いやでもおかしいでしょ!」

「お前なんか店頭に二万円で飾ってても売れないだろ(笑)はい、これ絆創膏」

「はー、もうまじやだこの男」

これぐらいの軽口をたたきあえる関係になるといいでしょう。

 

悪口のコツなんですが、仲良くないのに悪口をいっても嫌われるだけです。

少し打ち解けてから悪口を使いましょう。

 

それまでは、素直に誉めないという方法を使えば、悪口を使わずに相手を突き放せます。

 

「みてー、このバッグ買ったの! 可愛くない?」

「可愛いね」と目も向けずに言う、

「見てないじゃん!」

とか

「見て、このバッグ可愛くない!?」

「可愛いね! でも俺の鞄の方がかわいくない?」

「それコンビニの袋じゃん!!」

とか、何せ、素直に誉めないことです。

素直に誉める男性が大多数なので、あなたの存在が印象に残るからですね。

 

 

他人越しに誉める

基本的に人に嫌われることはよくないのですがモテる女にはちょっと意地悪な言動をとる必要がある、とお話しましたね。

じゃあ、どうやって嫌われないようにするんだよ!

という風に思いませんか?

 


こう言うときこそ誉めるときの必殺技です。

他人越しに誉める。

 

自分の友人モテ女の友達の前ではモテ女を誉めまくるのです。

目の前にいるときとの態度のギャップにモテ女は戸惑うこと間違いなしです。

 

 

こちらのプライベートを簡単に知られないようにする

モテる女性はだいたいの男の話に聞きあきています。


なので、男の話に対して関心はありません。

 

どうせ男なんて、すごいといっても学歴とか役職とかやってる仕事の内容とか趣味のレベルとか、そういう程度です。

 

モテる女性はその程度の男はたくさんみているので、あなたの話を聞いたところで、

ほほう、このような男もいるのじゃな

程度のしか思いません。

このような口調かは不明ですが。

 

こんな状況では、相手に自分のことを話す必要なんかないですよね。


なので、モテる女を前にしたときは、自分の話をあまりしないことが大事です。


相手に聞かれたときに初めて、あなたの話を小出しにいしていきましょう。

一気に伝えるとミステリアス感がないので話は小出しに、少しずつです。

小説や映画だってその手法で情報開示してます。

あなたの情報に価値を出すためのテクニックですね。

 

相手の好奇心を刺激する方法については、こちらの記事でも例を出して触れてるので参考にしてくださいね。

 

 

モテる女のなかで埋もれない

モテる女にはたくさんの男がよってきます。

モテる女に嫌われないための上の5つの注意点を守り続けると、そもそもモテる女の記憶からあなたが消える可能性があります。

なぜなら、積極的に声をかけてくれる男が山ほどいるから。

 

 

あなたが冷たくしたりして、意識させようとしても彼女から忘れられたら大変です。

なので、あなたは彼女にアプローチをしてないのに、存在感を高めていく必要があるのです。

 

 


接点が少ないのに存在感を出す?むちゃくちゃいうなよ!

そんな声が聞こえてきそうです。

確かにこれは非常に難しいのですが少しでも工夫して存在感を示してください。

やりようはいくらでもあります。

 


たとえば・・・

  • 彼女の視界に常に入るようにする。心理学的には右にあるとポジティブな印象を与えられる。
  • 同じ業務やグループに入り、接点を増やす。
  • 常に彼女から話題にあがるように目立つ
  • 彼女から間接的に評価されるように彼女の周りの人にかなり優しくする

などです。

彼女と関わらず 彼女に関わるものすべてにあなたが関われば、彼女の中で常にあなたの存在がちらつきます。

数々の男の中であなたが埋もれないように気をつけなければなりませんね。

 

もちろん、あなた自身に魅力があれば、当然存在感が自然と増してきます。

ですが、あなたは今自分の魅力に自信がありますか?

 

ある!と断言できる人の方が少ないと思います。

 

実は、えいたも昔はモテませんでした。

むしろ、男子どころか女子にもいじめられるような人間でした。

 

 

朝学校にくると、机の中に大量のゴミが入れられていて、お昼は後ろの席の誰かがえいたにえびを投げつけてきました。

帰って着替えた後、制服から生臭い臭いがしてたのを今でもハッキリ覚えています。

通りすがり、わざとぶつかられたり、理由無くいきなり殴られることもありました。

学校で、休み時間に移動することが怖くてトイレも我慢していました。

 

高校になり、新たな自分をやり直そうと決心してからは自分磨きだけに集中しました。

 

モテようだなんて最初は考えてなかったんですが、気付けば周りには男女問わず色々な人が集まってきました。

そういった経験をもとに、このブログでも記事を書かせていただいてます。

 

 

もし、今あなたが今のままの自分では魅力が足りないと思う。

と、少しでも思うなら、無料のメール講座を必ず見てください。

 

イマドキ女子大生のホンネを聞き出したインタビュー音声厳選8個を今だけ無料公開!

上辺だけのテクニックだけでモテない原因の全てがわかります。

これらの音声はいつまでも公開できるか保証できませんので、お早めに手に入れてください。 

 

 

無料のメール講座では、心構えもテクニックも全て学べます。

 

心が変われば言葉が変わる。

言葉が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣に変わり、習慣が変われば、人生が変わります。

 

必ず確認してくださいね。

 

 

まとめ


以上、モテる女を口説くにはまず、相手がどんな女か知ることですね。

モテる女は男に口説かれ慣れていて、一筋縄ではいかないというところ。


そこを逆手にとって、注意しなければならない点が6つありましたね。

  • 自分から攻めない
  • いきなり恋人になろうとしない
  • 誉めない
  • 他人越しに誉める
  • こちらのことを知られないようにする
  • 埋もれない

ということです。

 

 

とくに彼女から埋もれずに、さらに、興味をもってもらうというところは至難の技だと思います。


それでも、あなたが他の男とはちがう、という水準になれば、他の女性を口説くときとさしてかわりません。

一度心が動いてしまえば、男への警戒心や値踏みなど、すべて倒壊してしまうのです。


モテる女性をくどければ自信にもなります。

ぜひ、がんばってくださいね


それでは。

えいた