『ドラゴン桜2』第7話考察!自信満々に女性と会話するコツ

ドラゴン桜2の7話

どうも、ドラゴン桜を読んで東大に入った恋愛コンサルタントAPPLIです!

今回はドラマ『ドラゴン桜2』第7話の考察記事となります。

いやあ、今回も良い内容だらけでビシビシと感じましたね(笑)

アプリ的にこれは見逃せないと思ったポイントは以下の5つです。

第7話のポイント
  • 勝負しなければ始まらない
  • うまく会話するコツはテキトーとモノマネ
  • 知っているか知らないかで大きな差がつく
  • 失敗したときこそ笑え!
  • やってきたことを信じ肯定する

5つのポイントだけ見てもドラゴン桜がただの受験漫画じゃなく、どんな分野にも通用する本質的な成功法則が満載なのがわかりますね。

というわけで、恋愛コンサルタントとして今回の話を恋愛に落とし込むとどうなるか?1つずつ解説していきたいと思います。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴7年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するために恋愛を「ガリ勉」
LINE友だち追加ページ

勝負しなければ始まらない

これは何事もそうですよね。野球が上手になりたいならまずはバッターボックスに立てということです。

いくら素振りをしても勝負から逃げていたらいつまで経っても上達はしません。すぐに限界が来ます。

恋愛もこれと全く同じ。

  • 連絡先を聞く
  • メッセージを送る
  • デートに誘う
  • 告白する
  • ホテルに誘う

どの行動も「勝負」なわけです。

負けることを恐れてその勝負から逃げていたら一生欲しいものは手に入りません。

彼女を作ることはおろか、女性と仲良くなることすら困難でしょう。

第7話において瀬戸がこんなことを言っていました。

「先生についていくしか方法なくね?」

「悩んだところでやるっきゃない」と。

そう、一度「勝負する」と決めたなら自分を信じて行動するしかないのです。

勝負する前から「負けたらどうしよう」と悩んでも結果なんて勝負してみないとわかりません。

たとえ絶望的な状況だったとしても、勝率1%でも、やらなければ前にも後ろにも進めないのです。

草食くん
連絡先を聞いても教えてくれなかったらどうしよう
草食くん
デートに誘って断られたらどうしよう
草食くん
告白してフラれたらどうしよう

そんなことを行動する前から悩んだって何も解決しません。

少なくとも言えることは勝負しなければ勝率は0%だということです。

 

うまく会話するコツはテキトーとモノマネ

第7話の英語の授業では「ぼそぼそシャドーイング」なる練習法を教えていましたね。

ぼそぼそシャドーイング

「ぼそぼそ喋って効果なんてあるの?」という生徒からの問いに桜木先生はこう答えます。

桜木先生桜木先生
最初から完璧に話そうとするな!自信を持って堂々と話せ!
桜木先生桜木先生
うまく話すコツはテキトーとモノマネだ!

これは英語に限らず会話において非常に重要なポイントです。

まず、女性との会話が苦手という男性に多いのが完璧主義であるということです。

ですが、そもそも会話に正解も不正解もありません。

間違ったことを言ったからと言って、それが必ずしも間違いにならないのが会話の面白いところです。

たとえば、何かを言い間違えたり噛んでしまったりしても、それがウケることだってあるわけです。

だから、自信を持って堂々と話すこと。これが会話上達の第一歩なのです。

アメリカ人に「日本語話せますか?」と聞いたら「モチロンデース。寿司、うどん、ラーメン・・・どうだい?超詳しいデショウ?」と答えるように。

「会話なんてテキトーでいいんだ」と思うことからスタートなのです。

 

会話上達のコツはモノマネ

「学ぶは真似ぶ」と言ったりしますよね。人間はオギャーと生まれたときから親や他人が話している姿を真似して成長してきたのです。

そう、会話もこれと同じ。

会話が上手になりたければ会話上手な人の真似をすることから始めればいいのです。

僕が運営する会話塾RCMCなどでも会話テンプレートをお配りしていますが、最初はあのままセリフを真似てみたらいいんですね。

あとは僕の実録デート音声なんかをシャドーイング(=後追いで真似して発生する)しているクライアントさんも過去にはいました。

別に僕の話し方をマネしろとは思わないですが、周りにモテる男がいるならその人を徹底的に観察してマネしたら良いと思いますよ。

 

知っているか知らないかで大きな差がつく

僕も東大を受験するときに桜木先生たちがいてくれたらどれだけ心強かったか(笑)

結果的には1年自宅浪人することになったわけですが、それでも「合格するための情報」は積極的に仕入れるようにしていました。

情報がなければ戦略も計画も立てようがないですからね。

これは恋愛も同じです。

恋愛のやり方なんて学校じゃ教わらないでしょう?

恋愛とか結婚とかお金のこととか、人生で大事なことほど学校では教えてくれません。

だから大人になってから自分で学ぶしかないのです。

そうやって積極的に情報を仕入れる人とそうじゃない人とでは長い人生を見た時にかなり大きな差が生まれます。

たとえば『老後資金2000万円問題』とかありますけど、iDeCoなどを使って毎月コツコツ積み上げておけばアッサリ解決したりします。

でも、iDeCoの存在を知らなかったり、知っていても調べるのを面倒臭がったりしていると、高齢者になったときに大変な思いをするわけです。

具体的には定年退職しても働かないといけなかったりですね。しかも、警備員とかトイレ清掃とかそういう単純労働ばかりです。

これと同様に恋愛も学べば解決する問題は多いです。

なのに恋愛だけは学ぶのが恥ずかしいと思っている男性が多いんですよね。

これは大変おかしなことです。

恋愛→結婚は人生を左右するレベルの大事なことなのに、学ぶのが恥ずかしいと思っているわけですから。

 

失敗したときこそ笑え!

初めての東大模試でE判定を取って落ち込んでいる生徒たちに桜木先生はこう言いました。

桜木先生桜木先生
失敗したときは笑え!ガッハッハ
桜木先生桜木先生
いいか?大事なのは次どうするかだ

これほどシンプルな成功法則はないでしょう。

日本人は安定志向が強いので基本的にリスクを取りたがりません。

言い換えると失敗することを過剰に恐れる民族なのです。

まあ、昔は失敗→切腹だったので失敗することは死に直結しました。

でも、現代ではそうカンタンには死ねません。失敗しても死なないのです。

だから、失敗したら笑っておけばいいんですね。

恋愛でも最初は失敗続きですよ。僕だってどれほど失敗してきたことか。

 

ただし、失敗して笑って終わりにしては何も成長しません。

桜木先生も言うように大事なのは「失敗を次にどう活かすか?」です。

これが最大にして最強の成功法則でしょう。

「失敗は成功のもと」という言葉がありますが、失敗から学ぶことができて初めて失敗を成功に変えることができるのです。

  • マッチングアプリで全然マッチしない→なんでだろう?
  • デートに誘っても来てくれない→なんでだろう?
  • イイカンジだと思ってたのにフラれた→なんでだろう?

こうやって「なぜ?」を繰り返し、自分なりに課題を発見し、解決策を見出していくことが大事なのです。

まあ、なかなか解決策を自分で見つけるのは難しいものですが、その場合はぜひ僕のコンサルを受けに来てください。

 

やってきたことを信じ肯定する

本気で勝負するとき、どうしても緊張しますよね。

女性に告白する時、ホテルに誘う時、あるいはデートに誘う時。

慣れないうちはとても緊張すると思います。相手が大好きな女性ならなおさら心拍数は跳ね上がるでしょう。

でも、そこでヒヨってしまったら何もできずに終わります。関係がそれ以上発展しません。

だから最後はもう自分を信じるしかありません。

  • これまで学んできたこと
  • これまで実践してきたこと
  • これまで失敗してきたこと

それらすべてに意味があり、今の自分を支えてくれている。

そうやって自分を肯定して、自分を奮い立たせ、自信に変えるしかありません。

人間ですから迷ったり悩んだりするのは当たり前。

そこでさらに一歩を踏み出せるかどうかが上手くいく人とそうじゃない人を分けるのです。

 

ドラゴン桜から学ぶ今回の成功法則

思った以上に精神論チックな内容になってしまいました。

ですが、その分どんなジャンルにも活かせる本質的な内容でした。

第7話のポイント
  • 勝負しなければ始まらない
  • うまく会話するコツはテキトーとモノマネ
  • 知っているか知らないかで大きな差がつく
  • 失敗したときこそ笑え!
  • やってきたことを信じ肯定する

受験も恋愛も仕事も、成功法則というのは意外とシンプルです。

テクニックを学ぶのもいいですが、本質を捉えた上で学んだほうがよほど早く身につきますよ。

というわけで、今回はこの辺で。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して、本当に良い恋愛とは何かを追求しています。


そんな超ヘタレだった僕が「モテの先にある幸せ」を研究した成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
       

この記事を書いた人