ドラマ『ドラゴン桜2』第6話の考察!読解力は全てに通じる

ドラゴン桜2第6話

どうも、こんにちは。漫画『ドラゴン桜』を読んで東大に入ったアプリです!笑

ついにドラゴン桜の2期がドラマとなって始まりましたね。

「これは何も語らないわけにはいかない!」ということで記事にしていこうと思います。

今回はドラゴン桜2 第6話の感想・考察です。

まあ、感想・考察と言ってもドラマの内容をそのまま書いても面白くありません。

僕なりの考察をしていくのでドラマを見ても・見てなくてもわかるようにお伝えします(ドラマの方も絶対に見てほしいし、見たほうが理解もより深まるとは思うけど)

もちろん、恋愛や仕事にも活かせる内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴7年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するために恋愛を「ガリ勉」
LINE友だち追加ページ

今すぐ使える!『ドラゴン桜2』第6話の内容とは?

今回のドラマ第6話から学べる内容は以下の3つです。

ドラゴン桜から学ぶ3つの成功法則
  • 本番で実力を発揮する秘訣
  • 血糖値の急激な上昇は抑えよ
  • 読解力は全てに通ず

中には「そんなこと言ってないよ」というものもあるかもしれませんが、あくまでも僕なりの考察です。

ただ「ドラマ面白かったよね」だと何の役にも立たないので。そこはご愛嬌ということで。

それでは1つずつ解説していきましょう。

 

本番で最高のパフォーマンスを発揮するには?

桜木先生がこんなことを言っていましたね。

桜木先生桜木先生
試験本番で実力を発揮したいなら、日頃から試験日と同じスケジュールで行動しろ!
桜木先生桜木先生
受験日と同じ時間に起きて、同じ時間にメシを食って、同じ時間に寝ろ!

これはいわゆる「ルーティーン」というものでして。科学的にもその効果は証明されています。

実際にプロのスポーツ選手もメンタルを安定させるための手法として取り入れていることが多いです。

ラグビーの五郎丸選手や野球のイチロー選手も取り入れていたことが有名ですよね。

そう、この「ルーティーン」は受験だけに限らず、ありとあらゆる分野で応用が効くのです。

 

デート本番での緊張をほぐし、最高のアプローチを決めるには?

では、このルーティーンを恋愛に当てはめるとどうなるでしょうか?

たとえば気になる女性とデートに行くことになったとしましょう。

緊張しますよね?

心臓がバクバクし、何を喋っていいかわからず頭が真っ白になる。

そんな経験をしたことがあるかもしれません。

少しでも緊張を和らげ、いつもどおりリラックスして会話することができれば、デートは成功するはず。

では、どうすればいいのか?

デート前とデート中でのオススメルーティーンをお伝えします。

 

デート前のオススメルーティーン

僕がクライアントさんによくオススメしているのはこちら。

デートの待ち合わせ30分前に1人カラオケに行って熱唱する

バカバカしいと思うかもしれませんが、けっこう効果的です。

仮に全く効果がなかったとしても、この行動自体がルーティーンとなるのでいずれは効果が出てきます(笑)

ちなみに「熱唱する」というのがポイントです。

思い切り感情を込めて歌うことでテンションも上がりますし、声帯も開きます。

なので待ち合わせで落ち合った瞬間からハイパフォーマンスを発揮することができます。

草食くん
最初からテンション高く会話できる
草食くん
熱唱するとイイカンジに肩の力が抜ける

実際に試してくれた人からはこのような意見をもらっています。ぜひお試しあれ。

 

デート中のオススメルーティーン

さて、気になるあの子と落ち合いました。ここからもルーティーン化できる部分はどんどんルーティーン化していきましょう。

たとえば、

デートのルーティーン例

  • 初回のデートは必ず同じ店に行く
  • 待ち合わせ場所は必ず同じ場所にする
  • 相手が誰であっても必ず出す話題を決めておく

とにかく、自分の中での勝ちパターンを作っておくのです。

ちなみに毎回同じことをやるのは苦痛なのと、恋愛の楽しさが半減するので僕はあまりやりません(苦笑)

でも、効果は間違いなくあります。恋愛初心者のうちはパターン化できるところはどんどんパターン化したほうがいいでしょう。

 

ルーティーン化する上で絶対にやってはいけないこと

よくモテない男性がやりがちなことに、タイプの女性とそうじゃない女性で対応を変えるというものがあります

もちろん、女性と言っても十人十色なので細かい対応は相手に合わせて変えていかなければなりません。

でも、桜木先生が言っていたことを思い出してください。

桜木先生桜木先生
試験本番で実力を発揮したいなら、日頃から試験日と同じスケジュールで行動しろ!
桜木先生桜木先生
受験日と同じ時間に起きて、同じ時間にメシを食って、同じ時間に寝ろ!

女性がタイプかそうじゃないかで態度を変えるというのはルーティーンとは真逆の方向なのです。

「経験値だ!」とか言ってタイプじゃない女性とデートの練習をするのは勝手ですが、これじゃあ何の経験にもなりません。

自分で自分のパフォーマンスを下げるようなものです。

そういう人に限っていざ本命の相手が来た時に緊張からオドオドしていつもどおりのパフォーマンスが発揮できないのです。

普通に男としてダサいですし、人としてもかなり微妙なのでやめましょう。

 

血糖値の急激な上昇は抑えよ

「お昼に食べ過ぎるな」ということですね。以上(笑)

僕も基本的にデスクワークなのでお昼にガッツリ食べると午後のパフォーマンスがガクッと下がります。

なので最近は昼を抜くこともしばしば。慣れないとお腹がすいてヘロヘロになりますが、慣れてしまえばむしろ好調です。

・・・と、このようにドラゴン桜で学べる内容というのは受験だけに限らず仕事にも応用できるということですね。

ちなみに彼女と1日デートするときに眠たそうにするなんて言語道断ですよ(笑)

食べすぎには注意です。

※昔ディズニーデートなのに二日酔いで眠たそうにしていたら彼女にブチギレられたことがあります。当たり前ですね(苦笑)

 

読解力は全てに通ず

今回のドラゴン桜2で一番良いこと言ってるなと思ったシーンが国語の時間ですね。

「走れメロスを100字以内で要約せよ」という問題が出されていました。

この「要約する力」というのはそのまま「本質を見抜く力」に直結するので、日本人全員に身に着けてもらいたいくらいです。

だから国語の授業で身につく力って社会に出てからもめちゃくちゃ役に立つんですよね〜。

まあ、それはいいとして。

要約力をはじめとした、読解力があるかないかで人生が変わります

「またまた大げさな」と思うかもしれませんが、大マジです。

詳しく語りだすと余白が足りないので省きますが、そもそも読解力がなければこの記事ですらもうギブアップでしょう(現在2,500文字程度)

また、筆者の言いたいことが伝わらないので、結局学びにもなりません。

学びにならないということは現実が何も変わらないということ。現実が変わらないのだから人生も変わらないですよね。

 

そもそも読解力とは?

登場人物の太宰府先生の言葉を借りるならこうです。

読解力=作者が何を言いたいかを理解し、簡潔にまとめる力

↑僕が本来数学で使われる等号「=」をあえて使っているのも、言いたいことを簡潔にまとめるためです。

また、太宰府先生はこんなことも言っていました。

国語で一番大事なのは同等関係、つまり「言い換え」だ。

この言い換える力というのは国語だけでなく、数学でも英語でもすべての教科で重要です。

もっと言えば、言い換え力はありとあらゆる分野で使える超パワフルな能力なのです。

たとえば、この記事でもドラゴン桜と恋愛を結びつけて書いていますよね。

本来、関連のないものに共通点を見つけて「置き換える」ことができるのは、僕の言い換え力が高いからです!笑

というのは冗談ですが、

 

つまり、言いたいことはこういうことだな
他には例えばどんなものがあるだろう?
じゃあ恋愛で言い換えるならこうだな

 

このような思考プロセスをたどっているに過ぎません(ロジカルシンキングで必要とされる能力の一部ですね)

ここで大事なフレーズは「つまり」「例えば」「言い換えるなら」の部分ですね。

そう、今回のドラマでも出てきたフレーズたちです。

この思考法が身につけば原理上、何を学ぼうがどんな分野にでも応用する(=置き換える)ことができます

今回は恋愛に置き換えましたが、別に仕事でも人間関係でも筋トレでも何にでも置き換えることは可能ということです。

つまり、1を学んで10理解し100行動できる超優秀な人間になることができるということです。

まあ、このパワフルさは分かる人にしか分からないものですが・・・

そもそもこの記事をここまで読み進める人のほうが少数派だし、最近は読解力なんてなくてもYoutubeとかでわかりやすく解説してくれますからね。

だからインスタントなテクニックばかりがウケるのです。悲しいですね。

 

ドラゴン桜2 第6話のまとめ

以上ドラゴン桜2のアプリ的考察でした!

大事なポイントは3つだけです。

  • 本番でパフォーマンスMAXにしたいならルーティーン化せよ!
  • お昼は食べすぎるな!
  • 読解力で人生は変わる!

非常にシンプルですね。

そう、本質は常にシンプルなのです。

でも僕がこうやってイチイチまとめなくても、「この記事で言いたいことはこの3つだな」と見抜けたらめちゃくちゃ読解力は高いと思いますよ!

  • どんな本を読んでも
  • どんな教材を学んでも
  • どんなセミナーを受けても

吸収率が100倍くらい跳ね上がるのでぜひ意識して読解力を鍛えてみてください。

「つまり、どういうこと?」がキーフレーズです。

本を読むときも人から話を聞くときも「つまり、どういうこと?」と意識しながら学んでみるといいでしょう。

それではまた。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人