この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

今日はメルマガ読者のYさんから質問があったので答えていこうと思います。

 

 

就活中の年下女性と付き合うには?

こんばんは毎日メルマガ読ませてもらっているN.Yと申します。

アプリさんの七つの基本、からかい、理解しようとする姿勢を試してみたところ…気になっていた後輩の女の子と4回ご飯に行くことができました!

特に『からかい』、『わかるよ』は威力がすごかったです笑

アプリさんのおかげです、ありがとうございますm(_ _)m

アプリさんに相談があるのですが…

バイト先の本屋に気になっている年下の女の子がいます。

その子は誰が見ても美人で、彼氏はいません。最後にいたのが中学生の頃みたいです。僕が感じた特徴としてはガードが固く、あまり社交的ではない、あまり男慣れしていない、真面目、オタク気質、しっかり自分を持っている、恐らく処女です。

置かれている環境は女子大に通っていて、現在就活中の大学4回生という状態です。

そして、僕は現在大学を卒業。

社会人一年目です。

僕自身は自分の夢があるため就活はしませんでした。

付き合った女の子は二人いて、女の子には慣れています。

今、気になっている子以外にも二人で遊んだり、ホテルにいったりする女友達がいる状態です。

バイト先の本屋は大学を卒業して引っ越のため辞めました。

相談の内容なのですが…

三月まではlineのやりとりも毎日続いていて、ご飯も行けたし、お互いの趣味のCDや本の貸し借りも出来たり、敬語が抜けたりして距離が縮まりました。彼女は僕以外には同輩や後輩、先輩すべての人に敬語を使っています。

私のこと女として見てますか?と何回か聞かれたり、最後に二人でご飯に行ったときに次に飲みに行く約束もしました。

そして、四月の現在になって急にlineが返って来なくなり、彼女の就活で忙しくて飲みに行く約束は流れてしまいました…

既読無視される中で就活を応援してるという内容のlineを送ると返信が来て、『返信を出来なくてごめん、今は忙しい。応援ありがとう、がんばります』

といった内容が返ってきました。

空気を読めなかった僕は『もうすぐ面接なのか?』というlineを送り、五日間彼女に既読無視されている状態です。

今の僕は彼女の就活を応援したい気持ちと、なんでlineを返さないという焦りや不安、怒りの気持ちが両方あります…

バイト先も辞めてしまったため会うことも無くなってしまいました…

ただ、CDや本は返して欲しいと彼女は言っていたので少なからず会う気はあると思います。

そんな状態の中で僕が彼女と付き合うにはどういう行動をとることがベストなのでしょうか?

 

Yさん、ご質問ありがとうございます。

なるほどですね。

 

たしかに焦ってしまう気持ちも分かります。

が、こちらのメールの文章から察するに、もうすでに結論は出ているのではないですか?

 

Yさんは就活していないので分からないかもしれませんが、就活ってめっちゃ忙しいんですよね。

(ゆうて僕もしてないですけど笑)

 

 

説明会に、グループディスカッションに、面接・・・。

他のことが考えられないくらいスケジュールは就活のことでビッシリになります。

それまで髪の毛を染めてチャランポランだった女子でさえ、髪を黒く染めてビシっとするくらいですからね。

なのでYさんにはここでも「分かるよ」の姿勢を貫いて欲しかった・・・。

なので、もともとイイカンジの関係だと思うので焦らずじっくり行くこと。

これが結論になります。

 

少なくとも「就活が終わるまでは会えなくてもいい」くらいに思っておいてください。

というか「なんかあったら相談に乗るよ」くらいのポジションを取っておくのがベストですね。

 

それこそやりたいことがあって、自分の道を進むという選択をしたYさんは就活生から見ても貴重な人種です(笑)

だって、みんな「自分は何がやりたいんだろう?」って悩みながら就活してますからね。


というか、大半はなんとなく後から
取ってつけたような理由で、本当は好きでもない会社に入社したりするんですけど(苦笑)

そんなわけでYさんだからこそ乗ることのできる相談というのはあると思いますし、だからといって「なんか相談することない?」なんて聞くのは大間違いなのは分かりますよね?

 

向こうから何の連絡も来ないんだったら待つしかありません。

今はどう考えても彼女の中では恋愛<就活ですから。

 

そりゃそうですよね。

普通の人にとって就活って人生がかかってますから。

真面目な彼女は一時の恋愛感情なんかで人生を棒に振るなんてバカな選択はしないでしょう。

 

待つ身はつらいですが、本当に彼女を応援するつもりがあるなら、いずれタイミングが来るまで応援していてあげてください。

就活が永遠につづくことはないのですから。

 

もちろんタイミングが来た時にはCDや本を返すのを口実に会えばいいだけのことです。

 

以上が僕からの回答になります。

 

ありがとうございました。

 

APPLI

 

 

 

PS

内容とは全く関係ないですが、最近は就活ラブという言葉もあるみたいですね。

経営者の立場からすると「けしからん!」って感じですが(笑)

出会いの1つとして使うことはできそうです。