『ドラゴン桜2』第9話考察!女性の合格最低点は何点?

ドラゴン桜2第9話

どうも、ドラゴン桜を読んで東大に入ったアプリです!

ドラマ『ドラゴン桜2』もいよいよ共通テスト編に突入。

かなり熱い展開になってきましたね。見ているだけでやる気とモチベーションがみなぎってきます(笑)

今回も人生を通して役に立つ成功哲学が満載でした。

特に共通テストの心構え5ヵ条は今でもそのまま使えるものばかりでしたね。

共通テストの心構え5か条

まあ、そうは言っても

草食くん
いや、そのままじゃ使えないよ・・・

という話だと思うので、第9話から学べるポイントを恋愛に置き換えつつ解説していきますね。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴7年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するために恋愛を「ガリ勉」
LINE友だち追加ページ

自分さえ受かればそれで良いと思え!

「自分さえ受かればそれでいいと思え」というのは意外かもしれませんね。

たしかに普段から自分のことしか考えないヤツは嫌われます。

でも、ここぞ!という時。

男気を見せないと行けない時。

何が何でも決めないといけない時。

そういうときは「他のすべてを犠牲にしてでも勝つ!」という強い意志が必要なのです。

たとえば、女性に告白するときやホテルに誘うときなどがそうですよね。

もう明らかに脈アリでイイカンジの雰囲気になっている。

あとは最後の一手を打つのみ。

なのに、そこでウジウジしていては前に進みません。

草食くん
こんなこと言ったら困らせないかな?
草食くん
あまり強く誘うのも申し訳ないな
草食くん
友だちのA君もこの子のこと好きって言ってたしな

そんなことを考えてる場合じゃありません。

そんなのは優しさや心遣いのように見えて、ただ自分に言い訳してるだけです。

人生でそう何度も来るわけじゃない勝負の時。チャンスをものにするには全てを投げ捨ててでも勝負に出る必要があるのです。

 

めげそうなときこそ目標が支えてくれる

桜木先生桜木先生
人が最も苦しい時がいつかわかるか?
桜木先生桜木先生
それは頑張っているのに結果が出ないときだ
桜木先生桜木先生
いまは苦しいかもしれない。だが、目標を持って頑張れているお前らは幸せなんだ

もう名言続きだったのでそのまま引用させてもらいました(笑)

この桜木先生の発言に対して生徒たちは「目標があるって幸せだよね」と言っていました。

そう、目標があることは幸せなのです。

そういう意味では受験生というのは幸せと言えます。

「んなわけないだろ?」と思いますか?

でも、よく考えてみてください。

大人になるにつれて目標は自分で決めなければなりませんよね。

だから中には人生の目標が見つからずフラフラしてしまう人もいれば、人から与えられた目標だけこなすことに精一杯な人もいます。

別にそれ自体は否定するものではありません。

ですが、そういう状態にいる人ほどピンチになったとき弱いです。

恋愛でもなかなか彼女ができずに苦戦することがあります。最初から上手く行っているなら絶対にこのサイトを見てないはずですから。苦笑

もし恋愛活動をする中でつまずいたときはぜひ目標を思い出してみてください。

  • 彼女がほしい
  • 童貞を卒業したい
  • 幸せな家庭を築きたい

その目標を明確に思い浮かべるからこそ、ツライ時・苦しい時に踏ん張れるのです。

 

自分の人生は自分で決めろ!

桜木先生桜木先生
自分の将来は周りが決めるんじゃない。世の中の流れに乗るものでもない。
桜木先生桜木先生
自分の人生は自分で決めろ!
桜木先生桜木先生
そのための一歩に全力で挑んでいけ!勝利を掴んでこい

どうでしょう?この空気感が伝わりますか?めちゃくちゃアツくないですかね?笑

「自分で決める」

たったこれだけのことができない大人がどれほど多いことか。

かくいう僕も心が弱ったときはついつい人に決めてもらいたいと思うことはあります。

でも、最終的には自分で決めなければなりません。

じゃないと絶対に後悔するからです。

人に相談するのはOKですが、最終的には自分で決断しないといけません。

なぜなら、悪い結果になった時、人のせいにしてしまうからです。

自分で決めた結果ならどんな結果になっても受け入れられます。

そして、なぜこうなったのか?自責思考で原因を分析し次に活かすことができます。

第8話で紹介した”勝者の言い訳”とも関連していますよね。

 

でも、人に決めてもらって人のせいにしているうちは次に活かすもヘッタクレもないんですね。

だって自分は悪くなくて、常に誰かのせいなのだから。

自分の課題に気づくことが永遠にできないのです。

そもそも女性をデートに誘うのも、告白するのも、手をつなぐのも、全ては決断です。

普段から自分で決断していないと、判断を全て女性に丸投げするなんていうダサいことをしかねません。

 

終わったことはクヨクヨ考えるな

終わった教科のことを引きずってズルズルとパフォーマンスを下げないためにも、終わった教科のことは忘れるというセオリーです。

これは女性とのデートなどでも同じですよね。

モテない男というのはみんな準備はテキトー→終わってからクヨクヨ考える。このパターンに陥っているんですね。

この順番を逆にするだけで案外うまくいくものなのです。つまり、

徹底的に準備→終わったら考えない(天に結果を任せる)

この思考パターン・行動パターンに変えるだけです。

たとえば、デートするお店までの道を事前に調べておくとか、店内を下見しておくとか、デートプランを練っておくとか・・・

たったそれだけのことで心の余裕も生まれます。

まあ他にも「準備」したほうがいいことはたくさんありますが、長くなるので300日間メール講座で学んでください。

 

女性の合格最低点は60点?デート本番に強くなるマインドセット

桜木先生と瀬戸がフリースローで対決するシーンからの学びです(原作では桜木先生VS矢島でしたが)

フリースロー10本勝負。より多くフリースローでシュートを決めたほうが勝ちというシンプルな対決です。

最初は瀬戸がどんどんゴールを決めていきます。一方で桜木先生は最初の2本を外してしまい大ピンチ。

でも、徐々に形成が逆転していきます。

瀬戸は一度シュートを外してからというものどんどん調子が悪くなります。

一方の桜木先生はあのポーカーフェイスで(笑)淡々と投げ続けます。

最終的には桜木先生6本・瀬戸5本で勝敗がつくのですが、ここで桜木先生はこんなことを言います。

桜木先生桜木先生
なんでお前が負けたかわかるか?
桜木先生桜木先生
オレはな、最初から6本決めればいいと思っていた。だが、お前は10本全部決めようとした
桜木先生桜木先生
だから一度外すと一気に調子を崩すんだ

そう、最初から6本取れればそれでいいと思っていたことが勝負の決め手なんだと。

大事な本番前に不安になるのは当然。本番に強い人間は自分が不安を抱いていることを自覚し、しっかりと対策を講じるんだと。

これは女性とのデート本番などでも同じことが言えますよね。

最初から60点もらえればそれで良い!

そのつもりで臨むのです。「徹底的に準備したら後は天に結果を任せる」とはそういうことですね。

あれこれ恋愛テクニックを学ぶのは構いません。でも、デートのときまでそれを意識するとうまく行きません。

自分のことで精一杯になって大事な相手の反応を見逃すからです。

肉食くん
60点取れればそれでいい。どうせ多くのモテナイ男は60点も取れずに脱落していくのだから。

このくらい軽い気持ちで女性とのデートを楽しみましょう。

まずは自分が楽しまないと。あなたが仏頂面してたら相手も楽しくありませんよ。

 

チンケなプライドなんて捨ててしまえ

桜木先生桜木先生
東大はただのスタートだ
桜木先生桜木先生
誰かのためとか、認めてもらいたいとかじゃなく、自分のために東大に行け
桜木先生桜木先生
恥も外聞も捨てて死にものぐるいで受かる道を選べ!

もうビンビンに感じますよね(笑)

これを恋愛風に言い換えるとこんな感じです↓

チンケなプライドなんか捨てて自分はモテないと自覚し、死にものぐるいでモテるために頑張る

そこからスタートだ!!

モテない男って人の話を聞かないプライドの高い人が割と多いです。

でも、そのプライドって本当に必要?と問いたくなります。

僕なんてプライドも何もかも捨てて、学歴がなかろうが、人間的に終わっていようが、頭を下げてモテる人に恋愛を教わってきましたからね。

それでイヤな思いもしましたけど、目的のためなら恥も外聞も捨てて死ぬ気で頑張るタイミングというのは必要なのです。

そもそも「彼女を作る」なんていうのはスタート地点でしかありません。

年齢にもよるけど、それすらクリアできていない自分の今の状況にもっと絶望したほうがいいですよ。

 

使えるものは全部使おう

というわけで、今回は割と根性論・精神論多めでしたが。

根性論だろうがマインドだろうが使えるものは使っていったらいいのです。

それでモテるんだったら使わないほうが損でしょう?

これからも頑張っていきましょう。

これまでの『ドラゴン桜』考察記事はこちら

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して、本当に良い恋愛とは何かを追求しています。


そんな超ヘタレだった僕が「モテの先にある幸せ」を研究した成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
       

この記事を書いた人