元・東大生が勉強そっちのけで研究した恋愛心理学でオトメゴコロを科学する

オトメゴコロ研究所|女性心理学で乙女心と恋愛を科学する

失敗しないデート術

【食事場所の決め方】初デートで気になるあの子を落とすために最適な場所とは?

更新日:

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

今日はデート、特に初デートで食事に行く場合、場所の決め方はどうすればいいのか?について話していこうと思います。

何回も女性とデートをしたことがある人ならこのぐらいすぐに思いつくでしょうが、経験が少ない人にとってはデートの場所を決めるのも簡単なことではありません。

 

中にはデート場所の選定を間違ってしまったせいでデートが台無しになってしまったことがある人もいると思います。

かくいう僕も昔は「何でそんなところ選んだの!?」と言いたくなるような場所を選んだりしていました(苦笑)

そのときは僕なりに最善の場所を選んだつもりだったんですけどね。

あぁ、もったいなかったなぁ・・・。

 

このブログを読んでくれている人には僕と同じミスはしてほしくないので、今回の記事を参考に最適なデート場所を選べるようになってください。

 

付き合う前の初デート場所は男性が決める

ただ、その前に1つ重要な話をします。

たまにいるのですがデートの場所を女性に任せてしまう男性がいます。

でも、残念ながらそれでは女性を落とすことはできません。

 

ひょっとして女性に「どこ行きたい?」なんて聞いてませんよね?

もし、聞いてしまっているのなら、今日からやめてください。

女性が余程、強くここに行きたいとでも言わない限り、基本的には男性がデートの場所を決めるようにしてください。

 

▲目次に戻る

 

デートの食事場所における「男性心理」と「女性心理」のズレ

恋愛経験、女性経験の少ない男ほどやってしまいがちなミスとして、女性をデートに誘っておいて食事に行く場所などを全く決めていないということです。

どうしてこうなるのか?

男側に女性が食べたいものを食べさせてあげたいという心理があるからなんです。

女性が鶏肉が好きなら鶏肉のお店に、魚が好きなら魚のお店に連れて行ってあげたい。

だからデート当日に女性の好みを聞くまでお店を決めてない、ということです。

 

しかし、女性からすると「店くらい男が決めてよ」という思いがあります。

(この辺の女性心理について学びたい人はこちらのメール講座で学ぶことができます

 

だから、全く店を決めずに、女性に「どこ行く?」なんて聞いてしまうと、女性はあなたのことを頼りがいのない男として認識してしまうかもしれません。

 

そうならないように特に初デートでは男が自分で店を決めなければならないのですが、かといって女性に「何が食べたい?」なんて聞いても「なんでもいい」としか返ってきません。

 

お母さんに「今日の晩ご飯何にする?」と聞かれたときの返事じゃないんだから、もうちょっとは考えてくれてもいいじゃないか・・・。

 

そんなことを思ったことは僕にもあります。

だって、10人の女性に聞いたら9人は「なんでもいい」と返ってきますからね。

 

よっぽど男気があったり普段からキャリアウーマンでバリバリやってたりサバサバしている女性だったら別ですけど。

そんな女性は少数派ですよね。

 

でも、これは仕方のないことなんですよ。

 

▲目次に戻る

 

付き合う前の初デートはお試し期間

女性に取って男性との初デートはお試し期間です。

 

女性からすると、あなたが

  • どんな食べ物が好きで
  • どんなものが嫌いで
  • よくいく店はどういうところで
  • どんな雰囲気が好きで
  • どれくらいの予算を考えていて
  • どんな金銭感覚を持っているか?

全く分からないのです。

男性のこの辺の感覚を見るための初デートですし、そのために自分の意見を入れてくることはあまりありません。

だから、女性の方から行きたい店を主張してくることは滅多にないんです。

 

これが付き合って長いカップルだったり、2回目3回目のデートであれば、また話は少し変わってくるのですが、まだ出会って間もないころはほとんどがこのような傾向にあると言えます。

 

なので、基本的には男がぜんぶ店を決めるようにしましょう。

でないと、女性から見て「なんだか頼りない人」という嫌な印象を持たれてしまう可能性がありますので。

 

▲目次に戻る

 

初デートでの食事場所の決め方とは?

では、前置きはここまでにして、初デートでの食事の場所の決め方はどのようにすればいいのかについて話します。

ポイントは「リサーチ」「お店選びの基準」です。

この2つを軸にお店を選んでもらえれば大きく外してしまうことはありません。

逆に食事場所の選び方が悪くデートに失敗してしまった場合は、リサーチかお店選びのどちらかが失敗しているからなんですね。

どちらかだけではなく両方を考慮したデート場所を選ぶようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

初デートの食事場所の決め方<リサーチ編>

まず、最初にリサーチ編です。

お店を選ぶ前にどこかの段階で女性の食べ物の好みを聞いておくんですね。

何が好きで、何が嫌いとか。

これはアレルギーがあるかた食べられないとか。

そういったことです。

とにかく、女性の食べ物の好みはどんな感じなのかをリサーチしてください。

 

で、このときのコツとしては女性に「何が食べたい?」と聞くのではなく「嫌いな食べ物とかある?」と聞くようにしています。

こうやって聞けば嫌いなものがあるときはそれを答えてくれるし、なければないで「ないよー」と答えてくれます。

 

つまり、連れて行った店が女性の嫌いなものばかりだった・・・。

 

実際にはそんなことほとんどないのですが、そうなってしまうリスクをなくすことができるのです。

 

あとはリサーチしているときに、女性が最近インド料理にハマってるみたいな話をしたんだったら誘うための口実になるわけですし。

 

「今度○○に美味しいインド料理の店があるからそこ行こうよ」

これで誘い方はバッチリです。

この際、別に美味しい店を知ってる必要なんてないですからね。

 

ぐるなびとか食べログで後から調べればいいだけです。

たとえ、それで美味しくなかったとしてもそれはそれで話題になりますから。

この辺、真面目に考えすぎてると本当にバカを見ますよ。

もちろん、いい店を知っているに越したことはありませんが、知らなくても工夫次第でどうにもでもなる、ということです。

あとはこの記事にも書いてある鉄板デートコースの作り方なども参考に場所を決めてもらえれば完璧です。

 

なので、リサーチを欠かさないようにしてください。

 

▲目次に戻る

 

初デートの食事場所の決め方<お店選び編>

次はお店選び編です。

 

リサーチした女性の好みに合わせた食事がメニューにあるお店を選んでいきましょう。

僕がまだ恋愛初心者だったころは、お店選びもとにかく下調べをしました。

女性の嫌いなものを聞いて、和食か中華か洋食のどれが好きかもリサーチ。

そして、自分の住んでいる地域、相手の住んでいる地域をベースに、ぐるなびで当てはまるお店がないか検索しまくるんですね。

 

そして、不安なら実際に足を運んでみると。

実際に見てみないとわからないこともたくさんありますからね。

駅からお店までのルートも実際に行ってみないとわからないですし。

 

それで、お店を選ぶポイントしては、

  • 横並びの席(またはL字のソファー)があるかどうか
  • 完全個室があるかどうか
  • 証明は暗めで雰囲気はいいか
  • トイレに清潔感があるか
  • あまりに安っぽすぎないか
  • 駅から近いか

などを意識します。

このうち4つ以上あれば合格でしょう。

ちなみにこの辺のお店を選ぶポイントについてはこちらの記事でも詳しく書いています

 

あと、お店自体の清潔感は絶対に抑えておいてください。

場末の居酒屋などの、いかにも年季が入っていますみたいな場所はあまり女性ウケはしません。

たまに料理がめちゃくちゃ美味しいからと言って、そういったところに連れて行く人がいますが止めましょう。

新装開店直後みたいなレベルでキレイで清潔感がないとダメというわけではありませんが、最低限の清潔感があるお店を選ぶようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

デートの食事場所は普段からチェックする

後は、ふだんの飲み会だったり合コンだったりで行った店がたまたまオシャレだったら必ずチェックして、店の名前と電話番号をメモしておきます。

他には、女友達が最近行った美味しい店の話をしていたら、詳細を細かく聞いたり。

街を歩いているときに、よさげな店を見つけたら、名前をメモするなりして、後日行ってみたり。

 

こうやって自分だけのデートスポットを増やして行くんですね。

検索すればデートスポットはいくらでも出てきますが、百聞は一見に如かず。

実際に足を運んだことのある店だからこそ、自信を持って彼女を連れて行くことができるし、堂々と落ち着いて会話に集中することができるのです。

 

なので、デートスポットを自分の中に蓄積していき女性に最適なお店を選んでいく、この発想を持つようにしてください。

 

意識して過ごしていれば、1年後、2年後には膨大なデータが蓄積されて、デートスポットマスターと呼ばれているかもしれません(笑)

※こちらも併せて読んでおくとよりデートスポットマスターになることができます。

 

▲目次に戻る

 

初デートで高級レストランに女性を連れて行くのはアリか??

では、次に女性との初デートで彼女を高級レストランに連れて行くのはアリか・ナシか?について、議論して行きたいと思います。

恋愛にありがちな話として女性と食事に行くときは夜景がキレイな高級なレストランに連れて行くというのがあります。

おしゃれな高級レストランで美味しいものを食べて、いい雰囲気になり、そのままホテルにお持ち帰り、みたいな(笑)

 

ただ、一方でわざわざそんなことをする必要はないなんて話も聞きます。

それに高級レストランに連れて行ったはいいが結局、普通に食事をしただけで終わってしまったという話もあります。

 

ということで、聞きたいのですが、あなたは初デート、特に付き合う前の初デートで女性を高級レストランに連れて行くのはどうだと思いますか?

「お金さえあればそういうところにガンガン連れて行きたいぜ!」

「ちょっと夜景のキレイなレストランに連れてけば女はイチコロだぜ!」

と言う人もいれば、


「いや、高級レストランなんて金のムダだ」

「そもそも誘っても来てくれない・・・orz」

と言う人もいるでしょう。

 

どちらかというと、前者。

つまり、

「気になるあの子との初デートなんだから、そこは気合い入れて、いいレストランに行って、代金は全部男持ちだろうよ。」

って人が多いと思います。

 

今回はあくまでも僕の知識と経験に基づいて、個人的な意見を述べさせてもらいます。

まあ、僕がこういうことを書く時はたいてい否定から入るのですが、今回も例に漏れず結論から言うと・・・。

 

初デートで女の子を高級レストランに連れて行くのはナシです。

 

▲目次に戻る

 

初デートで高級レストランは重い

これ、結構勘違いしている男性が多いので注意が必要なんですね。

 

「こういうお店に連れて行ける自分」をアピールしようとしたり、一回目のデートから思いっきり気合いを入れて勝負をかけようとしたり、女性は美味しいものを食べさせれば落ちると思っていたりすると、初デートで高級レストランに連れて行こうという発想になってしまいがちです。

 

しかし、そうやって高級レストランに連れて行かれた女性が90%以上の確率でどう思うか知ってます?

 
・・・その答えを言う前に、最近、読んでいた漫画で面白いものを見つけたので、それをシェアしようと思います。

今回の議論について、おもしろおかしく語っている漫画の一場面です。

 

ラブホの上野さん

 

名前からしてその漫画のヤバさがプンプン臭ってくると思いますが(笑)
普通にストーリーとしても面白いですよ。

この漫画でも描かれていますが、先ほどの問いに答えるとするならば、

 

重い

 

せっかく高級レストランに連れて行こうという、あなたの意気込みとは裏腹に、「重い」と思われてしまうのです。

鉄板デートコースについて書いた記事の中でも言及していますし、実際にそういうデータもあるみたいですよ。

 

それでもまだ嘘だと思うなら女友達でも知り合いでもいいので、こう聞いてみてください。

 

「1回目のデートで高級レストランに連れて行く男ってどう?」と。

多くの男性は初回のデートから気合いを入れて一気に勝負を賭けようと思いがちですが、そこが落とし穴。

 

ほとんどの女性は「いや、それはないわー」と答えるでしょう。

 

女性からすると、

「高級レストランに連れて行っておごってやるくらいの甲斐性と男らしさと紳士っぷりを見せつければ、女なんて簡単に股を開くだろう」

と思っているあなたの心の内なんてお見通しなんですね。

 

「いや、さすがにそこまでは思ってないですよ」

って人でも少なからずそういう気持ちはあるはず。

 

  • 女性は高いところが好き
  • 女性はお金持ちの男性が好き
  • 女性はロマンチックな雰囲気が好き
  • 女性は美味しいものが好き

・・・etc

 

こういう余計な知識が刷り込まれているせいで「高級レストラン」という選択肢が出てくるんでしょうが、もうね、一回こういう表面的な情報はリセットしてください。

 

もちろん、これらの要素が間違っているわけじゃないんですが、でも多くの場合は当たりません。

 

女性がそんな単純な生き物だったら誰も苦労しませんよ。

高い金払わされてサヨナラされるのがオチです。

もしくはこんなふうに自分だけがうまく言っていると勘違いして痛い目を見るとか。

 

まあ、あなたがよっぽどの大金持ちで、トムクルーズもビックリするようなイケメンで、体の芯から人間的魅力があふれ出ているなら話は別ですが。

 

でも、そうじゃないと。

僕は普通の草食系男子がいかにして女の子と付き合って行けばいいのか?

ここに焦点を当てて話しています。

 

だから、高級レストランに連れて行きたいのであれば、せめて2回目のデート以降にしましょう

 

さっきの漫画でも言っていましたが、初回のデートであれば、普通に飯を食いに行ったり、飲みに行ったり、お茶するくらいで十分です。

 

案外「ファミレスでいい?」と聞くと、オッケーと答えてくれる子も多いです。

(その場合はあまりデートっぽくはなりませんが)

 

▲目次に戻る

 

初デート=初回お試しで女性が満足するデートを提供する

さっきも書きましたが、相手にとって初デートは「初回お試し」みたいなもの。

「とりあえず行ってみて、どんな人か見極めるか」って段階なのに、いきなり商品の購入を迫ってどうするんだと。

まずは初回お試しで満足してもらってから、「こういうプランがありますけど、どうですか?」とオファーするから商品は売れるのであって。

 

もちろん、あなたがこれから経験値を積んで行って、モテるために必要なマインドセットだったりスキルだったりを磨いて行けば、初デートでいきなりゲットできてしまう

ということも起こるでしょう。

 

しかし、経験もスキルも何もない。

そんな人が最初のデートで勝負を賭けるのは非常に危険です。

なので、初デートは女性が満足するデートを提供するべきです。

いきなり勝負をかけるべきではないんですよ。

 

それは先ほども言ったように、女性にとって初デートは、

 

「この人はどんな人なのかな?

どんな価値観を持っているのかな?

デートではどんな雰囲気なんだろう?

いきなり変なことしてこないかな?」

 

こうやって、あなたのことを判断する最初のステップだからです。

 

うまい人は、ここで一気に女性の好感度をMAXにして、心を開かせて、そのままゴールまで持って行くのですが、最初からそれを狙うのはやはり難しい。

僕自身、それで失敗したことが何度もあります。

「あのとき、もっとゆっくりアプローチしておけばー」と(苦笑)

 

▲目次に戻る

 

2回目、3回目は高級レストランでもOK

やっぱり最初は無難に、女性からアウトを貰わないようにすることが大事なんですね。

ここでアウトを貰わない限り、また2回目、3回目のデートにつながりますから。

 

そして、2回目、3回目へとつながりさえすれば、高級レストランだろうがホテルだろうが、どうぞあなたの好きなところへ連れて行ってください。

あ、もちろんこの記事に書いてある「いきなり重い場所ではないか」以外のことは気にしないといけませんよ。

 

その辺は基本的な常識としてわきまえておいてください。

 

たとえば、

  • 彼女との記念日
  • 相手の女性の誕生日
  • その他何か特別な日
  • マンネリ化を防ぐため
  • 年の差があって安い店に連れて行きにくい

こういう場合は彼女をちょっと敷居の高いお店に連れて行くのも悪くありません。

 

だから、別に女性を高級料理店に連れて行くこと自体は決して悪くはないのですが、”あるポイント”を押さえておかないと大変なことになります。

 

下手をすると、女性に頼りない男というレッテルを貼られ、彼女にめちゃくちゃドン引きされ、最悪の場合、彼女との大切な記念日が別れの日になってしまいます。

 

そうならないように、”あるポイント”を押さえておかないといけないのですが、そのポイントこそが、まさに自分の弱点や苦手意識、コンプレックスを克服することにも応用できる重要な考え方なのです。

 

このポイントを押さえておくことで、あなたが苦手とするものを克服できるようになるばかりか、どんな時でも堂々としていられる自信満々な男に生まれ変わることができるのです。

 

なので、少し話の本筋からは外れますが、補足事項として「高級フレンチデートが失敗する理由に学ぶ、コンプレックスの克服法とは?」という話をしたいと思います。

 

▲目次に戻る

 

高級フレンチデートが失敗する理由に学ぶ、コンプレックスの克服法とは?

では、その「高級フレンチデートが失敗する理由に学ぶ、コンプレックスの克服法」のポイントとはいったい何なのか?

 

それは、、、

 

開き直る

 

ということです。

 

たったのそれだけ。

 

たったそれだけのことで高級レストランに女性を連れて行っても堂々とスマートな対応ができて、女性を喜ばせられるばかりか、自分の弱点だって簡単に克服できてしまうのです。

 

どういうことか分かりますか?

 

たとえば、あなたが女性とのデートに高級フレンチの店を予約したとしましょう。

ここまでは万事オッケーです。

何も抜かりはありません。

 

しかし、なんとか張り切って高い店に連れて行ったものの、勝手が分からずに終始オドオドしていたら女性はどう思うでしょうか?

 

「なにオドオドしてるのよ。こっちが恥ずかしいじゃない。」

「自信満々で連れて行ってやるよとか言ってたのに、フタを空けてみたら本当に情けない男なのね」

 

きっとこんなふうに思われてしまうでしょう。

 

こういうケース、本当に多いですからね。

だから僕はわざわざそんな敷居の高い店に連れて行くようなリスクはとらないのです。

 

もし、どうしても連れて行かなければならない事情があるならば、念入りにリサーチしておくでしょう。

 

初めて行く場所であれば、下見くらいはしておかないと。

それこそ僕が人生で初めてデートをしたときには、もう念入りに下見をしましたよ。

 

とはいえ、毎回毎回、下見をするのはさすがに疲れてしまいます。

それも長いこと付き合った彼女であればなおさらですよね。

 

だから、最近では開き直ることにしたのです。

 

いいですか。

 

僕は別に高級レストランに女性を連れて行くのは悪いことだとは思いません。

しかし、そこで何が何か分からずにオドオドしてしまっていては、女性に「頼りない男」というレッテルを貼られかねません。

(もしこの辺の女性心理が理解できないという人はこちらのメール講座で女性の心理を理解できるようになりましょう

 

だから、「こういうところ初めて来たけど、何か?」みたいな態度で逆に開き直ってしまうのです。

 

女性が嫌なのは、高級店での振る舞い方を知らないことではなく、振る舞い方が分からなくてオドオドしている態度そのものなんですね。

 

堂々と毅然とした態度でいれば、女性も引いてしまうことはありません。

 

勝手が分からなければ、何食わぬ顔で店員さんに聞けばいいのです。

こっちがお客さんだから、親切に教えてくれますよ。

 

▲目次に戻る

 

開き直ってコンプレックス克服

この開き直るという考え方はコンプレックスの克服にも使えます。

 

コンプレックスというのは本人が意識しているからコンプレックスなのであって、別に周りから見ればどうってことないもののほうがはるかに多いんですよ。

 

たとえば、人の前で話すのが苦手だったとして、それを隠そう、隠そうとするから、余計に緊張してしまって、オドオドしてしまい、うまくしゃべれずにさらに苦手になってしまう。

 

そうならないためには、「僕は人の前で話すのが苦手なので、お聞き苦しいところがあるかもしれませんが・・・」と先に自分から言ってしまうのです。

 

それを言うことには少し抵抗があるかもしれませんが、言ってしまえば後は楽なもんです。

 

だって、多少はミスしてもその前置きがあれば、聴衆も気にならないし、何より自分が安心して話せます。

 

別に多少はミスしてもかまわない。

その余裕が堂々とした態度でのコミュニケーションを生み出すんですね。

 

▲目次に戻る

 

女性に嫌われることを恐れずに済む

これは、「別に女性に嫌われたって構わない」というマインドにも通じるところがあります。

 

結局、「失敗したら嫌だな」とか「嫌われたらどうしよう」とか、そういう考え方が心の余裕を奪ってしまうということです。

 

そうじゃなくて、

「別に多少の失敗は構わない」

「高級店のこととか知らないけど、何か文句ある?」

この態度だからこそ、余裕が生まれ、自信が生まれるのです。

 

なので、何か分からないことがあっても、堂々と開き直ってください。

 

その態度に女性は安心感を覚え、頼りがいを見出すのです。

 

ちなみに他にも安心感を覚えさせる方法はあるのですが、さらに本筋から離れてしまうとさすがにマズいのでここでは割愛します。

詳しくはこちらのメール講座で解説されているので、興味のある人は登録してみてください。

 

▲目次に戻る

 

補足:食事デートで行く場所の決め方“男女9:1の法則”

最後に1つ補足事項として”男女9:1の法則”というものを紹介します。

「何じゃ、それ?」と思うかもしれませんが(笑)

 

ここまでの話は、事前に女性と食事に行くことが決まっていて、そのときにどういった基準で食事場所を決めればいいか、というものでした。

つまり、腰を据えてじっくりと場所を選ぶことができる場合の話です。

でも、ここでは素早くお店を選ばないといけないときの話をしたいと思います。

たとえば、行こうと思っていた予約不可のお店がたまたま臨時休業になっていたとか、お店の手違いで予約ができていなくてお店に入ることができなかったとか。

そういった緊急事態のときに使えるのが”男女9:1の法則”です。

 

じゃあ、どんな法則なのかというと。

例えば、さっきのような緊急事態が起こって、すぐに別のお店を探さないといけないときに、僕は2つくらい候補を挙げて、「中華と焼き鳥、どっちがいい?」みたいな感じでざっくり絞ったうえで女性に最後の決定権を与えます。

つまり、9割は男が決めて、残りの1割を女性に決めさせるということですね。

そこでも「どっちでもいい」ようなら、もう全部こっちで決めればいいし、彼女がどちらがいいか指定してきたら、そこに行けばいいだけの話です。

これが”男女9:1の法則”です。

 

こうすれば、ちゃんと女性の意見も汲み取った上で、行く店を決めたことになりますから、大きく外してしまうことはありませんし、外してしまっても女性は文句を言えないのです。

 

また9割は男性が決めているので、ちゃんと男らしさ、頼りがいもアピールでき、主導権をこちらが握ることができるのです。

こちらの記事で書いているように男らしさというのはモテるために必須の要素ですからね。

 

欠かすことはできません。

 

普段は事前にお店をじっくり選べますが、何かしらの緊急事態が起こって、その場ですぐにお店を選ばないといけない場合はこの”男女9:1の法則”を思い出してください。

 

お店選びで失敗することはなくなりますし、緊急事態にも冷静に対応できるという姿をアピールできるので一石二鳥です。

きっと女性も大喜びしてくれるでしょう。

 

▲目次に戻る

 

まとめ:初デートを成功させるポイント

今回の話は以上です。

 

色々なことに関して話したので最後に簡単にまとめたいと思います。

 

  • デート場所は男が決める
  • 女性の好みに合わせてベストなお店を選ぶ
  • 初デートで高級レストランは重い
  • 緊急事態には”男女9:1の法則”

 

こんなところでしょうか。

ぜひ、今回の記事を参考に気になる女性との初デートを成功させてください^^

 

また、こちらの記事でもデート場所の選び方について言及しているので、併せてチェックしておいてください。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI

 

 

P.S 今回はデート相手がいるという前提で話をしましたが、そもそも相手がいないという人は、まずはこちらの出会いについて書いた記事を参考にデート相手ができたときに、またこの記事に戻ってきてください。

さすがに相手がいないのにデート場所の選び方を知ってもしょうがないので。

 

▲目次に戻る

-失敗しないデート術
-,

Copyright© オトメゴコロ研究所|女性心理学で乙女心と恋愛を科学する , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.