【恋愛相談No.2】学生の出会いvs社会人の出会い

学生VS社会人出会いの差とは

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです

 

今日もメルマガ読者さんから以下のような質問をもらったので、答えて行きたいと思います。

 

学生の出会いと社会人での出会いとの違いについて

知っていることがあれば教えてほしいです。

 

この質問をくれた方は24歳なので、おそらくこれから社会人になっていくのでしょうが、出会いがなくなることへの不安から出た質問ですね。

8792328-wallpaper-beautiful-girl-widescreen

そう。

今サラッと言いましたが、やはり、学生と社会人じゃ、出会いの機会は圧倒的に学生のほうが多いです。

なぜなら、社会人に比べて学生のほうが自由な時間が圧倒的に多いからですね。

特に日本の大学はその傾向が顕著に出ています。

みんな学校の勉強はそこそこにして、

  • サークル
  • 飲み会
  • バイト
  • 大学

だいたいはこういうライフスタイルを送っていますよね。

学年によってはここに卒論や就職活動が加わってくるわけですが、それでも社会人に比べたら余裕だらけです。

 

だから、学生のうちに出会いを増やしておきましょう。

 

 

 
本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴9年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するため恋愛を「ガリ勉」
東大卒恋愛コンサルタントAPPLI編集長APPLI
モテる男が持つ5大要素を「恋愛の5教科7科目」としてまとめました。今だけ無料公開中なので、ぜひ手にとってみてください。

>>「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

 
モテる男のメール講座

社会人で出会いが減る理由

・・・ということが言いたいのではなくて。

たぶん、この人は社会人になってから、どのように出会いを増やして行けば良いのか?

 

本音ではこれが聞きたいんだと思います。

だから、今から答えて行くのですが、その前に。

なぜ一般的に社会人のほうが学生に比べて出会える機会が少ないのか?

まずさっきも言ったように時間的な問題ですよね。

 

社会人なら基本的に毎日、朝から晩まで仕事です。

クタクタになって家に帰る頃には女性のことなんて考えられないでしょう。

休日だって「たまの休みくらいは家でゆっくりしたい」そう思う人が大半です。

気づいたときには、家と職場の往復生活を何年も続けているなんてことになってしまいがちなのです。

それだけじゃありません。

年を重ねるにつれて任される仕事は責任が重くなるし、学生時代の女友達はみんな結婚して気軽に飲みにも誘えなくなるし女友達でなく、男も同じで、かと言って職場で恋愛なんて面倒だし、そもそも出会いに割ける時間なんてほとんどない!

その先に待っているのは、

結婚相談所に駆け込むか
風俗でその場限りの快楽を楽しむか、
近所のスナックで愚痴をママに聞いてもらうか

いずれにしても、よりいっそう非モテ道まっしぐらなわけです。

別にあなたをビビらせようとしているわけじゃないんですよ。

ただ、年齢を重ねれば重ねるほど、動きづらくなるから動けるうちに動いとけ。

これがまず1つ言いたいことです。

しまいには物理的に体が動かなくなってしまいますからね。

だから、さっきの『学生のうちに出会いを増やしておきましょう』というのも大事なことです。

しかし、もうすでに社会人になっていたら、学生に後戻りすることなんてできません。

それができたら、僕だって高校くらいからやり直して、無双モード炸裂させてますよ(苦笑)

でも、残念ながらこの世にタイムマシンは存在しないから今、頑張るしかないのです。

で、そろそろ話を戻しますが、社会人はどうやって出会いを増やせばいいのか?

でしたよね。

社会人の出会い方法

社会人の出会い方法。

これに関しては結論から言うと、「全部やってください」ということになります。

  • 出会い系
  • パーティ
  • イベント
  • ナンパ
  • クラブ
  • 合コン
  • ネットナンパ
  • 婚活

 

全部やるんです。

 

まずは自分に合った出会いの方法を見つけることが一番効率がいいのです。

だから、全部やってください。

といっても、全部やる人なんて、これを読んでいる人のごく一握りだってことはよく分かっているのですが(苦笑)

 

まずは自分ができそうなものから取り組んでみるといいでしょう。

 

たとえば、いきなりナンパは厳しくても、異業種交流会に行って、女性に声をかけてみるとか。

ネットでの出会いに抵抗があるなら、婚活パーティや出会いパーティに行ってみるとか。

そうやって少しずつ自分の守備範囲を広げて行ってください。

そうすれば女性との出会いは爆発的に増えて行きます。

休日、家でゆっくりするのもいいですが、ちょっと頑張ってかわいい彼女を作って、2人でイチャイチャしながら過ごす休日も捨てたもんじゃありませんよ。

なかなか時間はとれないかと思いますが、せめて休日くらいは出会いに時間を割いて欲しいものです。

また、これは社会人に限ったことではありません。

 

学生であってもボーッとしていると時間なんてあっという間に過ぎ去って行きます。

本当に4年なんてすぐですよ。

それで気づいたら、また家と学校の往復が家と職場の往復に変わってるだけ。

こういう人も少なくありません。

 

なので、とにかく出会える場所には行きまくる。

友達に遊びに誘われたら迷わず行く。

合コンのお誘いが来ようものなら飛びつく。

ヒマがあれば出会い系の画面を開く。

特に恋愛経験の少ないヒトほど、これくらいハングリーにヤッていって欲しいものですね。

出会いを増やすことは決して恥ずかしいことではありませんから。

自分の人生の可能性を広げてくれる価値ある行動なのです。

堂々と、迷わず出会いを増やして行ってください。

全てはそこからです。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI

 

 

PS

あなたも何か質問や相談があれば
ぜひメールかコメントで連絡くださいね。

 

恋愛は勉強さえすれば誰でもできます

「恋愛を科学する」というコンセプトで10年にわたり活動してきたオトメケン編集長APPLIが、女性から合格をもらうために対策が必要な5つの科目を電子書籍にまとめました。

Amazon恋愛ランキング1位獲得記念として、今だけ無料で公開中。ぜひ受け取っておいてください。
>>彼女作りの決定版はこちら

amazonランキング1位証拠

恋愛の5教科7科目ではこんなことが学べます↓

  • 第一志望の女性に合格をもらうために必要な5つの傾向と対策
  • 女性との会話=英語を話すようなもの!?その真意とは?
  • あなたの恋愛偏差値を決定づける2つの変数
  • モテたいなら女子力を高めなさい!?女装までした男の話
  • 大人の恋愛に「保健体育」が外せない理由と対策方法

彼女を作るためのエッセンスを詰め込んだ恋愛の5教科7科目はこちらから今すぐダウンロードできます。

・・・

かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して、本当に良い恋愛とは何かを追求しています。

そんな超ヘタレだった僕が「モテの先にある幸せ」を研究した成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」なのです。

もしあなたが以下のような悩みを抱えているなら…

  • マッチングアプリで女性からいいね!が来ない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはもうゴメンだ
  • 男としての自信をつけたい

僕も全く同じ悩みを抱えていたので、その気持ちは痛いほどよくわかります。

ですが、恋愛の5教科7科目を読めば、それらの悩みを解消するためのヒントを得られるでしょう。

見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして今だけ無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

※3月のキャンペーン受付は100名までとなります。
※上記に関わらずAmazon本社から警告があった場合、予告なく無料公開を中止します。

この記事を書いた人