成功する人VS成功しない人。違いはたったコレだけだなと沖縄で悟った話

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

突然ですが、いま沖縄に来ています。

久高島の海

写真は久高島から見た海ですが、定期的に行きたくなるんですよね。

浄化されるというか心が洗われるというか。パワースポットとしても有名な島です。

あくまでもメインは仕事ですが、休暇も兼ねてガッツリとリフレッシュしてきました。

  • 毎年ファーストクラスに乗りまくってる謎の人物
  • 年商ウン億の経営者仲間たち
  • 今年彼女ができたLOSの生徒さん&事務局メンバー

彼らとともに、観光して、飲んで、夜の店で遊んで、、、と刺激たっぷりな時間を過ごしています。

あまりに刺激が強すぎたのでこうして記事にする運びとなりました。

特に年商が億を超えている経営者から得た学びはヤバいです。ヤバいという言葉しか出てこないくらいヤバい。

ビジネスだけでなく、恋愛でも、仕事でも全てにおいて成功を勝ち取るための秘訣が見えてきたのでシェアしましょう。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

一般人と成功者との違い

「成功者」という表現が正しいのかどうかわかりませんが、普通の人の何倍も何十倍も稼いでる人を「成功者」とここでは定義づけましょう。

あなたは一般人と成功者との違いってなんだと思いますか?

ちょっと考えてみてください。

 

よろしいでしょうか。

 

才能や運、生まれや育ち、気合や根性、顔や体格の良さ、頭の良さや会話のうまさ、もともと持っているお金や人脈・・・

もちろん、そういったものもゼロではありません。中には大きなウェイトを占めるものもあります。

ですが、それらは枝葉であって根幹ではありません。本質ではないのです。

 

では、何が一般人と成功者を分けるのでしょうか?

 

僕はこれ、1つの物事をどれだけ突き詰めて考えられるかだと思ってます。

逆に言えば一般人(大衆)というのは物事を深く考えられない=思考が浅いのです。

誤解を招きかねない表現ですが、今回かなり僕が痛感したことです。

 

アホは成功できないってこと?

そういうわけでもありません。

気合と根性と努力と情熱だけでのし上がっていく人もいます。

ただ、気合や根性というのは必ず経年劣化していくものなので、短期的に成功はできてもそれだけで長期的に成功し続けられる人はいません。

どこかのタイミングで試行錯誤・創意工夫することが求められます。

実際、学歴なんてなくても成功し続けられている人というのはやっぱり見ていて「賢いな〜」「めっちゃ考えて仕事してるな〜」と関心させられます。

 

ちなみにネット上を探せば「なんちゃって成功者」はいくらでも出てきますよ。

「凡人でも月収500万円!」とか

「借金まみれから総資産30億円!」とか

「有名人の〇〇も認めた!」とか

あんなものは99.9%が誇張か、演出か、そもそもウソです。

 

月商を月収と言い換えている人なんてザラですし、瞬間最大風速の売上を月収と言っている人もたくさんいます

たとえば1月の売上が500万円で2月から0円だったとしても、その人の中では「月収500万円」なわけです。

これは正確に表現するのなら「月収500万円」ではなく「年商500万円」ですからね。

そこから納税したりもろもろの経費を払ったりするわけですから手元にお金なんてほとんど残っていません。

派手に写ってるフェラーリやランボルギーニもすべてレンタカーです。

エセ成功者

ちなみにこの恋愛業界でも全くモテてないのにモテているふりして稼ごうとしている輩はたくさんいますので気をつけてくださいね。

僕が今回言っている成功者というのはそういう「エセ成功者」ではなく10年でも20年でも勝ち続けられる実力を兼ね備えたホンモノの成功者を指します。

 

脳みそに汗をかきまくりました

では、1つの物事を突き詰めて考えるとはどういうことか?

それは普通の人が「まあいっか」「なんとかなるだろう」と思うようなことをとことん考え抜いたり、調べ抜いたりすることを意味します。

正直「そこまでやるのか?」というレベルでやります。

 

たとえば彼との会話では以下のような話題が出ました。

  • 自己実現と自己超越の違いとは?
  • 全くウソをつかずに稼ぐことは可能なのか?
  • どこまでが演出でどこからがウソなのか?
  • ウソだけで稼いでる人はその後も稼ぎ続けられるのか?
  • そもそもホンモノの成功者の定義は?
  • 何をもって「恋愛」というのか?
  • そもそもどういう状態が「モテる」ということなのか?
  • 女性が好意を持っていると判断する基準とは?
  • 自分に合う人だけを残していくための会話とは?
  • 「フィーリング」は量子力学で解明できるのか?
  • なぜ人は海を見ると癒やされるのか?
  • 多くの人がAIを人間だと思い込んだ理由とは?
  • 考えが浅い人たちを教育するにはどうすればいいのか?
  • 何がグレーで、何が違法で、何が合法なのか?

いや〜、もうね。額に汗をかきまくりですよ(苦笑)

こんなに脳みそをフル回転させたのはかなり久しぶりです。

ちょっとでも定義があやふやな言葉や表現を使うとすぐにツッコまれるので、1秒たりとも気が抜けません

「緻密」というキーワードがこれほど似合う男はいないでしょう。

 

必要以上に頭を使うのでかなり消耗しましたが、なんだかんだ言っても楽しんでる自分もいました。

普段これだけ1つ1つの話題について深く議論できる相手ってなかなかいませんからね。

深く議論すればするほど思考が深まっていくので個人的にはやはり好きです(その分めっちゃ疲れるけど)

 

それにそうやって議論をしていく中で様々な「オトクな情報」も飛び出てきます。

「どこからがノウハウでどこからが雑談なのかわからない」らしいので、経営ノウハウもたくさん盗まさせていただきました。

 

成功したかったらやるべきこと

もしあなたが成功したい分野で本気で成功を目指すなら、やるべきことは1つですね。

成功している人と過ごす時間を増やすこと

なんだかんだコレに尽きるなと。

 

今回僕は年商ウン億の経営者と濃密な時間を過ごしたおかげで鬼ほど情報のシャワーを浴びました。

成功者の考えを脳みそに直接インストールするようなものです。

『キングダム』で王騎将軍が信に見せた「将軍の景色」がまさにソレです。

キングダム将軍の景色

「将軍が見えている景色」を目に焼き付けた信はこの後、大将軍への道を駆け上がっていきます。

まさに「将軍の感覚」をインストールしたわけですね。

 

・・・同様に現代で成功したかったら「成功者の景色」を見なければなりません。

なんか自己啓発とかネットワーク系のセミナーみたいですが(苦笑)

これは何も「タワマンに住め」とか「高級車を買え」とか、そういう表面的なことが言いたいわけではありません(むしろ破滅するだけなのでやめたほうがいいです)

 

とにかく成功者と過ごす時間を増やすこと。

そのためなら時間もお金も労力も惜しまないことです。

 

僕もこれまで教材やセミナー、コンサルと言った類のものに1,000万円ほど投資してきましたが

やはり知識として学ぶのと肌で体感するのとでは100倍くらい情報量に差がありますね。

  • ちょっとした一言だったり
  • ほんの些細な動作だったり
  • 本人は当たり前と思っている考え方の部分だったり

そういった部分が意外と大事なのです。でも、これは本や教材では絶対に学べません。

僕もこの3日間「え、そこまで考えてやってるの?」と驚きの連続でした。

 

たとえばキャバ嬢との会話とかもかなり洗練されていて「アフターに行くってことは下心ありきで行くけど、断るなら今のうちやで」と必ず言うそうです。

「言質を取る」ことで後々「NO」と言いづらい心理状態を作り出すテクニックですね。

まあ、楽しくなかったら普通にキャバ嬢が横にいても「スマホ触ってるほうが楽しいから話しかけないで」とか言っちゃうサイコパス度高めな方でもありますが(苦笑)

そのメンタルの強さ(?)も含めて成功者の素質と言えるのかもしれません。

何にせよ、交渉術の達人であることは間違いありませんでした。

 

女性にモテたいなら・・・

はい、ここまでの話を聞いていればもうお分かりですね。

女性にモテたいならモテている人たちと過ごす時間を増やすことです。

もちろん「モテる」の定義は人それぞれですから、自分が目指したいと思う「モテる男」についていくことです。

モテる男

相性も大事です。誠実で真面目な男性が「オラオラ系」の自称モテる男についていくのはかなりキツイものがあるでしょう。

1人の女性と信頼関係を築いてちゃんと愛のあるお付き合いをしたいのに、ナンパ師についていったらおかしなことになります(恋愛ゾンビ化)

そこの見極めは必要ですが、それでもモテない人がモテない男同士の群れにずっといるよりはるかにモテやすくなるでしょう

 

久しぶりに滾ってきた(笑)

思えばこういう刺激って久しぶりなんですよね。

今年はかなりウチにこもってましたし。

コロナの影響もあってひたすらPCとスマホをポチポチやってるだけの日も多かったです。

 

まあ、ウチにこもっていたと言っても、LOSでの活動に加えて

  • 起業家仲間たちと無人島でサバイバルしたり
  • 嫁と一緒にウインドサーフィンに挑戦したり
  • 1泊2日でガッツリとテニスしたり
  • オンラインでの講演会を依頼されたり
  • 友人たちとBBQしたり

アクティブな毎日を送ってたけど、なんていうかこう・・・マンネリ感があったんですね。

でも今回みたいにめちゃくちゃ稼いでる人と常に行動をともにするとビシバシとモチベーションが湧いてきますね。

心から純粋に「もっと稼ごう」と思えました。

 

ここまで混じりっ気のない純粋な「稼ぎたい」という欲求は本当に久しぶりだと思います。

自己啓発のセミナーに出て「うおー!!稼ぐぞお〜!!!」となっている状態ではなく、もっと心の奥底で静かにメラメラと炎が燃えているイメージです。

今の生活に普通に満足してましたし、普通にシアワセな毎日を送っているからこれ以上稼ぐ“必要”は特になかったんですけどね。

やっぱり稼いでる人たちとガッツリ関わると自然と「稼いでいる状態=当たり前」に近づいていくことを実感しますね。

 

話が難しいなと思った方は最後に沖縄の写真でもどうぞ(笑)

さて、普段はあまりお金の話をしない僕ですが、今回はお金の匂いがプンプンする話でしたね(^_^;)

今回の話が難しいなと感じた方、あまりピンと来なかった方、成功なんてしなくても普通のシアワセが手に入ればそれで満足だよという方々のために沖縄の写真をアップしておきます。

ぜひ気分だけでも沖縄に浸ってください(笑)

ちなみに今回はGoToキャンペーンを使ったので5泊6日にも関わらず、往復の航空券込みでなんと実質11,000円で滞在できました。

↑こういうのもちょっと手間をかけて調べるか調べないかで大きく結果が変わる情報なわけです。

「よくわからんからまあいいか」としているうちは成功を目指すのは厳しいと言わざるを得ませんね。

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人