この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

既読無視されてしまうLINE例第6弾!

「素直さがかえってアダとなる」。

 

 

既読無視されてしまうLINE例【6】素直さがかえってアダとなる

あなたは素直な人間ですか?


まあ、タイトルから察するに「イエス」とは答えたくない気持ちもあるでしょうが、もちろん、素直であることは素晴らしいです。

素直さは男としての魅力を磨いていく上で絶対に必要な最強のスキルだと僕は思っているくらいです。

しかし、時としてこの素直さが仇となってしまうこともあるのです・・・。

これも「好意の返報性」について話したことと関連してくるのですが、モテない男性ほど気になる女性からメールやLINEが来ると、メッセージの内容に関わらず、もらったことが嬉しいです、というオーラ全開になります。

 

たとえば、合コンで知り合った女性に対して、初めてLINEを送ったとします。

 

「○○ちゃん、お疲れ!

今日の飲み会は楽しかったね

 

特に途中で山田が提案したゲームはヤバかったよね(笑)

○○ちゃんはけっこうゲームとか好き?

 

これからよろしくね^ー^」

 

かなり普通の内容ですが、最初のメッセージとしてはこれで十分でしょう。

 

すると、しばらくたってから、

 

「おつかれさまー

今日は本当に楽しかったよね。

特にあのゲームは・・・w

 

うん、ゲームはけっこう好きだよー」

 

と相手から返ってきました。

 

ここまではいたって普通のやり取りです。

なんの問題もありません。

 

しかし、多くの男性というのは、相手が自分好みの女性であった場合、返事が来たことに対する嬉しさのあまり、こんなふうに返してしまいます。

 

「へー、そうなんだ。

俺もけっこうゲーム好きなんだよ

 

てか、○○ちゃんから返事が来てめっちゃ嬉しいわ。

返事来ないんじゃないかと思ってたから」

 

嬉しさのあまりついついこのようなLINEを送ってしまいます。

素直ですよね。

感情表現が豊かなのもいいことだと思います。


しかし、これでは相手に「私はあなたのファンです」と言っているようなもの。

 

心の中でガッツポーズを決めるのはあなたの自由ですが、それを相手に知られてしまうと一気に相手の中でのあなたの価値が下がり、立場が弱くなってしまいます。

 

たとえば、AKB48やももいろクローバーのメンバーがファンの男性と交際関係になることがあると思いますか?

 

・・・ファンはファンであって、それ以上でもそれ以下でもありません。

恋愛対象になることは決してないのです。


たとえあったとしても天文学的な確率の低さでしょう。

 

彼女達が実際に付き合う男性というのは、同じような立場、たとえばアーティストだったり芸能人だったり、あるいはテレビ関係の仕事をしている人が多いです。

 

つまり、自分と同じかそれ以上のレベルにいる男性と付き合うということ。

 

だから、相手に対して憧れを抱いていたり、ファンのように追いかけてしまっては、恋愛にまで発展することは99.99…%ありえないことなんです。

 

たとえ心の中で彼女に対して憧れていたり、好意を持っていたりするからといって、それは心の中だけにとどめておかなければなりません。

 

それを表に出して、相手に好意が丸わかりな状態になってしまうと、その女性はあなたに対して急速に興味を持たなくなりますから。

 

というわけで、返事をもらえて嬉しい、なんて内容のメッセージは送らないでくださいね。


「嬉しいと思うな」と言っているのではありません。

人間ですから、うれしい時はうれしい。

それでいいのです。

 

しかし、それをまだ出会って間もない段階で相手の女性に察知されてしまうとまずいですよ、という話をしています。

だから、嬉しさのあまりついつい先ほどのようなメッセージを送りそうになっても、そこはグッとこらえてくださいね。

ちょっと我慢するだけで彼女が手に入るなら安いものでしょう。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI

 

 

 女性に既読無視されてしまうLINE例 人気記事まとめはこちら