靴をはく女性

こんにちは。

オトメゴコロ研究所の早乙女です。

 

もしかして、あなたはこんな風に悩んでいませんか。

 

「感情表現が苦手で、好きな女性にどうアピールすればいいか分からない」

「どんな恋愛表現をすれば女性に喜んでもらえるのかさっぱり分からない」

 

もし、あなたに好きな女性がいるのなら、その女性に対してなんらかの恋愛表現をしてアピールしなければ、彼女との距離が縮まることはありません。

 

そこで、今回は恋愛ベタ男子でも今すぐできる「女性に好かれる表現のコツ」を3つに絞ってご紹介します。

 

 

 

 

女性が頑張っているところを褒める

女性が頑張っているところを褒めるのは、とても大切な恋愛表現です。

なぜなら、女性は自分が頑張っていることを褒められることに、敏感に反応したり、すごく喜んだりするだからです。

 

男性とはちがい、女性はオシャレやスタイルキープ、美肌対策など、自分磨きに余念がありません。

自分が日ごろ頑張っていることを褒められると、うれしいと思うのは当然ですよね。

そして、この人はちゃんと自分の頑張りを見ていてくれているんだと、逆にあなたのことを意識するようになります。

 

さらに彼女が身につけているアクセサリーやネイル、服やバッグなどを褒めるのはとりわけ効果的です。

 

夜の仕事で、お客の男性達から褒められることに慣れてしまっているキャバ嬢達によれば、「可愛い、スタイルが良い」はありきたりで何とも思わないが、ネイルやピアスなどのアクセサリーを褒められると嬉しいと言います。

 

なぜなら、そういったファッションアイテム選びは、自分のセンスをアピールするもので、自分の頭であれこれ考えながら決めています。

自分で考えて選んだものを褒められると、自分自身の努力を褒められたようで嬉しくなるといいます。

 

また、ネイルをするのにもお金がかかります。

それゆえ、ピアスや小物などのアクセサリーや服、ネイルを褒めることは有効な恋愛表現なのです。

 

「そのネイルの可愛いね、デザインが春っぽくて良い感じ」

「いつも、どこでやってもらってるの?」

「ピアスに付いてる石が大ぶりでキラキラして、すごく○○ちゃんに似合ってるね。」

「どこで買ったの?」

 

恋愛表現ベタで悩んでいるのなら、まずはこんな感じで女性が頑張っているところを褒め続けることからはじめましょう。

 

 

女性に感謝の気持ちを言葉で伝える

もしかして、「そんな当たり前のことを言われても・・・」とがっかりしていませんか。

 

そんな事を改めて言われなくても、普段から言っているよ!と思われた方もいるかもしれませんね。

 

ですが、これはすごく重要なことなんです。

なぜなら、男性が伝えているつもりの感謝の気持ちは、たいてい女性にうまく伝わっていない、もしくは女性の側からすると物足りないことが多いからです。

 

女性に感謝の気持ちをちゃんと伝えるには、男性が思っている以上にオーバーに伝える必要があります。

女性は、やや過剰気味な感謝のリアクションを取ってくれる男性の姿を見て、「彼も喜んでくれているんだ」とはじめて納得するのです。

 

ですから、感謝の気持ちをしっかり言葉で、彼女へ伝えましょう。

 

「僕は無口でシャイだから、感謝の気持ちをあらたまって言葉に出していうのがはずかしい。無口な男というのもある意味、個性」だと思っているのなら、イタイ勘違いなのですぐにあらためましょう。

 

シャイなのと礼儀知らずはまったく別物です。

 

たとえば、最初は何気ないことに対して、一言、ありがとうと言うだけでもいいです。

 

「○○ちゃんと話してると時間が経つのが早く感じる、すごく楽しい。ありがとう」

まずは、こんな感じで感謝の気持ちを伝えてみてください。

 

ただし、それを毎日何回か言うことを続けることが大切です。

もちろん、同じ内容の感謝を繰り返してばかりでは飽きられるので、いくつかバリエーションを用意して感謝の気持ちを伝えてください。

 

毎日続けていることで、最初は「お礼を言ってくれてうれしいな」という女性の気持ちが、だんだん、「こんなに感謝されるなら、この人のためにもっと何かしてあげたい」と思うようになるからです。

 

すると、あなたはさらに丁寧にありがとうの気持ちを伝える。

ますます彼女はあなたのために・・・まさに恋愛における正のスパイラルですね。

 

だから、女性に対して、感謝の気持ちを言葉に出してしっかり伝えるべきなのです。

 

(追伸)

「そうか、感謝の気持ちを伝えるのが大切なのか!」と思い立って、何に対してもいちいち感謝の気持ちを伝えればいいという訳ではないので気を付けてくださいね。

 

例えば、

「今日はデートに来てくれてありがとう」

「僕のメールに返信してくれてありがとう」

などなど。

 

これって対等な関係の男女の間なら、あって当然のことですよね。

これでは感謝の気持ちを伝えているのではなく、ただただ彼女にへりくだっているだけになってしまいます。

 

もし、彼女がものすごく忙しい中で、わざわざあなたとのデートの時間を確保してくれたというのなら、「今日はわざわざデートの時間を作ってくれてありがとう」と伝えるべきです。

 

ですが、そうでないなら「へりくだる」のではなく、彼女のあなたに対する思いやりの部分、+αの部分に感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

その+αの部分がどんなに小さなことでも感謝の気持ちを伝えると、彼女の心にあなたの言葉が響きます。

 

 

女性に手作り料理を振る舞ってあげる

恋愛表現、愛情表現の苦手な男性におすすめしたいのが、料理を作ることです。

 

なぜなら、女性は料理ができる男性をともてかっこいいと思うし、自分自身が料理を振る舞われることをとても喜ぶからです。

 

普段、女性は料理を自分で作る、または、自分が作った料理を他人に振る舞うことはあっても、自分のために料理を作ってもらうことはほとんどありません。

だから本当は、自分も誰かが作ってくれた手作り料理を食べてみたいと思っているのです。

 

外食が多い女性なら、よりいっそう手作り料理をともて喜んでくれることでしょう。

 

朝のテレビ番組の人気コーナーでも、芸能人の速水もこみちの料理コーナーがとても人気です。

しかも、かれは料理本まで出していますよね。

 

料理コーナーを担当するまで、人気は後輩の水嶋ヒロに押され気味でしたが、料理コーナーを始めてから人気に火がつきました。

 

女性の為に料理を作ることは、女性に喜んでもらうための恋愛表現のほかにも、男性にとって大きなメリットがあります。

料理を作って振る舞うという名目であれば、自然と自分の家に彼女を招くこともできてしまうからです。

 

まさに、一石二鳥ですね。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

「女性の頑張っているところを褒め続ける」

「女性に感謝の気持ちを言葉で伝える」

「女性に手作り料理を振る舞ってあげる」

 

この3つは今すぐ始められる簡単なことばかりです。

ただ、最初は褒めることと感謝の気持ちを伝えることから始めて、ある程度、関係性が出来てから料理を作ってあげると誘ってあげましょう。

 

普段から恋愛表現に慣れていないため、女性にこの3つのことを言って大丈夫だろうかと心配な方もいるかもしれませんが、不安に思う必要はありません。

どれも、彼氏ではない、ただの友達のあなたが言ってもまったく不自然ではありません。

 

何度も言いますが、あなたの気持ちは言葉に出して相手に伝えないと絶対に伝わりません。

また「好きだ」と伝えることだけが恋愛表現ではありません。

 

まずは「相手を褒め続ける」「感謝の気持ちを伝え続ける」ことから始めて、ただの友達、知り合いというポジションから、女性がつい、あなたを意識してしまうというポジションまで引っ張りあげましょう。

 

ここまでの内容で恋愛表現に少し自身が持てたけど、もっと女性心理を揺さぶるような深いノウハウを知りたいという方は、必ず所長アプリの無料で学べる14日間恋愛集中プログラムを読んでおいてください。

「好きだ」という最後の恋愛表現はそれからです。

 

 

PS

 saved_quote_image_425338

イマドキ女子大生のホンネを聞き出したインタビュー音声厳選8個を今だけ無料公開!

上辺だけのテクニックだけでモテない原因の全てがわかります。

これらの音声はいつまでも公開できるか保証できませんので、お早めに手に入れてください。 

※18歳未満の方や女性の方の登録はご遠慮ください