この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

 

よく、女性はガツガツしている男性を嫌うとか、がっついてくる男にドン引きするだとか、余裕がない男に魅力を感じないとか言われます。

 

しかし、その一方で、「 女性を落とすには押して押して押しまくれ!」なんて言う人もいます。

 

一体どっちやねん!と。

これ、別にどっちが正解で不正解というわけじゃなくて、どちらも正解だし、どちらも間違いなんですね。

 

 

恋愛でガツガツと押す男が嫌われる理由

たとえば、もし仮に芸能人ばりのイケメンがいたとして、そんな男性が女性に対してガツガツ押しまくるとどうでしょう?

面食いの女性であれば、絶対に嬉しいわけです。

 

しかし、その一方で、言い方は悪いですが、面食いと呼ばれる女性はたいていレベルが高くないことが多い。

なぜなら、レベルの高い女性、美人な女性、スタイルのいい女性というのは、常に周りに男がいるから。

周りに常に男がいるということは、もちろん、中にはイケメンも当たり前のようにいるということになります。

 

 

だから、別にイケメンにアプローチされても普通だし、いろんな男にアプローチされまくっているわけだから、同じようにアプローチされても見向きもしない。

 

ガンガン押して押して押しまくる、というのも、最初のステップとしては非常に大事なことですが、どこかで行き詰まってしまうんですね。

 

なんだかんだいっても、ガツガツしている男ってのは余裕がないように見られてしまいますから。

「遊ぼうよ、遊ぼうよ」と目をギラギラさせて連絡先を聞き出し、片っ端から女性を誘いまくる。

僕にもそんな時期がありました。

 

もちろん、それで何人か女性をゲットできたこともあるので、それが必ずしも間違っているわけではありません。

むしろ最初はそうやって自信をつけていくのもアリだと思います。

 

が、このやり方だとどうしても限界があるんですね。

余裕がないってことは、自分より価値が低いってことですから。

 

 

だって、自分よりレベルの低い相手に余裕を持って接することって難しいですか?

 

たとえば、上司が部下に対して余裕のある態度で接するのって決して難しいことでないと思います。

先輩が後輩に対して余裕を持って接することも簡単なことですよね。

 

それと同じで、余裕がない=自分より立場が低いというふうに見られてしまうのです。

 

そして、女性は本質的に、自分と同じかそれ以上の男を求めますので、自分より立場が低い男に興味は持たないのです。

 

 

スマートな対応の方が好印象

結局ガツガツいって、そのまま女性とエッチできてしまう男性というのは、その他の要素で最初から女性よりも立場が上なことが多いんですね。

立場と言っても別に身分をさすのではなくて、それこそイケメンだったり金持ちだったり何でもいいのですが、女性が価値を感じるような要素を持っている男性であればオッケーなのです。

 

だから、僕らみたいな普通の男が効率よく女性をゲットしようと思ったら、たとえばデート中に女性が、

 

「明日仕事があるから、そろそろ帰らないといけない」

 

と言っているのに、「いや、もうちょっとくらいいいじゃん」と言って無理やり終電を逃させようとする。

そんなことをやるよりも、「あー、そっか、じゃあそろそろ帰ろう」と言って送って行ってあげる。

 

こういうスマートな対応をしたほうが、女性からすると余裕があるように見えて好印象なのです。

 

 

僕が以前に買った「お持ち帰り術」なる教材には「なんとか引き延ばしてみよう」とか「誘うだけならタダだからとりあえずホテルに誘ってみよう」とか書いてあったのですが、それでうまくいったことはありません。

 

女性も余裕がない男と好んでセックスしたいとは思いませんからね。

 

そんなことをするくらいなら、そのときは普通に帰してあげて、余裕がある男としての印象を与えた上での次回以降のデートでいい雰囲気になるように持って行った方がはるかに確率は高いです。

 

焦らず、じっくりと余裕を持って行動する。

まさに急がば回れで、そのほうが結果的にはやく彼女をゲットできたりするものなのです。

 

 

なので、あなたがもし女性とデートに行く時や、連絡先を交換して誘うときには、常に余裕をもった行動をとるように心がけてください。

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI