3478855802_3b05212d84

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

先日、サークルの後輩の女の子と飲んでいるときにこんな話になりました。

 

アプ「サークル内で誰がカッコいいと思う?」

後輩「え、それは同期でってことですか?」

アプ「んー、じゃあとりあえず同期から行こうか(笑)」

後輩「いや、同期はナイですw」

アプ「マジかwえ、なんで?」

後輩「いや、だって・・・」

(しばらく同期がダメな理由が続く)

アプ「なるほどねー。じゃあもし同期にデートに誘われたらどうする?」

後輩「忙しいと言って断りますねw」

アプ「あー、出た。便利なヤツやんw」

・・・

 

何が言いたいか、勘のいいあなたならもう分かりますよね?

 

そう、女性は興味のない男性から誘われても

基本的に「忙しい」と言って断る生き物なんです。

 

この「忙しい」という断り方は男性との間に余計な摩擦を起こさず、

できるかぎり穏便に、かつ説得力のある断り文句として最高なんですね。

 

だって、「忙しい」と言われれば、

「あ、そっか・・・」となってそれ以上追求できないわけじゃないですか。

実際にスケジュール帳を見せてもらうわけにもいきませんよね。

 

いや、本当のことを言えば、

その場でスケジュール帳を出させるというテクニックはめちゃくちゃ効果的なんですが、

その話をしだすとキリがないので、今回は置いといて。

 

女性というのは、多くの男性に誘われる生き物です。

たとえ、平均レベルの女性でも日に何回アプローチされていることか。

その大変さは僕ら男性に理解できる日は一生来ないでしょう。

 

よっぽどのイケメンでもない限り、

1ヶ月の間に1人の女性から誘いを受けたら

それでガッツポーズものじゃないでしょうか?

 

基本的に男が女を誘うことはあっても、

女が男を誘うことは滅多にないのです。

 

その辺、世の中ってうまくできてるなーと関心してしまうのですが、

そんなどーでもいい話が聞きたいわけじゃありませんよね。

 

とにかく、女は男に誘われる生き物だってこと。

 

それこそ、僕らが理想とする最高にイイ女ってのは

毎日のように男性からアプローチを受けています。

 

彼らの誘いをイチイチ丁寧に断っていたら身が持たないんですよ。

 

だから、

「最近忙しいから、また連絡するね」

という決まりきったテンプレートで誘いを断るのです。

 

ちなみに、99.99%、「忙しい」ってのはホンネじゃありません。

 

どんなに忙しく働く女性だって、

1ヶ月間、毎日仕事をしているわけじゃありませんし、

本当に好きな男に誘われたら何が何でも予定を空けようとするからです。

 

これ、大事なことなのでもう一度言いますね。

基本的に女性は仕事や友達よりも恋愛を優先する傾向にあります。

 

自分が惚れている男性からの誘いであれば、

他の予定を押しのけてでも会おうとする生き物なんですよ。

 

だから、ぼくら男は彼女達に、

他の予定よりも優先して会いたいと思ってもらえるような男にならないといけません。

 

他の予定よりも価値のある、そして他の誘いよりも価値のある、

そんな時間を提供してあげられる魅力的な男にならないといけないんですね。

 

そのような女性にとって価値の高い男になることさえできれば、

  • 平日の夜に誘おうが
  • 仕事で疲れていようが
  • 次の朝早かろうが
  • 他に予定が入っていようが
  • いきなり電話で「会おう」と言おうが

必ず女性はデートの誘いを受け入れます。

 

それが女性という生き物であり、

女性の恐ろしいところでもあり、

そして、恋愛の面白いところでもあるのです。

 

魅力的な男の前では、女性は「忙しい」だなんて

テンプレートでデートを断ることなんて一切なく、

何がなんでも会いたいと思ってしまいます。

 

あなたも、女性にそんなふうに思わせられるような

魅力的な男になることに興味はありませんか?

 

どんな高飛車な女性もあなたの前ではニャンニャン言っている、

そんな価値の高い男になれたら人生楽しいと思いませんか?

 

もし、「イエス」なら僕のプレゼント付き無料メール講座に登録しておいてください。

 

イマドキ女子大生のホンネを聞き出したインタビュー音声厳選8個を今だけ無料公開!

上辺だけのテクニックだけでモテない原因の全てがわかります。

これらの音声はいつまでも公開できるか保証できませんので、お早めに手に入れてください。 

※18歳未満の方や女性の方の登録はご遠慮ください

 

あなたが女性に求められるような魅力的な男に生まれ変わるための、

「入り口」となることでしょう。

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて

ありがとうございました。

 

APPLI