この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

けっこう前ですが、以前にこんな記事を書きました。

 

 

この記事の結論としては、恋愛経験が少ない草食系男子は、嘘をつかないほうがいいということを話しました。

(詳しいことは記事を読んでください)

 

しかし、それでもやっぱり男って見栄を張りたい生き物だから、経験人数や交際人数を聞かれたときについ嘘をついてしまう気持ちはよく分かります。

 

 

なので、今回はどうしてもなかなか恥ずかしくて自分が今まで女性とあまり付き合ったことがないことを打ち明けられない人向けに、どうすればいいのかを解説していきたいと思います。

 

 

童貞が経験人数を聞かれた時にはなんと答えればいいのか

んで、嘘をつくと色々と問題が生じる、でも、だからといって自分の経験の少なさは何としてでもバレたくない。

 

そんなときの対処法が、偽物の彼女を作るということです。

 

偽物の彼女を作る。

たとえ、今まで一度も女性と付き合ったことがない童貞だったとしても、付き合ったことがあることにして、経験人数も数人程度だという設定を作るということですね。

 

ただし、しっかりと作りこむ必要があります。

細かく聞かれたときにボロが出ないように、ウソをウソで塗り固める必要があるのです。

 

そもそも、嘘をつくのが苦手な人は、もう正直に言ってもらった方が早いと思うんですが、意地でも言いたくない、って場合は嘘を突き通さなければなりません。

 

 

だから、何を聞かれてもいいように、ちょうどアイドルが自分のキャラクターを完璧に貫くがごとく、設定をしっかり整えて準備しておかないといけないんですね。

もう完璧!と思えるくらい作り込んでください。

 

たとえば、

  • どういう経緯で付き合ったのか?
  • 彼女はどこに住んでいたのか?
  • デートはどこに行ったのか?
  • 月に何回くらい会っていたのか?
  • どういう容姿なのか?
  • どんな趣味を持っていたのか?
  • 年齢は?
  • 1番の思い出は?
  • なぜ別れたのか?
  • 仕事は何をしていたのか?
  • 何人目の彼女か?

恋愛話になれば、確実に聞かれるようなことは徹底的に回答を用意しておかないといけません。

 

ここまで用意すれば何を聞かれても大丈夫でしょう。

 

コツとしては、うまくいかなかった初恋の女の子と付き合ったことにして、それをベースに設定を整えるということですね。

0から適当に作るよりは、実在する人物だからイメージが湧きやすいじゃないですか。

 

 

それで、そこまで作り込んだら、本当にそれで大丈夫か?

男友達相手にでも試してみてください。

最近どうよ?みたいな話から入って、徐々に恋愛話に持って行くんですね。

この流れは、そのまんま女性と恋愛話をして心を開かせるのにも使えますから、きっといい練習になると思いますよ。

 

そして、何を聞かれても大丈夫だったら、今度は実際に女性の前でも同じようにウソをつくのです。

 

なんだか、ウソウソ言っていて、気持ち悪いんですが、ウソも方便ですからね。

 

たとえ最初は抵抗があっても、それで実際にその女性とSEXすることができれば、もうそれはウソでなくなっていきますよね。

 

3人くらい抱いたころには、ウソをつく必要がなくなるのです。

 

いつまでたってもウソをつき続けなければならないなんて、それこそツラいだけですから、今回の内容を踏まえて、女性に「経験のある男」という印象を与えましょう。

 

そして、本当にその女性とヤッて、経験のある男になっていきましょう。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。


APPLI