この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

 

今日はボディタッチを意図的に増やすということです。

 

手に触れたり、肘をぶつけたり、肩があたったりなどのライトなものから、手をつないだりキスしたりセックスしたりなどのディープなものまで、時とタイミングを見計らってボディタッチの頻度と重さを増やして行くのです。

 

ディープなものまで含めるなら、ボディタッチというよりも、スキンシップと言ったほうが近いでしょうか。

 

 

スキンシップを増やしていく理由

とにかく、女性にモテる男がやっていることと言えばこれくらいです。

ボディタッチ・スキンシップを増やして行くだけ。

告白なんかしません。

 

告白することによって 「好き?嫌い?」の2択を迫るんじゃなくて、気づいたときには相手の女性が自分を好きになっていたという状態を作るんですね。

 

スキンシップが増えてくると、それに比例して女性のほうも、あなたのことを男性として意識するようになってきますから。

 

極端な話、付き合う前にセックスしてしまえば、付き合う・付き合わないもこちらで自由に決めることができるってことです。

 

 

そして、あなたが思っている以上にそうやって付き合っているカップルは多いです。

モテる男なら例外なく、こういうやり方で好きな女性と付き合っています。

 

もう付き合う前に行けるところまで行ってしまうんですよ。

 

そうしたら、わざわざ言葉で確認するまでもなく、相手の好感度を測ることができますから。

 

だって、セックスまでしておいて、「好きじゃない」なんてことはありえないでしょう。

男女の関係って、究極的には肉体関係ですからね。

 

だから、逆転の発想なのです。

「普通は告白してから手をつないだりキスしたり家に呼んだりするもの」

という思い込みが多くのモテない男性にとっては強いですから。

 

でも、実際は全然そんなことないんですね。

これは一度でも経験したことのある人ならスッと入ってくると思います。

 

もちろん、だからといって、ベタベタ女性に触れるような行為はナンセンスですよ。

 

やるんだったらうまくやらないと。

 

たとえば、ちょっと女性が自分のことをからかってきたときに、「何言ってんだよ」と肘で相手の小腹をつついたりグーで軽く肩を小突いたり、肩と肩をぶつけたりですね。

 

できるかぎり自然な状態でやること。

 

これが非常に重要なポイントとなります。

不自然に触ってしまうと女性も「怖い」と思ってしまいますからね。

 

 

逆の立場になって考えてみてください。

 

もしあなたが大男と二人きりのときに、いきなりその男がベタベタ触ってきたらどうします?

身の毛もよだつ思いをすることでしょう(笑)

 

女性は生物学的にも男と比べて弱い存在ですから、いざとなると何も抵抗することはできません。

だから、男性が思っている以上に警戒心を抱く生き物なんです。

 

 

女性に警戒心を抱かせることなくボディタッチをする方法

じゃあ、どうすれば自然に警戒心を抱かせることなくボディタッチができるのかというと、それが先ほどのツッコミを入れるときに加えて、これから触る部位を指摘してから触るのがちょっとしたコツです。

 

たとえば、手を触りたいんだったら、「指細いね、ピアノでもやってた?」などと言って指を触れば自然ですよね。

あるいは、

 

「手ちっちゃくない?ちょっと比べてみようよ」

 

と言って、手と手を合わせれば、下心を丸出しにすることなく、ボディタッチが達成できちゃいます。

 

そして、そのまま、

 

「恋人つなぎするならこっち?それともこっち?」

 

などと言って、指と指を絡めてみましょう。

 

女性が特に嫌がるそぶりを見せなければ、適当に、

 

「じゃあ、今日は1日このままで」

 

と冗談っぽく言えば、手をつなぐことだって簡単にできるのです。

 

もちろん、相手が拒否してきたり嫌がるそぶりをみせたら、一度仕切り直しましょう。

 

ガツガツしてると女性に思わせないためです。

 

とにかく、大事なことは触る部位を指摘してから触るということ。

触る口実なんて適当に作ってしまえばいいのです。

 

ぜひ一度自分で指摘の仕方を考えてみてください。

 

 

「いや、そんなこと言われてもなかなか思いつきません。」

 

そんなあなたのために、

  • 手をつなぐときにも
  • 肩を抱き寄せるときにも
  • 後ろから抱きしめるときにも

使える一言を最後に教えて終わりにしようと思います。

その一言とは、、、

 

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

 

 

「デートっぽくしようか」です。

 

これなら触る部位を指摘するまでもなく、女性にデートであるということを意識させると同時に心の準備をさせることができます。

 

そして、女性が「え?」と聞き返すか返さないかのタイミングで、手をつなぐなり抱き寄せるなり抱きしめるなりすればいいのです。

 

そうすれば女性に警戒心を抱かせることなくリスクのある行動をとることができます。

 

これ、かなり汎用性が高いセリフなので、ぜひ使いこなせるようにしてみてください。

 

いかに有効かはいくら言葉で説明しても実際に使ってみないことには分かりませんから。

 

ここぞって場面では使ってみましょう。

 

あなたが思っているよりもはるかに簡単に女性と付き合うことができるようになりますよ。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI