この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

 

今回は女性にモテない男の特徴6選ということで、こんな特徴を持っている男はモテないというテーマで話していこうと思います。

 

聞いていて耳が痛いかもしれませんが、余計なミスをして好きな女性の好感度を下げないように気をつけましょう。

 

中には本当に些細なものもありますが、そういった些細なことに気を遣える男こそが、真に魅力的な、女性にモテる強い男となるのです。

 

 

女性にモテない男の特徴6選

では、話をしてきますが、女性にモテない男の特徴は以下の6つです。

 

  1. 恰好をつける
  2. 草食っぽい(笑)
  3. 信念がない
  4. まだ仲良くないのに彼氏気取り
  5. モテるために優しくしてもモテない
  6. 強い者に弱く、弱い者に強い

 

この6つですね。

もう、この時点で「あー、これはモテないだろうな」という感じがしていますね(笑)

だからといって、これで終わりなんてことはなく1つずつ解説していくので、そこは安心してください。

では、具体的な話に入っていきましょう。

 

 

恰好つける

というわけで、まず1つ目が、格好をつける、ということです。

 

これには賛否両論あると思うのですが、あくまでも僕がこれまで見聞きして、実際に経験してきたことをベースに話していこうと思います。

 

んで、ここでいう格好をつけるとはどういうものかというと、たとえば、知ったかぶりなんかがいい例ですよね。

 

 

知らないようなことも知っているようなフリをする。

これが知ったかぶりです。

 

全く興味もないのに、「美味しい高級フレンチの店知ってるから、今度そこ行こうぜ」と言ってみたり。

 

全然知らない話題でも「あー、あれね。いま流行っているよねー」などと冷や汗を書きながら女性と話を合わせたり。

こういうことをやめましょうってことです。

 

僕も昔からこの知ったかぶりをする傾向があって、まだ全然モテないヘタレ草食系男子だった頃は、よくやってしまってました。

 

あれは、サークルの飲み会が終わった後かなんかに、気になる女子とたまたま一緒に帰ることになったんですが、好きな映画の話題で少し盛り上がったんですね。

でも、その子が出した映画の名前、今でも覚えてないくらいに僕にはさっぱり分かりませんでした。

 

にもかかわらず、僕は知ったかぶりをしてしまったんですね。

「あー、なんか聞いたことあるわ」

みたいな感じで。

 

いま思えば非常にもったいないことしたなと思います。

 

MOTTAINAI

 

なぜかって、何でもかんでも知っている男のほうが、そりゃモテやすいんでしょうけど、でも別に知らないからってマイナスにはなりません。

 

今の時代、グーグル先生より偉いヤツなんていませんからね。

あなただってグーグルからここに来たのかもしれませんし。

 

まあ、それはいいとして。

 

もしここで僕が普通に知らないってことを告げていれば、どんな映画で、どんなところが好きで、どんな人が主演なのか?

こういうふうに話を掘り下げていくことができたはずです。

 

しかし、そこで知ったかぶりをしてしまったがために、それ以上、踏み込んで聞くことができなくなってしまったんですね。

 

もし、ここで知ったフリなんてせずに、いろいろと教えてもらっていれば、

「じゃあ今度DVD借りて一緒に見ようよ」

という流れになったかもしれないのに・・・。

 

 

というわけでですね、絶対に格好つけて知ったかぶりはしないでください。

 

ただ、誤解があってはいけないので、少し注意をしておきますが、格好をつけること自体は決して悪くありません。

格好付けるなと言ったり格好付けろと言ったり、一体どっちなんだよ!と思うかもしれませんが、まあ少しだけ落ち着いてください。

 

いいですか。

 

多くのモテない男は自分に自信がありません。

 

「俺なんかが彼女を誘ってもいいものだろうか・・・」

 

こんなふうに考えてしまいます。

実際に昔の僕もそうでしたから。

 

しかし、こんなふうに考えていては、どんなにイケメンであってもモテるようにはならないのです。

 

そりゃそうですよね。

 

自信がないのに女性にアプローチするということは、つぶれかけた中古車を友達に黙って売りつけるようなものです。

 

絶対に売れないし、たとえ売れてもすぐに返金を要求されるでしょう。

つまり、絶対に女性を口説き落としてセックスできるようになんてならないし、たとえ、セックスできて付き合えたとしても、すぐに別れてしまうということです。

 

だから、僕らがやるべきことは自信をいかに100%に近づけるかにかかっているのですが、自信があること≒格好をつけることです。

 

ほぼ同義なんですね。

 

なので、世間的にナルシストとか自信家とか呼ばれている人たちはイメージはたしかによくないですが、でも実際には女性にモテていることのほうが多いのです。

 

 

だいたい、せめて自分で自分のことを格好いいと思ってやらないと、誰が自分のことを格好いいと思って、好きになってくれるんですか?

という話なのです。

 

結局はバランスが大事ってことですが、じゃあ、どうすればいいのか?

 

それは、格好付けるべきところは格好をつけて恰好付けなくていいところは気張らない、ってことです。

 

簡単な例をだすと、服装とか髪型にはめちゃくちゃ時間とお金をかける、身につけるものは割といいもので固めて、普段行く店もやっすい牛丼屋とかファーストフードは避ける。

 

これだけでも自分のセルフイメージはグンと上がりますし、知ったかぶりではなく、「本当に知っている」状態になれますよね。

 

まあ、いきなりそのような状態になることはできませんが、そこを目指して頑張りましょうってことで。

 

そして、人生で経験できることは限られているので、自分の知らないことがあったら知ったかぶりはやめて、教えをこうようにしましょう。

 

「今度そのことについて詳しく教えて」とでも言えば、デートに誘い出すことだってできちゃいますから。

 

いいですか。

 

  • 格好つけて知ったかぶりはやめよう
  • 格好のつく男になろう

 

この2つを意識してください。

 

特に後者はこれから先の長い人生を考えたときに、あなたが思っている以上にプラスになりますよ。

 

 

草食っぽい(笑)

とりあえず女にモテたいなら草食系男子ではダメです。

残念ながら、草食系男子はモテません。

 

一生ずっと一人、家のパソコンの前でオナホール片手にシコシコやっていたいなら別に草食系男子でもいいと思いますが、そんなの嫌ですよね?

嫌じゃないならもうさっさとウィンドウからこの画面を消し去って欲しいのですが、嫌だと思うのなら、草食系男子は早く卒業しましょう。

 

じゃあ、草食系男子の何がダメなのか?

 

たしかに女性は好きなタイプを聞かれると「優しい男」とか「真面目な男」とか、そんなふうに答えます。

しかし、実際に付き合っているのは、オラオラした肉食系男子のほうが多かったりするのです。

 

で、その理由は長くなるのでここでは詳しく話さないのですが、草食系男子の何がダメかというと、なよなよしていて女っぽいところです。

耳が痛いですか?

大丈夫です。こんなの意識すればすぐに改善できますから。

 

女っぽいと言っても、別に甘い物食べちゃいけません、とか、そんなしょーもないことを言うつもりはありません。

 

なよなよしていて、女っぽいというのは具体的には、

  • 店でメニューがなかなか決められない
  • デートで行く場所を女性に決めさせる
  • 言葉遣いが弱々しい
  • 責任をとるのが嫌い
  • 自分の意見を言えない
  • ひどいことをされても怒ることができない
  • リーダーシップのかけらもない
  • ムダにおしゃべり
  • 声が小さい
  • 目を合わせられない

この辺りでしょうか。

 

どうですかね?

けっこう当てはまっているところが多い場合は意識して改善していく必要があります。

 

 

といっても全部を全部、すぐに変えることはできないと思うので、改善すべきポイントだけを挙げますね。

 

まず、これらに共通するのは、決断力がない、優柔不断ってことですよね。

 

あとは、責任感がない。

ボディランゲージが弱い。

 

といったところでしょうか。

 

だいたいこの3つに集約されると思います。

なので、この3つを意識して改善していってください。

 

たとえば、優柔不断なのであれば、もう自分の中で定番のパターンを作っておくということです。

メニューがなかなか決められないのであれば女性と飲みに行くときには、ビールしか頼まない、とか。

 

これ、僕もやってますよ。

最初はビールを頼んで、後は梅酒、というのを定番にしてます。

 

こんな僕でも男と飯食いに行ったり、飲みに行ったりするときは、それこそメニューが豊富な店だったらかなり長いこと悩みます(苦笑)

損したくないんですよね。

分かります。

 

でも、女性とデートしているときくらいは、そんなケチ臭いこと考えるのはやめましょう。

それで女性に嫌われてしまうことの方がはるかに損ですから。

 

それに、こうやって毎回同じものを頼むようにしていると、パパッと物事を決めるクセがつくので、結果的に決断力も上がりやすいんですよね。

一石二鳥です。

 

 

また、2つ目の責任感がない。

 

これは決断できないことと関連していると思いますが、世の中、本当に責任感のないヤツが多いです。

決断を全部人任せにして、それでうまくいかなかったら全部人のせい。

うんこです。

 

食事中だったらごめんなさいね。

でもソレ以外の表現が思い浮かばなかったので。

ボキャ貧め!というツッコミは遠慮してください(苦笑)

 

いや、本当に。

自分のことも自分で決められないでどうすると。

 

自分のことを自分で決められないってことは、自分の人生を人任せにしているのと同じですからね。

 

それで破滅しても誰も責任はとってくれませんし、実際に他力本願の意識で生きていると、そうやって破滅して行く人も多くないです。

 

自分の人生に責任を取れるのは自分だけ。

よーく覚えておいてください。

 

 

そして、最後、ボディランゲージが弱い。

 

これはちょっと意識すればすぐに治せます。

猫背なら姿勢を正す、意識して目を合わせる、お腹から声を出す。

意識してください。

 

人間、すぐに忘れてしまう生き物ですから、意識してないとまた元の自分に戻ってしまいます。

 

でも、逆に言えば、他の人がなかなかできていない、とも言えるので、ちょっと意識すれば誰にでもできるようになります。

本当にこれらを意識しだしただけでもモテだした男はいっぱいいるので、ぜひあなたもやってみてくださいね。

 

 

というわけで、3つ。

 

  • 優柔不断なら毎回同じものを選ぶ
  • 自分の人生には誰も責任をとってくれない
  • ボディランゲージを意識して改善する

 

これらのことを忘れないようにしてください。

たったのこれだけでも女性があなたを見る目が格段に変わりますよ。

 

ぜひだまされたと思ってやってみてくださいね。

 

 

信念がない

信念がない男はモテない。

こういう見出しをつけているわけですが、なぜ信念がないとモテないのか分かりますか?

 

そもそも信念がないとどういう行動をとってしまうか、お分かりいただけるでしょうか?

 

たとえば、

  • 女性の言うことをなんでも聞く
  • 自分の意見をストレートに言うことができない
  • ハッキリ「NO」と断れない
  • いつでも迎えに行く
  • 自分で何も決めることができない

このような行動をとってしまうわけです。

これじゃあモテないのはなんとなく分かりますよね。

 

信念がないってことは自分の判断基準がないってことです。

 

人が「右」と言えば右へ行き、人が「左」と言えば左へ行く。

その先に崖が待っていて、「右だ!」と言った人に突き落とされるかもしれないのに、自分の判断基準がないばかりにその人のことを信じて疑う余地もありません。

 

だから、女性に「あーして」と言われればあーするし、「こーして」と言われればこーしてしまうのです。

 

そこで女性が愛想を尽かして離れて行ってくれるなら、まだ不幸中の幸いですが、もしも悪女に引っかかったら、どえらいことです。

キャバ嬢に入れこんでしまったり、結婚詐欺師に騙されてしまったり、その気もない女性にいろいろと貢がされたり・・・。

 

こういう悲惨な運命が待ち受けていないとも限らないのです。

 

そうでなくても、自分で何も決めることができず、「駅まで迎えにきて!」と言われたら断れずに行ってしまう。

それがあなたの思い描く理想の彼氏像、理想のカップル像なら、別にそれはそれでいいのですが、僕にはそんな男、ただの奴隷にしか見えません。

 

奴隷。

 

何の見返りもなく、ただただご主人様のために働く。

それが奴隷ってやつです。

 

誰もそんな身分に成り下がるために女性と付き合うわけじゃないですよね。

 

  • セックス
  • 彼女
  • セフレ
  • 愛人

 

何でもいいけど、こういう見返りがあるからこそ、僕ら男は頑張れるってものじゃないですか。

 

 

モテる男性になるために自分の信念を持つ

とにかく、信念を持たないと、こういう奴隷になりかねないということです。

 

信念と言っても難し考える必要はなく、たとえば、「いざってとき、女と仕事だったら仕事を優先する」というものだって立派な信念だと思います。

 

女性に言ったら反感を買うでしょうが、言わなければいいだけで、「は?当たり前でしょ?」って態度を貫くことです。

 

そうすれば、女性にいいように使われることはなくなるばかりか、むしろ、あなたが女性を振り回せるようになって、あなたの価値はグングン上がり、結果的にモテるようになるのです。

 

いいですか。

 

今はたいそれた信念を持つ必要はありません。

自分の信念は自分の成長とともに進化させていくものだからです。

 

とりあえず、現状で自分がしっくりくる信念を探してみてはいかがでしょうか?

 

そして、その信念を貫くことにかけては、女性よりも優先することを肝に銘じておいてください。

 

そうすれば、あなたもモテる男の仲間入りですよ。

 

 

まだ仲良くないのに彼氏気取り

まだ仲良くなっていないのに彼氏気取りで、マメにメールしたり、誕生日にプレゼントを送ったりする。

これは非モテの代表的な例です。

 

こういうのがなぜダメなのかは冷静に考えれば分かると思います。

しかし、目の前にかわいい女の子がいると、途端に男って生き物はその子のことが気になり始めるわけです。

 

そして、連絡先を交換できたその時点で、「ひょっとして俺に気があるのかも!?」と勘違いして、しょっぱなから重いメールを送りがち。

 

つまり、冷静になれなくなってしまうんですね。

その結果、彼氏でもないのに彼氏みたいなことをして、女性に無視されてしまうというケースをたくさん見てきました。

 

実際に昔は僕もやってしまいましたからね。

 

 

よく巷にあふれる恋愛ノウハウは、付き合う前と付き合った後の行動をごっちゃにしてしまっていることが多いです。

 

  • マメにメールしろ
  • 誕生日にはサプライズをしろ
  • 一途な男でいろ
  • 誠実な男がモテる
  • 優しい男を女は好きになる

 

どれも間違いではありません。

ただし、もうすでに付き合っていて彼女があなたを好きであれば、です。

 

まだ付き合ってもいない、好きでも何でもない男からこんなことされても「重い」という感想以外の何物でもないんですね。

 

そのどれもがすでに好きな人、付き合っている男性からされると嬉しいという属性のものなのに、勘違いして付き合う前にやっちゃうから、あえなく撃沈してしまうんですよ。

 

あなたが思っているよりもそういうノウハウって多いですからね。

気をつけてください。

 

たとえば、デートコースなんかもそうです。

 

夜景のキレイな高級レストランとか、映画館に水族館、遊園地にショッピング。

 

別にこれらがダメというわけではないですが、こういうところに行きたいなら付き合ってから行けばいいわけで。

 

女性を落としてセックスして付き合うのが目的なら、もっと効率的な方法があるのです。

 

 

じゃあ、どこへ行けばいいんだよ?って話かもしれませんが、それについては別途メルマガのほうで解説していますので、興味があれば登録しておいてください。

 

無料集中メール講座への登録はこちらから

 

 

モテるために優しくしてもモテない

よく女性に好みの男性のタイプを聞くと、「優しい男」というものが上位にあがってきます。

すると、多くの男性は優しい男がモテると思ってしまいます。

 

しかし、その一方で、彼女達が実際に付き合っている男は優しさの欠片もないろくでもないような男であることがほとんど。

いったい何が本当で何がウソなのか?

ワケが分からないと思います。

 

でも、なぜこんなことが起こるか分かりますか?

 

それは、男が考える優しさと女が考える優しさの間に大きな溝があるからです。

ここをちゃんと理解している男性は、女性が喜ぶようなことを繰り返して、上手にゲットしていくのに対して。

理解できていない男性は、ムダな優しさを振りまいて空回りしてしまい、女性に好かれるどころか、嫌われてしまうのです。

 

じゃあ、女性が考える優しさってのはいったい何なのか?

それは、女性によって個人差があるので、一概に「こうだ」とは言えません。

 

といっても、それじゃあ記事にならないので、ちゃんと「女性が求める優しさ」を見極める方法を教えようと思うので、安心してください。

 

 

真の意味での優しい男とは??

いいですか。

 

男はこうすれば女は喜ぶだろうとか、こう言えば女性は好きになるだろうとか、そんなふうに考えがちですが、そんな単純なものじゃありません。

 

そもそも、「自分は優しい」と思っている人も、究極的にはセックスという見返りがあるから優しくしているだけであって。

そんなものは優しさとは呼ばないんですね。

 

「いやいや、俺は優しい人間なんだよ!」と言う人も、絶対にセックスできないことが分かっている女性に対して、他の女の子と変わらず優しくし続けることができるでしょうか?

たぶん、多くの男性はできないと思います。

 

見返りを求めている時点で、それは優しさではなく「下心」なんですよ。

 

そして、あなたのそんな下心なんて女性からしたら見え見えです。

「どスケベ!」と心の中で思われていることでしょう。

 

 

じゃあ、女性に優しくしてはいけないのかと言われると決してそんなことはなくて。

ちゃんと女性が思い描く優しさを与えればいいんですね。

 

で、その女性が求める優しさを見極める方法ですが女性が好みのタイプに「優しい男」と答えたときに、たった1つの”ある質問”をするだけです。

 

この質問をするか・しないかで、その後、女性と仲良くなってセックスできるか・どうかが決まると言っても過言じゃないので、必ずやるようにしてください。

 

女性が求める優しさを見極めるある質問とは、

 

「どんなときに優しさを感じるの?」

 

です。

 

多くの男は優しくすればモテると思って、いろいろと女性に優しくするわけですが、そもそもその方向性が間違っていることがほとんどなんです。

 

しかし、女性がどういうときに優しさを感じるのか?

 

この質問でもう一段階掘り下げて聞くことで、間違った行動をとってしまうリスクがグンと下がるんですね。

これは何も「優しさ」に限ったことではなく、女性にタイプの男性を聞いたら、さらにもう一段階掘り下げるようにしてください。

効果的に掘り下げる方法の一つとしては、過去の恋愛話を聞くというものがあります。

昔付き合っていた男の傾向を掘り下げれば、あとはその傾向通りに行動すればいいだけなのですから、女性に”本当の”タイプというものが分かりますよね。

 

まあ、なんにせよ、あとは実践あるのみ、です。

 

ここではこれ以上詳しく語りません。

ぜひタイプの男を聞いたら掘り下げる、ということをやってみてください。

 

 

強い者に弱く、弱い者に強い

もうこれは女性にモテるモテない以前に、人としてどーかと思うのですが、たまにいますよね、こういう人。

 

弱い者にたいしては強気に出て、自分より強い人間に対しては、へこへこと媚びへつらう人間。

 

最悪です。

いっぺん死んだほうがいいんじゃないかと思うくらいに。

そういう態度ってすぐ女性に伝わりますからね。

もし自分の狙っている女性が同じ職場にいるんだったら、なおさら気をつけなければなりません。

 

きっと誰も見向きもしなくなるでしょう。

 

 

あとは、ほら、デートとかで女性と店に行くと。

そこで店員に対して強くあたる人って、やっぱり印象が悪いですよね。

怒鳴り散らそうものなら女性もドン引きです。

 

そこで逆に店員さんと仲良さげに話していたり、何かあるたびに「ありがとうございます」とか言っていると、思っている以上に好印象を与えることができるのに。

 

いずれにせよ、こういう器の小さい人間にはなるな、ってことです。

 

いいことなんて何一つありませんから。

やめてくださいね。

 

もはやこれ以上書くことがないんですが、どうしよう(笑)

 

あー、そうそう。

 

器の小さい、で思い出したけど、自分をアピールしたいがために、女性に対して自慢をする。

 

こういうのもNGです。

 

 

モテない男ほど自慢話をしたがる

モテない男ほど、気になる女性を前に自慢話をしたがるんですね。

ついついやってしまいがちですが、自慢なんかされても女性は楽しくありません。

 

自慢するくらいなら相手の自慢話を「うんうん」と聞いてやる方がよっぽど効果的です。

 

まあ僕だったらすかさず「うぬぼれてんなよw」とちょっと強めにツッコミを入れますが。

こうやって相手をいじる・からかうというのは非常に効果的です。

 

そもそも強いものに対して弱気になる人は、女性に対しても弱気になることが多いですよね。

なぜなら、女性を自分より「上」に見ているから。

 

だから、自分の価値を相対的に下げてしまうので、女性から見向きもされなくなってしまうのです。

 

そうでなくて、せめて女性と接するときくらいは女性より立場を上にするよう意識してくださいね。

 

もちろん、弱いものをいびるようなことをするんでなくて、”愛”を持って優しく、けなしてやってください。

それが本当にモテる男のたしなみってやつですから。

 

 

女性にモテない男の特徴6選~まとめ~

以上が女性にモテない男の特徴6選でした。

長くなったので、最後にもう一度まとめると、

 

  1. 恰好をつける
  2. 草食っぽい(笑)
  3. 信念がない
  4. まだ仲良くないのに彼氏気取り
  5. モテるために優しくしてもモテない
  6. 強い者に弱く、弱い者に強い

 

この6つでしたね。

色々と書きましたが、裏を返せばこの6つとは逆の人間になればモテるようになるということです。

もちろん、一筋縄ではいきませんが日々、精進ということでモテる男を目指していってください。

※この記事の内容の他にどうやってモテる男を目指していけばいいか知りたい場合は、無料メール講座に登録してみてください。

 

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

APPLI