この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

 

最初にハッキリ言いましょう。

タイプの女性と出会ったときに多くの男性が間違った口説き方をしています。

 

いや、間違った口説き方をしているからこそ、多くの男性の中の1人に埋もれてしまうのです。

このロジックの意味、あなたは分かりますか?

 

 

他の男と全く同じであることの危険性

もし、分かるようなら相当、恋愛のレベルは高いと思いますが、どういうことかというと、間違った口説き方というのは、”皆がやっているような口説き方”のことです。

 

その他大勢の口説き方、と言い換えてもいいでしょう。

 

ここで、恋愛を成就させるために、女性にモテモテになって、好きな女とセックスするために、僕が唯一にして、絶対だと思う恋愛テクニックを教えますね。

 

何かと言うと、その他99%の男とは違うことをするということです。

 

 

いいですか。

 

多くのモテない男は口説き方が間違っていると言いましたが、それはほかの男と同じような口説き方をしているということなのです。

 

女性も飽き飽きしているんですよ。

みんなよってたかってチヤホヤして、優しくしてくれたり、ご飯をおごってくれたり。

 

おんなじ口説き方をしてくる男性であれば、別にあなたである必要はないですよね。

他にも同じような男はたくさんいるわけですから。

 

あなたが何か女性が魅力的に感じる圧倒的なステータスを持っていれば、話は別ですが、普通の男がほかの男と同じようにやったところで、結果は他の男と何も変わらなくなってしまうのです。

 

だから、他の男と違うことをやる。

それがモテるための唯一と言ってもいい恋愛テクニックなんですね。

 

 

だって、どんなに褒め方の勉強をしても、他の男が褒めていたら効果はありませんよね?

どんなに優しくしても、他の男たちが優しかったら意味ないですよね?

 

そうじゃなくて、たとえば、いじったりからかったりする。

からかわれるなんて経験、美女であればあるほどありませんから、興味を持たれやすくなるのです。

 

 

また、多くの男性は、会っていないときに口説いて、会っているときに口説かないでいます。

つまり、会っている時は当たり障りのないデート、たとえば食事に行ったり映画に行ったりして、当たり障りのない会話をして、そのままバイバイ。

 

これが一般的ですよね。

 

そして、会っていないときに、帰りの電車の中や家に帰ってから「今日はありがとう」のメールとともに、相手に好意が伝わるようなメッセージを送ると。

 

メッセージのやり取りを重ねれば重ねるほど女性の好感度が上がると勘違いしている男性が多いのですが、実際はその逆なんです。

逆。

すなわち、会っているときに口説いて、会っていないときに口説かない。

 

こういう方針をとればいいんですね。

 

メールやLINEを送らないと、女性の好感度は下がってしまうんじゃないか?

そう考える男性が多いのですが、実際は、全くそんなことありません。

むしろ、1ヶ月くらい放置してても問題ないくらいです。

 

そのかわりに、会っているときに徐々に好意を伝えるのです。

 

ただし、好意を伝えるといっても、ストレートに伝えてはいけないということを僕はいつも言っていますよね。

好意は冗談っぽく伝えるのがベストです。

たとえば、「好きなタイプは?」と女性に聞かれたとき、「黒のワンピースを着てて、ショートヘアーの子」と答えます。

もちろん、タイプを聞いてきた女性は、黒のワンピースを着ていて、ショートヘアです。

 

あとは、「もし俺らが付き合ったら、絶対に○○だよねー」とか「もし、俺が金持ちになったら結婚してくれる?」とか、仮定形で二人が未来を想像させるのもかなり効果的です。

 

 

とにかく、多くの男性はストレートに好意を伝えてしまいます、それもメールやLINEで好意がバレバレなものを送ってしまうから、相手の女性も重く感じて、無視せざるを得なくなる。

 

そうならないためにも、会っているときに好意を伝える。

できれば、ストレートではなく、カーブで。

 

これを常に心がけるようにしてください。

 

徹底していれば、必ずモテる男に生まれ変わることができますから。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI