こんにちは。

オトメゴコロ研究所・研究員のネコイチです。

 

 

前々回、初回としてモテ度をについてお話しました。

その中で出会いを増やす重要性に触れつつも、「わかってるけど行動できない・続かない・・・」という人のために、前回よりワークをやってもらっています。

ワークはまだ途中で構いませんが、目を通しておいて下さいね。

 

 


モテるようになるための実践ワーク例

 

いまいちピンとこない方のために実例をあげますね。

 

【女友達が増えたらしてみたいこと、自分が得れるなと思うもの】

  • 電話で恋話で盛り上がってみたい。
  • 買い物に一緒に行きたい。
  • 服を選んで欲しい。
  • 合コンしてみたい。
  • 女の子慣れ出来る。

 など

 

【なんで彼女が欲しいのか】

その他、彼女が出来たらしてみたいこと、自分が得れるなと思うもの…etc.

・友達に自慢したいから。

・イチャイチャしたい。

・温泉旅行に一緒に行きたい。

・「好き」って言われたい。自信になる。

 など

 

【なんでモテたいのか。】

その他、モテるようになったらどんな現実が手に入るか、どんなものを自分は得れると思うか…etc.

・羨ましがられたいから。

・いろんな女の子とデートしたい。

・かわいい女の子を選ぶ立場になることが出来る。

自信がついて人生全体が豊かになる。

 など

 

【いつでもセックスが出来る状況が手に入ったらどうするか。】

その他、その時自分はどんな気持ちになると思うか、何が得れると思うか…etc.

・毎晩違う女の子を抱きたい。

・その中で一番好きになった女の子ときちんと付き合う。

・おっぱいに毎晩顔を胸にうずめて寝たい。

・物凄い気持ちよくて、精神的にも物凄い自信に繋がると思う。

 など

 

【結婚したらしてみたいこと

また、どんな生活が得れると思うか。

・奥さんに美味しい料理を毎日作ってもらいたい。

・子どもがほしい。

・休日に家族旅行に行って、子どもが寝てから奥さんと二人でしっぽり飲みたい。

・仕事で嫌なことがあっても、家に帰れば笑顔になれる生活。

など。

 

このような感じで最低10個ずつ、書いてみてください。

 

僕が挙げた中でピンと来たものは、そのまま使っていただいても構いませんし、内容的に他の項目と被るものがあっても構いません。

 

 

 

 

恐らくどんなに早かったとしても全部回答するのに10分以上、長いと一時間近くかかる人もいるかもしれません。

非常に面倒でハードなワークです。

ですが、この面倒臭さい作業の効果が、後々ボディーブローのようにじわじわと効いてくるのです。

前置きで話したことを思い出して、ぜひやって下さいね。

必ずあなたのためになりますから。

 

 

 

 

・・・やりましたか?

 

 

 

 

OKです。

 

 

お疲れ様でした。

少し、今書き終えた紙を見返して見て下さい。

 

それがあなたの、あなただけの、恋愛を頑張る理由です。

一つの財産だと思って、大切にして下さい。

 

もちろん理由を明確にした途端に行動出来るようになったり、それが続いたり、モテるようになったりすることはありません。

 

 

ですから、その紙や画面を、必ず、毎日見て下さい。

 

もし理由が増えたら増やして下さい。

ピンと来なくなったものは消してしまって下さい。

 

 

そして妄想して下さい。

一つ一つの内容ごとに、それが完璧に実現している状態を妄想して下さい。

(写真を妄想の強化に併用するとより効果的です。)

一日数分で構いません。

 

毎日見ることで、自分が頑張る理由が段々と無意識へと落とし込まれて行きます。

多少の疲れや嫌なこと程度で挫折することはなくなります。

 

妄想を続けることで、脳は妄想を現実だと錯覚し始めます。

そしたら、現実の方が妄想に付いてきます。

 

 

今は「はぁ?何言ってんだこいつ。」みたいに思われるかもしれません。

それでも、必ず毎日見て、妄想するようにして下さい。

ばかばかしくなっても、虚しくなっても、続けて下さい。

 

そう遠くないうちに、効果を実感出来る日が来ます。

 

 

なんでこんな面倒なことをやるのか。それも毎日。

 

先程も話しましたが、モテない人というのはいつまでも行動出来ない人か、行動が続かない人というのがほとんどなんですね。

 

ただ、行動しないと出会いが増えないことや、デートに行けないことや、彼女やセックスが手に入らないことなんて皆わかっているんですよ。

 

でも行動しない。出来ない。ちょっと行動したけれど続かない。

そういった状況に陥りがちです。

メンタルブロックや面倒くささが勝ってしまうんですね。

 

 

なぜか。

 

自分が何を求めているのかを忘れてしまうからです。

自分が何のために頑張っているのかを忘れてしまうからです。

 

だから、出会いの場に出向く一歩が踏み出せないし、友達から飲み会や遊びに誘われても億劫になってしまうし、断られるのが、無視されて傷つくのが怖いから女の子をデートにも誘えないし、デートの度に相手の反応に一喜一憂してしまうのです。

 

そうしてウダウダ過ごしてても性欲は湧いてくるので、「やっぱりモテたい…」「なんでイケメンばっかり得してるんだ…」と自己嫌悪に陥ります。(それまで大して行動していなくとも、です。)

でも、そんな感情も、オナニーしたら綺麗サッパリすっきりして、また忘れてしまいます。

この繰り返しです。

 

それ自体はあなたが悪い訳ではありません。

前提として、人はそんなに強い生き物じゃありません。

それはあなたも、僕だって同じです。

基本的に、楽な方へ楽な方へ流れるように出来ています。

でも、そうやって流れていった先で自分の求めているものが手に入るのかというと、もちろんそんなことはないわけです。

 

 

ただ、そもそもそうやって流されるのは、自分なりの理由を見失ってしまっているからです。

 

ですから毎日思い出して下さい。

あなたが本当は、どんな現実を望んでいて、何のために頑張っているのかを。

そしてそれらが手に入った時に、どんな気持ちになるのかを。

 

 

(ちなみに、モテる男というのはこうして意識的に思い出さなくても、無意識に毎日勝手に思い出しているから行動力が尽きないのです。

「あの女を見返してやりたい」とか「女性から認められるのが何よりも快感だ」とか、その人にとっての一番大事な理由が、日々オートセットされている人が多いです。)

 

 

自分なりの理由を毎日思い出すようにすると、二つの効果がジワジワと出てきます。

 

まず、以前よりも行動出来るようになります。

具体的には、日々の分岐点で自分の声が聞こえるようになります。

 

「女友達増やして○○がしたいんだよな。この誘いって、女友達増やす良いチャンスなんじゃないか。」

「かわいい彼女作って××へ行きたいんだよな。なら、デート誘わないと始まらないよな。」

 

こんな具合でです。

若干オカルトチックに聞こえるかもしれませんが、潜在意識が達成したい方向へセットされると、それにそぐわない行動を取ろうとする時の方が不快感を感じるようになるのです。

ですから、結果的に嫌でも前より行動出来るようになります。

 

 

次に、精神的な耐久レベルが上がります。

 

例えばですが、何とかしてかわいい彼女を作って旅行に行きたいとします。

そんな時に、まだ付き合っていない女性とデートに行くことになりました。

すごく楽しみにしていたのに、いざ行ってみたら性格が悪くてがっかりした。デートもあまり上手く行かなかった。

 

…こんな時、「デートがあまり上手く行かなかった」というのが目の前のことですが、あなたが本当に求めているものは「かわいい彼女との旅行」です。

 

性格の悪い女の子とのデートの良し悪しで必要以上に落ち込む必要はありません。

なぜなら性格でがっかりさせられるような子というのは、あなたが求めている「かわいい彼女」ではないし、そんな子と旅行に行っても楽しくないからです。

 

 

例えば、セックスが沢山したい場合にしても同じです。

一年間に10人の女性とセックスしたいとします。

何人か女の子をデートに誘って行く中で、連絡が全く返ってこなくなった。もしかしたらブロックされているかもしれない。

 

…こんな時は、「連絡が返ってこない。ブロックされてしまったかもしれない。」というのは目先のことです。

実際には「10人の女性とセックスしたい」というのが求めているものなわけですから、気にしすぎて連絡が取れなくなった相手に時間を使うよりも、連絡が返してくれる女の子や、まだ声をかけていない子達に時間を使うべきです。

 

 

このように、自分が本当に求めているものがはっきりと意識出来る様になることで、目の前に起きることに必要以上に右往左往されなくなります。

どっしりと構えれるようになるので、余裕も出てきて男としての魅力も増します。

 

 

自分が求めているものをはっきりさせ、日々意識することは、上記のように、恋愛における「攻め(行動)」と「守り(耐久力)」の高める効果があります。

いきなり効果が出るものではなく、ジワジワと身にしみてから効果があるものなので、ワクチンのようなイメージです。

 

 

しばらく続けないと効果がありませんが、効果が出てからは何にも増して威力をはっきしますので、ぜひ毎日続けてみてください。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。