この記事を書いた人:えいた
SNSや匿名チャットを利用して10人以上もの女性と体の関係を持つことに成功したノウハウを持ち、オトメケン研究員として記事を執筆中。顔がブサイクな男にでもカンタンに再現できる具体的なノウハウはオトメケンの記事の中でも好評がある
■彼が覚醒した無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所研究員のえいたです。

 

今日はメルマガ読者さんのHさんからの質問に回答していこうと思います。

 

こんばんわ。

質問させて頂きます。

メールの中で、女性の胸とか足とかジロジロ見るのはダメとあります。

正直、私は目の保養というか、
街とかカフェとかで
女性の顔や体のライン等見るのが好きで
趣味みたいになってますが、

これは自分の男の価値を下げるステータスを下げる、主導権を握られるという意味と理解してます。

そこで質問ですが、
女性と直接話をするときは
勿論良くないですが、
目線に気付かれていないときでも
やはり体のラインを見るのは良くないでしょうか?

趣味で好きなので、
してはいけないしない方が良い
という強力な動機付けが欲しいと思いましたので、ご質問させて頂きます。

宜しくお願い致します。

 


質問ありがとうございます。

 

「女性に気付かれないように女性の身体をまじまじと見つめていいか」という質問ですね。


結論からズバリいきましょう。


女性をジロジロ見ちゃダメです。


もっと言えば、「見てると思われただけでダメ」です。

 

胸の大きい女性やミニスカートをはいている女性に「男性からの嫌らしい視線に気付く?」という調査をした番組やニュースってたくさんありますよね。

 

このようなニュースで女性はいつも「当たり前に気付く」と回答しています。

 

これらの番組やニュースは定期的に出てきますが答えはいつも一緒ですね。

えいたの身の回りの女性に聞いても「すぐ気付く」と”全員”が答えました。

 

なので「女性が後ろを向いている時などに見ていてもいいか」みたいに考えていても、たまたま振り返ったときなどにバレます。

一瞬でバレます。

ばれたくないならやめましょう。

 

 

女性をつい見てしまうクセを貧乏ゆすりに例えたら?

クセで趣味になっているのであればなおさら重傷です。

例えば、貧乏揺すりがとまらない人がいたとします。

彼に「周りからみたらみっともないから、貧乏ゆすりやめたほうがいいよ?」と注意したとしましょう。

すると彼が「貧乏揺すりをすることは趣味なので、家の中など、人が居ない場合ではしてもいいですか?」って聞いてきたら、あなたならどう思いますか?

「いやいや、家でするなら外でもするでしょ・・・」


普通はそう考えるはずです。


コレと同じです。

「女性が見てないところでしてもいいですか?」って聞いてる時点で、もしくは思ってる時点で女性が気付いてる場面でも絶対ジロジロ見てますから!!

厳しい回答ですが、これから一生通りすがる女性たちに「あの人の目いやらしくてキモいよね」と思われることに比べれば、むしろ今気付けてラッキーというレベルのお話です。

 

 

女性を見てないのに女性に「見られてる!」と勘違いされる男性たち

むしろモテる男性になるためには「女性にバレないように見る努力」よりも「女性に見られてると思わせない努力」こそするべきなのです。

 

なぜなら、女性が「見られてる感覚がわかる」と答える一方で、男性側ではそんなに女性ばかりジロジロ見てることはない、という人が多いからです。

 

つまり、男性が女性を見ていなかったとしても、女性は「自分が見られている」と思ってしまう生き物なのです。

 

まず、重大な女性の勘違いがあって、男だからといって四六時中エロいこと考えて生活してるわけじゃないんですよね。

なので女性のからだに視線を24時間フルで送り続ける男性なんてそもそもあんまりいないんです。

 

えいたも、仕事中やゲームに熱中してるとき、他にもおなか空いてる時と眠たいときには性欲は全く沸いてこないので・・・

ですが、女性には「男はケモノ」という認識がどこかにあります。

 

女性を見ていただけで痴漢扱いされていたり、職場でセクハラ扱いされたりするパターンがありますが、これらの案件にも「勘違いだった」パターンがいくつもありました。

つまり、男性がただ単に遠くのものを見てたら、手前にいた女性が「私、見られてる!」と勘違いして痴漢扱いする案件などもあるわけです。

 

女性専用車両に乗ってる女性なんかは特に、一般車両の男性全員が「自分に痴漢しようとしている!!」と思ってる人も少なくありません。

 

えいたもガラガラの女性専用車両に彼女をつれて入ったときに40代ぐらいの女性に追い出されました。

そもそも、女性専用車両は強制のルールではないので、米印で「男性が乗ってくる場合があります」って書いてるんですけどね。

だいたい、痴漢防止のために作られた車両なのであれば、ガラガラの時間帯に彼女とふたりで乗る男が痴漢なんてするわけがないと思うのが普通の考えだと思うのですが・・・。

それでも、その女性にとっては、一緒の車両に乗ってきた男は彼女連れだろうがガラガラにすいてようが痴漢予備軍なわけです(そう思ってないと面識のない人間にイチイチ声をかけて追い出したりしません)。

 

いいですか?

 

今の社会、女性がNOといえばNOの社会なのです。


Hさんが「よし、俺はもう女性なんて絶対に見ないぞっ!」って決断していても、周りの女性が「うわ、あの男の人嫌らしい目でこっち見てる」って勝手に勘違いして、Hさんの男の価値、ステータスをガンガン下げてくるわけです。

 

 

こうなればコソコソ見ることなんて考えてる場合じゃないのはおわかりいただけるでしょう。

 

ではどうしたらいいか?

女性と対面で話すときは、目や鼻すじ辺りを見て話すのです。

ずっと視線が合うと嫌悪感を抱かれるので、ときどき視線を右上に外してあげたり、関係ないところを見ましょう。

そうすると勘違いされません。

こちらの記事でも目線について詳しく話してるので参考にしてください。

 


また、カフェや電車でも、「”オンナのケツを見てるお前”を見てる」みたいなよくわかんないヤツが絶対にいます。

その見られてる女性にあなたがバレなくても、違う女性があなたを見てます。女性の目を常に気にしてください。

 

そもそも女性の身体は公共財産ではないので、無遠慮に見つめる趣味は早々にやめましょう。

違う趣味を探した方が男のステータスもあがります。

 

モテる趣味については以前こういった記事を書きましたのでぜひ読んでくださいね。

逆に女性があなたに好意さえ持てば、あなたはその女性の前で堂々とどこを見ていても良いわけです。

なぜならその女性の心は、あなたのものになっているからですね。どうせなら女性公認でカラダを見つめた方が、じっくり見ることができますから。

 

モテる男に生まれ変わりたいのであれば、見知らぬ女性の身体をじろじろ見る趣味は捨ててくださいね。


以上が回答になります。


最後までお読みいただきありがとうございました。


えいた