デート後に〇〇を入れるだけで初デートでもいきなりキスができる

笑顔の女性

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

 

突然ですが、初デートでいきなり女性とイチャイチャしたりキスができる方法があると言ったらあなたはどう思うでしょうか?

「そんな方法なんてあるわけがない」

「どうせイケメンにしか使えない方法なんでしょ?」

もし、あなたがこのような反応をしたならば至って正常な感覚をしていると思います笑

 

しかし、ある方法を使うことでいともカンタンに実現できるんですね。

それも一部の人しか使えないようなものではなく、誰でもできる再現性MAXの方法です。

今回はそんなデートのときに使える、ちょっとしたコツについて解説します。

 

イチャイチャしたりキスができれば、その女性とトクベツな関係になることはそう難しくありません。

そうなれば、当たり前のように付き合ったりセックスができるようになれます。

 

実際、僕もとある女性とデートしたときにこの手法を使ったのですが、まさかあんなトントン拍子に事が進むとは想像もしていませんでした・・・

 

では、一体何をしたのか?

その秘密をわかりやすいようにエピソードを交えて解説していきたいと思います。

 

キーワードは「初デートの後には〇〇を入れる」です。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

連絡先交換の時点で9割勝負が決まっている

かなり前のこと。友人に誘われてとある怪しげなホームパーティに潜入してきました(笑)

たしか男女合わせて50人ぐらいいたと思うんですが、

APPLI
一体どこの金持ちだよ!

とついツッコミを入れたくなるような都心の高層マンションの夜景が見える部屋で開かれたパーティだったんですね。

 

それはそれで「俺も将来はこういうところに住めるぐらい稼いでやる!」という刺激にはなりましたが(^_^)

高級マンションに住みたいってことではなく、住もうと思えば住めるぐらいになりたいということです。

まぁ、こんな話はどうでもいいですね(笑)

 

いや、実際に成功したいなら成功者に近づいて、成功者と同じ環境に身を置くのが最短・最速の成功法ですから、どうでもよくはないんですが。

※僕に近づいてみたいと思ってくれた場合は、こちらの無料メルマガから僕の思考を盗み取ってください。

 

ただ、あなたが聞きたいのはそういったビジネスの話ではないと思います。

聞きたいのは恋愛の話ですよね?

 

話を戻しますが、パーティは僕の主戦場なので今回も張り切ってきました。

パーティでは時間内にどれだけ多くの人に話しかけられるかが肝心です。

もちろん話しかけるだけではなくて、ちゃんと印象を残すということも大事ですね。

じゃないとすぐに忘れ去られてしまいますから。

 

こういうパーティでよく見かける光景ですが、終了時間が近づくとみんな必死になって連絡先を交換しようとするんですね。

次から次へと一番カワイイ女性に連絡先の交換をしにいって、もはや誰が誰かわからなくなると(苦笑)

 

最初の人が「もう時間だから」みたいな理由をつけて交換して、周りにいる男たちも流れに乗って「オレも!オレも!」みたいな光景をこれまで何度も見てきました。

 

で、あとになって、

「今日はありがとう。よろしく」

なんて女心にかすりもしないLINEを送って限りなく100%に近い確率で無視されるわけです。

 

スマホを睨む眼鏡の女性

 

そりゃそうですよね。

向こうからしたら誰かも分からない相手から来たメールなんて迷惑メールとたいして変わりません。

迷惑メールにならない女心のど真ん中をブチ抜くLINEの送り方については200日間無料メール講座で解説しています。

 

もちろん、僕は時間内に何人の連絡先をゲットできるかというある種のゲーム感覚で参加しているので、最後まで粘ってはいます。

それでも時間内に一度はしゃべっていて、ある程度好印象な子にしぼっています。

でないと、ただLINEの連絡先が1件増えるだけで、何の意味もないので。

 

ていうか、最後のギリギリでみんなが交換タイムに入ってるときに交換してももう遅いです。

どさくさに紛れた連絡先の交換に意味なんてないんですね。

やるなら他の人に先んじて、時間に余裕を持ってやっておかないと。

 

いわゆるリスクマネジメントというやつです。

 

▲目次に戻る

 

リスクマネジメントができる男性だけが甘い蜜を吸える

リスクマネジメントを聞き慣れない人がいるかもしれないので解説すると、

 

【リスクマネジメント】

リスクマネジメント(英語: risk management)とは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセスをいう。リスクマネジメントは、主にリスクアセスメントとリスク対応とから成る(JIS Q 31000 「リスクマネジメント―原則及び指針」による)。さらに、リスクアセスメントは、リスク特定、リスク分析、リスク評価から成る。リスクマネジメントは、各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための経営管理手法である。

引用:Wikipedia

 

よくわからないかもしれませんが、要は考えられるリスクを想定してあらかじめ対策しておくことです。

この場合、パーティの終わり際に必死こいて連絡先を交換しても、100%に近い確率で連絡をスルーされるというリスクですね。

 

そのリスクを回避するためにパーティ中に女性と話して印象を残しておいて、できるなら連絡先の交換まで済ませておく。

これがリスクマネジメントです。

 

確かに、

草食くん
連絡先を教えてと言って、断られたらどうしよう

そういう恐怖はあると思います。

周りの人の流れに乗って交換する方が断られる確率も心理的なハードルも低いでしょう。

 

しかし、「断られる」のと「記憶から忘れ去られる」のとではどっちがイヤでしょうか?

結局、人間って

  • 好かれる
  • 嫌われる
  • 忘れられる

この3択しか無いんですよ。

忘れられるぐらいなら嫌われた方がまだマシですよね。

だって、良くも悪くも記憶には残るんだから。

 

これは何も連絡先の交換だけに限った話ではありません。

  • 話しかけるとき
  • デートに誘うとき
  • 手をつなぐとき
  • キスするとき
  • ホテルに誘うとき

すべてリスクです。

全部、断られて気まずくなる可能性がありますよね。

 

このリスクをうまくコントロールできる人だけが甘い蜜を吸うことができるのです。

※その他にも甘い蜜を吸う方法はあるのですが、ここでは語りきれないので興味がある人はこちらの無料のメール講座を読んでみてください。

 

で、話を戻すと、正確に数えてはいないですけど、このときのパーティではだいたい10人ぐらいと連絡先を交換することができました。

 

あまり好みの子はいなかったのですが、せっかく交換できたので適当に挨拶のメッセージだけ送りました。

すると、何人かから返事が来て、そのうちの一人と昼間から飲みに行くことになりました。

 

が、まさか“あんなこと”になるとは、そのときは想像もしていませんでした、、、

 

▲目次に戻る

 

アプリがあえて“昼飲み”を選んだ理由

では、一体何があったのか?

その子とは昼から飲みに行くことになりました。

 

なぜ昼間なのか?

 

相手の警戒心を解くという効果もありますが、一番いいのは自分自身が冷静になれるということです。

 

もちろん夜の方が辺りは暗く、お互い大胆になれるので、速攻で決めたいときは夜の方がいいです。

 

しかし、その場合はうまく相手の警戒心を解かなければなりません。

別に夜に飲みに行くのは普通ですが、やっぱりサシで飲むってなると多かれ少なかれ警戒するものです。

 

女性
この人と飲みに行って変なことされないだろうか?

女性はこういったことを考えてしまいます。

 

そんなときに、

  • 焦ってがっつく
  • 声がうわずる
  • 会話がしどろもどろ
  • エロ目になっている
  • 緊張してずっと沈黙

こんなことをしていたら、もう一発でアウトなんですね。

その日のうちにゲットするどころか、もう二度と会ってくれなくなります。

 

ちょっと余談ですが、女の子って残酷な生き物です。

興味がなかったらまるで虫けらを見ているような冷たい態度をとるし、電話は拒否るし、メールやラインだって既読無視します。

これ、やられたことのある人なら感覚的にわかると思います。

実際に僕も女性からいきなり「キモい!」と罵倒されて女性恐怖症になったことがあります。

※詳しくはこちらのアプリの恥ずかしい過去に書いてあるので読んでみてください。

 

だから、我々は男を磨いて最低でも興味を持ってもらえるように努力しなければならない。

その努力を怠った瞬間に彼女たちの視界から抹消されます。

大げさではなく、真実ですよ。

 

じゃあ、どうやって男を磨けばいいのか?

女性に興味を持ってもらえる男になればいいのか?

その秘密は、こちらのAPPLI式ベタ惚れメソッドが学べる無料メール講座で知ることができます。

 

▲目次に戻る

 

付き合う前の初デート後には〇〇を入れろ

僕があえて昼飲みを選んだ理由はいま書いた通りですが、実はもう1つある仕掛けを施していました。

 

じゃあ、何をしたのかと言うと、

 

デート後に予定を入れる

 

これです。

女性とのデートの約束が決まった瞬間に別の用事をデート後に入れたんですね。

 

これが、初デートであっても、いきなりイチャイチャしたりキスができる方法です。

僕自身、しばらくやってなかったんですけどね(苦笑)

 

でも、久しぶりにやってみると・・・

 

効果は抜群でした。

 

いやー、自分でもビックリするぐらいハマりましたね。

 

一体、どんな効果があったのかを話す前に、そもそもなぜデート後に予定を入れるなんてことをしたのか?

先に予定が入ってでもいない限り、普通はデート後に予定なんて入れないと思います。

 

結論から言ってしまうと、デート後に予定を入れることで、その日のデートの質が上がるからです。

 

デート後に予定を入れるということは、タイムリミットが来たらデートは強制的に終了になります。

そして、そのタイムリミットの存在が以下のようなメリットを生むんですね。

  • 「この後、予定があるんだ」という意識から冷静になれる
  • 変にデートを長引かせないから女性の警戒心を解ける
  • 時間に制約があるから無駄な行動をしなくなる
  • 女性に「物足りなさ」を与えることができる
  • デートに変に期待しないから余裕が出る

で、カンの鋭い人なら気付いたと思いますが、こうするとイヤでもデートの質が上がります。

 

あとから挽回すればいいや、みたいな考え方できないので、時間内でできる限り女性に良い印象を与えようという意識が働くんです。

会社でノー残業デーの日は自然と仕事のクオリティが上がるようなものですね。

 

これを心理学で「締め切り効果」って言ったりするのですが、締め切り効果の威力は絶大です。

冗談抜きで誰であってもパフォーマンスが一気に跳ね上がります。

 

だから、他の予定をデート後に入れたんですね。

 

ロジックとしては、

 

デート後に予定を入れる
諸々の効果でデート中のパフォーマンスが上がる
デートのクオリティが高くなって、初デートでも女性と一気に親密になれる
親密になった結果、イチャイチャしたり、キスもできるようになる

 

こんな感じです。

 

草食くん
でも、デートを早く切り上げるなんて、せっかくのチャンスを自ら手放してるようにしか思えないんだけど

 

こう思うかもしれませんが、百聞は一見に如かずです。

まぁ、そこは一度やってみてください。

この効果がかなり実感できると思います。

 

もちろん論理的に説明もできますが、ここではあえて説明しないでおきたいと思います。

 

▲目次に戻る

 

デート本番!どれぐらいの効果があったのか?

んで、一体どれぐらいの効果があったのか?

 

女性と合流したあと、あらかじめ目星をつけておいた居酒屋に移動。

その時点で13時で、タイムリミットは16時でした。

 

居酒屋ではおやつ時(15時)まで飲みました。

(余談ですが、昼間っから飲むお酒ってなんであんなに美味しいんでしょうねw)

 

やはり時間が限定されているとデート中の集中力が段違いですね。

普段はできないようなキレッキレのトークを最初から最後まで続けていました。

 

いつもの10倍ぐらいのパフォーマンスは出せていたと思います。

まさにスーパーサイヤ人みたいな状態でしたね笑

 

スーパーサイヤ人

画像参照元:ドラゴンボール

 

当然、女性の反応も上々。

話も盛り上がって僕自身もいつも以上にデートを楽しんでいました。

 

2時間ぐらい経ったところでお店を出たのですが、ちょうど冬真っ只中でめちゃくちゃ寒く、女性から、

 

女性
どっか入ろうよ

 

という提案をしてきました。

(ちなみに、こういう発言が出てくるということは女性が僕とのデートをもっとしたいと思っている証です)

 

APPLI
うーん、この辺、居酒屋ぐらいしかないしなー。 でももうお腹いっぱいでしょ?
女性
うん
APPLI
じゃあカラオケとかどう?
女性
え~
APPLI
あ、ゲーセンあるやん。入ろうぜ
女性
やだよw
APPLI
わがままやなw じゃあどうしよっかな。あ、漫画喫茶にしよ。
女性
う~ん
APPLI
お腹もすいてないし、居酒屋もカラオケもいらないんでしょ? 漫画喫茶で決まり!!
女性
いいけど、私読み出すと黙っちゃうよ
APPLI
漫画喫茶はしゃべるところじゃないからw 俺も集中すると周りが見えなくなるタイプだから大丈夫
女性
ん~、じゃあいいよ。

 

だいたいこんな感じの流れで漫画喫茶に行くことに。

 

あまり知られていませんが、実は漫画喫茶って女性とイチャイチャするのにうってつけの場所なんですよね。

場所にもよりますが、暗い、仕切りがある、女性と密着しやすい、といった特徴があります。

 

カラオケと同等レベルの環境が整っているんですね。

なので、僕はデートのときによく漫画喫茶を使っています。

 

漫画喫茶に女性を連れ込めた時点で、当然テンションは爆上がりでした笑

当然タイムリミットが近づいているので長居はできませんが、時間は十分にありました。

 

漫画喫茶では、2人で座れるソファ席を選びました。

これなら自然に横並びになれるので、やることもやりやすいです。

 

とはいえ、時間がないのも事実。

のんびりしているヒマはありません。

 

漫画喫茶に行く口実は「漫画を読む」だったので、一応漫画を持ってきて読み始めます。

(とはいえ、女性もこの辺はわかっていたと思いますが)

 

10分ぐらい経ったところで、漫画を読む女性の肩を抱き寄せ、女性も満更ではない様子。

もちろんイチャイチャして、、、

 

その後、しばらくして名残惜しくもタイムアップとなりました。

最終的にナニをドコまでやったか・・・あなたの想像にお任せします(*^.^*)

 

▲目次に戻る

 

時間の力を味方につけてデートの成功率を上げる

ということでは、いろいろな話をしましたが時間の持つ力はとても強力です。

 

常にやれ!とは言いませんが、初デートの後に予定を入れるとデート中の集中力が段違いに上がります。

あとは限定感が出て自分の価値が上がります。

期間限定!みたいなノリですね。

 

あなたの恋活の後押しになるので、ぜひ一度試してみてください。

 

また、今でこそ今回の話のように女性とイチャイチャするのなんてカンタンな僕ですが、以前は女性と会話すらできない典型的な非モテ童貞でした。

今の僕しか知らない人に言うと確定で「信じられない」と言われるのですが、本当に恋愛で苦しんでいたんですね。

 

じゃあ、どうやってそんな非モテ童貞だった僕が変われたのか?

その人生大逆転エピソードをこちらのページに書いたので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI

 

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人