一度は振られた女性から突然の告白!?そのワケとは

一度フラれた女性に突然告白されたワケ

どうも、こんにちは。アプリです。

4連休いかがお過ごしでしたか?

 

僕はと言えば

  • 土曜日→嫁の父母とウインドサーフィン
  • 日曜日→お世話になっている経営者のお家へ訪問
  • 月曜日&火曜日→無人島でプチサバイバルキャンプ笑(with愉快な起業家仲間たち)

というわけで、こんな感じで、

 

釣りをしたり、貝を集めたり

キャンプファイヤーしたり

まあ、久しぶりにかなりリア充な休日を過ごしました。

「リア充爆発しろ」と言われても文句が言えないレベルで、全身が筋肉痛&日焼けでヒリヒリしております(苦笑)

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

充実しているのはプライベートだけではなく、、、

砂浜にThanks

ただ、そうこうしているうちにもLOS生からは

  • 「彼女ができました」
  • 「2回目のデートに行ってきました」
  • 「夢に向かって前進してます」

こういった嬉しい報告をたくさんもらっており、なんていうか本当に充実した日々を送っているなと。

 

どうだ、羨ましいだろ?

というのは冗談ですが、人生とは本当にわからないものです。

まさか自分がこんなふうになっているなんて、10代の頃は思いもしませんでしたからね。

 

10代の頃モテなかったアプリの今

悩む男性

あんなにモテなかった自分が、まさか人様に恋愛を教える立場になっているなんて、ビックリとしか言いようがありません。

20代前半の僕からすれば、20代のうちに結婚したこともかなり驚きですけどね(苦笑)

 

だからこそ人生は面白いと思います。

良いようにも悪いようにもどう転ぶかわからない中で、コントロール可能な範囲をカバーしていく感じ

何が起こるかわからないけど、いや、わからないからこそそのすべてを楽しめれば「勝ち組」です。

 

散々女の子に既読無視されたりドタキャンされたりしたときも、そうやって一歩ずつ成長するプロセスを楽しんでたと思います。

まあ、さすがに3連続でドタキャンされたときは発狂しそうになりましたけど(苦笑)

今となってはいい思い出です。

 

人生は楽しんだもん勝ち!

楽しい男女

フィリピン人の友達を見ていて思うのは、彼らはデフォルトで人生を楽しむことができてるんですよね。

「楽しんだもの勝ちでしょ」みたいな。

 

だからどんな生き方をしていても、みんな楽しそうで幸せそうなんだろうなと。

(Serendipityと言うそうです)

  • モデルみたいなカワイイ彼女がいて
  • 高級車乗り回して
  • 六本木のタワーマンションで
  • シャンパンタワーwww

こういうのが「勝ち組」なわけではありません。

まして「シアワセ」とは程遠いでしょう。

彼らは彼らで「心の穴」を持っていたりしますから。

むしろ虚しさや寂しさを感じてるケースも多いです。

RICH

まあ、そこを目指すのは自由ですけどね。

僕も最初はそういったものに憧れをもって「稼ぐぜ!」とやってましたから。

そりゃお金がないよりはあったほうがモテるに決まってます。

  • クラブに一般で入るのか?
  • VIP席を取るのか?

これくらい差がありますよ。
(これ、伝わるのか?笑)

 

そもそも東大に入れたのも、最後は「モテたかったら」ですし。

動機は不純でOK

僕の信条です。

東大門

ただ、本質的に自分が求めているモノはそんなところにないことが多いです。

本当は求めてないモノを求め続ければ、たちまち「恋愛ゾンビ化」しちゃいます。

恋愛ゾンビ化とは?

精気を失い、何のために恋愛をしているのかわからなくなってしまったステータス異常を指す。

ナンパ師が「今日も〇〇人斬り」と抱いた女性のカウントを増やすためだけに街を徘徊している様子から名付けられた。

恋愛ゾンビ

彼らがバラまく情報はピンクなものも多く刺激的なのでバイオハザード並みの感染力である。今日も純情でピュアな男性がただのヤリチンへと成り下がる被害が絶えない。

これが転じて「恋愛の楽しみを見失った人」や「女性不信に陥った人」「恋愛を諦めてしまった人」なども恋愛ゾンビと呼ぶようになった(Applipedia)

まあ、頭の片隅にでも入れておいてください。

・・・

 

LOSに強力な助っ人が来ました!

助っ人

さてさて。

なんともとりとめのない話になってきましたが、ちょっとご報告がありまして。

以前に僕のメルマガや恋愛最適化予備校LOS案内のメールで、

【仕事を手伝ってくれる人募集します!】と告知したのを覚えているでしょうか。

 

実はその後かなりアツい方がLOSに来てくれました

男性の後ろ姿

そこで早速、「最初に見るべきものリスト」を作ってくださいとお願いしたら、

ものすごい勢いで片っ端からコンテンツを読破&視聴していき、かなり素晴らしいリストを作ってくださいました。

初心者目線で基礎の基礎から学べる良い内容になっています。
(LOS生には近日公開予定です)

 

恋愛最適化予備校LOSもオープンからはや1年。

YuZuKiの恋愛講座だけでもLESSON110以上あります。

生放送だけでも13回以上。

かなり大量かつ高品質なコンテンツが格納されているので、見るだけでも大変だったでしょう。

そんな中でも1つ1つ丁寧に精査してくれて、かつスピーディに仕上げてくれました。

 

そこで・・・

 

彼を正式にLOS運営メンバーとして迎え入れることになりました!
(パチパチパチ)

新入社員

ちなみに彼(Cさん)は僕の後輩にあたります。

つまり、現役東大生です。

 

このメルマガの読者さんからは毎年なぜか「合格通知」をもらうのですが、こうやって優秀な人がどんどん集まってくれば、
10年後、20年後には・・・

APPLI
かなりデカイことをやれるんじゃないか?
APPLI
スゴい組織になっているんじゃないか?

1人で想像して勝手にニヤニヤしております。

気持ち悪いですね、はい。

 

まあ、そんな先のことはどうなるかなんてわかりませんが。

今年はコロナのせいで(おかげで)世の中はリモート化・オンライン化がどんどん進んでますよね。

リモートワーク

そんな中で圧倒的ボリューム&圧倒的ハイクオリティな恋愛ノウハウをタダで学びながら、しかもリモートワークやネットビジネスを最前線で学ぶことができるなんて、かなり“オイシイ”と思います。

まあ、その分ウチは「丁稚奉公」から始めてもらいますが、それでもお釣りが来るでしょう。

 

なにせ省庁や行政とかってオンライン化が2周回遅れなので、そこに穴=ビジネスチャンスがありますし

そうでなくても、今はどこの企業もネットに強いヤツを躍起になって探してますから、就活でもかなり有利です。

 

実際にもう1人の運営メンバーTさんも最近彼女ができただけに留まらず、告白したけど振られた子に「告白返し」されるという「超オイシイ思い」をしています。

しかも「IT企業でインターンをしていた」と面接で言う権利も手に入れたわけです。

 

最近はさすがに仕事にプライベートを圧迫されだしたので、相談して負担を軽くしましたが

(ちょうどCさんも正式採用されたしね)

それくらいアツい思いで頑張ってくれてる人には、僕もアツい対応をする

 

これが基本スタンスですね。

 

仮にコンサルを受けに来た方でも、全くやる気がない人とかはどうしようもないですから。

こっちだけアツくても相手が冷めてたら意味ないでしょ?

  • 毎回コンサルに平気で遅刻してきたり、
  • 言われたことを2ヶ月も3ヶ月もやらないままだったり・・・

それで「結果出せ!」とか言われても知らんがなって話です。

※さすがにそんなクレーマーは僕のクライアントさんにはいないけど

 

逆にお客さんでもなんでもなくても、言われたことをきちんとやって頑張っている人は応援したいと思うものです。

人の「頑張り」って実は意外なところで周りから見られているものです。

※もちろん女子も見ていますよ

 

そこそこ・テキトーに仕事してたら、そこそこ・テキトーな待遇しか受けられません。

まあ、当たり前ですよね。

「正当に評価されない」とかウダウダ言ってる暇があったら、できること全部やらんかいと。

 

自分がやれるだけのことをやってそれでも納得のいく対応をされないなら、転職のタイミングですw

でも、その前にやること全部やったんかいと。

見ていてそう思う方は世の中にたくさんいますね。

 

と同時に、そういう人で成功している人は見たことありません。

というわけで、これからも腐らず頑張っていきましょう。

 

それではまた。

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございました。

APPLI

 

P.S.

新たにCさんが運営メンバーに加わり、一度振られた相手に告白されたTさんも所属する恋愛最適化予備校LOS

興味があればこちらからどうぞ

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人