化粧品を持つ女性


乙女ゴコロ研究所 研究員のえいたです。

今回は既読無視の理由についてです。

こちらがマメにラインしていてるにも関わらず、既読無視されてしまう。

こういった状況が続く場合、こちらのやりとりがマズい可能性が高いかと思われます。

既読無視される状況は大きくわけて三つの原因が考えられます。

返事がしにくい。
タイミングが悪い。
あなたに興味が無い。

という三つです。さっそく見ていきましょう。

 

 

 

返事がしにくいことが既読無視の理由

ラインテクの基本は返事をさせるような文を打つことです。

返事がしにくい文章を打っていれば、当然返信もこなくなります。
ラインテクについては別の記事で詳細に書きました。

上記も参考に
相手が返しやすいような文章を心がけてみてください。

 

 

既読無視されにくい文章の型

返事をしやすい文を打つには、疑問文を使います。
疑問文の使い方は簡単にまとめると三つあります。

 

 

オープン質問文では、既読スルーを回避するには不十分

「広島ってどんなところ?」

このような感じで、相手に自由意見を求める形。
返事のしにくい印象です。
答えをいちいち受け手が考える必要があるからですね。

 

 

クローズ質問文を使うと既読無視されない理由

「広島旅行楽しかった?」

この質問だと、楽しいか楽しくないか なので、答えやすいと思います。

YESかNOか、AかBか。
クローズ質問は質問の答えを絞ったものです。

これは答えてもらいやすい理由があります。

答えが絞られるので、考えて答えなくて言い分、既読無視されにくいんですよね

答えやすい質問ですが、連続ですると圧迫感があるので、注意してくださいね。

 

 

修辞疑問文(じゅうじぎもんぶん)で既読スルーを少しでも減らそう

このテクニックも相手の回答を得やすいものです。
ただ、名前が文法の授業にでてきそうな嫌なひびきですよね?

でも、名前がお固い割に、使い方は簡単です。

相手の回答を期待しないような文章。
というとまだややこしいのですが

「明日の待ち合わせって11時ですよね?」

と、時間がわかってるのにも関わらず聞く場合や

「そういう言い方されたら誰だって怒るよね?」

といった質問です。
同意を求めているというイメージがしますよね?

誰だって怒るよね? という質問に対して、この場合
「いいえ、別に怒りませんが」

みたいな回答は、期待してませんよね?←先ほどから使ってるコレです。

相手の答えをもらいやすくなるのですが、こちらも乱用するとうっとうしい印象ですよね?

ほどよく試してみてくださいね? ←多用するとこうなります。

 

 

会話での疑問文で既読スルーを減らす際の注意点とその理由

疑問文は基本的に連続して使えば使うほど不快感が増すと思ってください。

その理由として、

返事をもらいやすいということは、相手の意志に関わらず強制的に返事をさせるような文章ということです。
当然、悪用すると反感をもたれます。

疑問文

相手の回答

相手の回答に対する反応(ここで相手を気持ちよく)

という流れを自然に行うと良いでしょう。

既読無視される理由をつぶしていけば、確実に返信率があがるので、
そういう視点でやりとりしてみてくださいね。

 

 

 

 

タイミングが悪いという理由での既読無視

トークを送るタイミングが悪い場合です。

 

 

相手が返事をできないときに送ってしまうと既読無視される

相手が仕事中や用事のタイミングでラインをしてしまうパターン。

返信は後でいいや、という風に後回しにされます。

返事できない理由もいちいち説明するのも面倒ですよね。
向こうからしても。

 

 

これも理由の一つ!?返信し忘れてそのまま既読無視に・・・

後になってても、
既読無視していることを忘れてるパターンもあります。

そして、長いこと返信をしないので、後から気付いても、
「今更返さなくていいや」
となってしまいます。

 

ちゃんと理由があって返事できなかったんだけど
もうそれすらどうでもよくなるかんじです。

 

 

返事をしやすい時間に送ると既読スルーされない理由

相手が暇な時間をしっかり把握して、返信しやすいタイミングで返事するようにしたいですね。

そうすると、既読無視されなくなります。

理由としては、返事ができない時間だと、上記の理由で後回しにしても忘れちゃうからですね・・・

 

 

 

 

 

興味が無いという理由から既読無視

完全に相手がこちらに興味がないパターン。
むしろ反感すらもたれている場合、意図的に返事をもらえないこともあります。

相手に恋人がいて満足している場合もそうだし、こちらがしつこくして嫌われてしまった場合もそうです。

こうなると信頼関係を取り戻すところから始めるので相当難しいでしょう。

相手がこちらに興味をもってくれない。
結果はそうですが、裏を返すと、自分に魅力がないということです。

もちろん、世界中の女性に愛されることは現実的ではありません。
ですが、女性に好感をもたれるような男性になるということは重要です。

そして、そのためには「相手を知る」つまり女性を良く理解する必要があります。

それにあわせて自分を理想の男性像に近づけないと独りよがりな変革しかできないからです。

 

 

イマドキ女子大生のホンネを聞き出したインタビュー音声厳選8個を今だけ無料公開!

そういう意味では、このインタビューでは上辺だけのテクニックだけでモテない原因の全てがわかります。

これらの音声はいつまでも公開できるか保証できませんので、お早めに手に入れてください。 

 

 

自分の魅力を高め、相手からラインがくるようになれば、やりとりは格段と楽になります。

 

 

 

 

まとめ

以上3点の理由によって、既読がついているにも関わらず、ラインを返してもらえない状況が起こります。

まずは、疑問文を自然に活用し、返事をもらいやすい文章の流れを作るところから意識してみると、返事がもらえるようになると思います。

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

えいた