この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

あれは11月の終わりくらいだったろうか。

ちょうど肌寒い季節になってきた頃。

僕はとある女性と横浜の中華街でデートをしていた。

そして、帰り際、彼女はこんなことを言ったのだ・・・

 

 

どうも、アプリです


今日は

女性との付き合う前のデートで、違和感なく自然に手をつなぐ方法

をお伝えしようと思います。



あなたは女性とデートをしているときに、どうやって手をつなごうか考えたことありますか?


・・・僕はあります。

何なら、女性とデートに行くたびに、どうやって手をつないで、その後××するのか?

まで妄想を膨らませています(苦笑)


まあ、今となってはその妄想が現実化することも、けっこうな確率であるんですが。


とりあえず、女性と手をつなぐことに何のためらいもない人は、たぶんこのページに用はないと思うので、さっさと立ち去ってくれてOKです。

 

 


・・・で、まだ読んでいるあなたはきっと女性と手をつなぐなんて想像しただけでも膝がガクガク言っているのでしょう。


いや、言い過ぎですかね。

でも、女性経験・恋愛経験の少ない男性であれば、やはりどうやって手をつなげばいいか?

これが1つの大きな課題となってくるでしょう。


なぜなら、女性との関係において、恋人と友達を分ける1つのキーポイントが、この「手をつなぐ」という行為にあるからです。

 

つまり、

手をつなぐ前=友達

手をつないだ=友達以上恋人未満

およそこのような数式が成り立ってしまうのです。


だから、僕は女性とデートに行く前には、どうやって手をつなぐところまで行くのか?

毎回のようにシミュレーションしております(苦笑)

 

それでですね、ちょうど先月かな。

ある女性とデートをしてきたときの話をしようと思います。


もちろん、何の意味もない自慢話をするつもりはありません。

ちゃんと手をつないできましたよ。


そのときの手をつなぐためのアプローチがあなたにとっても参考になると思うので、ここからの話は真剣に聞いてください。

 

・・・

 

あれは11月の終わりくらいだったろうか。

ちょうど肌寒い季節になってきた頃。


合コンで知り合い、いい感じに向こうからLINEでどーでもいいこと(←失礼)を送ってくるので、どうしたもんかと僕は迷っていた。

 

決してブサイクというわけでもないし、強いて点数をつけるとするならば、少なくとも60点くらいはあるだろう。

 

 

ただ、あまりタイプではなかったことと恋愛経験が少ないのか。

ヘタレだったころの僕が送っていたようなメールの内容をそっくりそのまま丸写ししてきたかのようにどうでもいい内容のLINEを送ってくる。

 

つまり、その気になれば、もう簡単にゲットまで行けるということだ。

 

しかし人間は簡単なことに興味を感じない。

攻略しがいのないゲームほどつまらないものはないのと一緒。

あとあと面倒くさそうだなーという予感もあり、アプリのモチベーションは上がらなかった。

 

だが、このままチマチマとLINEでやり取りを重ねていてもラチがあかないこと。

そもそも文章を書くのはこの仕事だけでもうお腹いっぱいだってこと。

何よりこんなブログを書いていて、何もしないなんてあっていいのか!?

 

そういった感情によって気づいたときには、僕はその女性と横浜の中華街でデートをしていた(笑)

ただ、もともとモチベーションも上がらないから、楽しくおしゃべりする程度で、別にどうこうするつもりもない。

あまりのやる気のなさに写真を撮ってくるのを忘れたのは本当にイタいけど・・・。

 

ただ、こういうときに限って、うまくいったりするから人生というのは面白い。

いや、皮肉だと言うべきか。


日も落ちて帰ろうとしていた際、彼女はこんなことを言ったのだ・・・。

 

 

「寒いね」

 

なんてことはない。

冬であればごく普通の会話だ。

 

しかし、その後に続く言葉が僕の予期しないものだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「寒いね。温めてよ。」

 

 

この言葉をアプリは聞き逃さない。

もちろん相手は冗談で言っているのだが、すかさず手をさすったり肩を抱いたりして距離を近づける。

 

そして・・・

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

はい、今回はここまでです。

続きはまた明日書いて行きますが、このままだとただの自慢話にしかならないので、今回の話からどうやって手を繋いで行けばいいのか?


その具体的な方法を解説していこうと思います。

 

「ただしイケメンに限る」

とかそんな元も子もないようなことは絶対に言わないのでそこはご心配なく。


今回は相手から「温めて」と言ってきてラッキーなことに変わりはないのですが、ちゃんとそこに至るまでの布石があったのです・・・

 

それでは、明日をお楽しみに。

 

APPLI