この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。


今日は昨日の記事
【冬季限定】付き合う前のデートで女性と違和感なく手をつなぐ方法 

の続きを書いて行こうと思います。

 

 

前回の記事では、女性のほうから「寒いね。温めて」と言ってきたことをキッカケに手をつないだという話をしました。


なので、今回は彼女にそう言わせるための布石自分から女性に仕掛ける際のコツをお話ししようと思います。

 

 

女性と手をつなぐためのコツ

まずあらかじめ言っておきますが、女性から「温めて」などと言ってくることはほとんどあり得ません。


付き合っている関係ならまだしも、付き合う前のデートであればなおさらです。

だから、手をつないだりするなどのリスクのある行動は男がとるべきだ、と僕はいつも言っているのですが、

では、なぜ今回、相手の女性は自分からそのようなリスクのある発言をしたのか?


そこにはちゃんと布石があったからです。

 

たしかに帰り際になって、その女性は僕にむかって「温めて」と言ってきました。


しかし、帰り際ですから、そこに至るまでの経緯はもちろんあるわけで。


その日はほぼ丸一日デートしていたんですね。


たまたま空いていたから、というのもあるんですが、基本的にまだ付き合っていない段階で、特に初デートであれば絶対に。

 

女性と長時間デートすることは危険です。

 

なぜだか分かりますか?

 

まず女性と長時間、一緒にいるということを想像してみて欲しいのですが、どうでしょうか?


いろいろと問題が出てくると思います。

たとえば、会話が続かない

なんてのは代表的な例ですよね。


相手の女性だって同じように思っているはずですから、そもそも長時間のデートに誘った時点で断られてしまうリスクが高いのです。

 

だから、基本的に1回目・2回目までのデートでは軽くおしゃべりするくらいの、ボクシングで言えば軽くジャブを打つ感じで、簡単に済ませておくのがベストです。

 

ただ、今回はすでに女性の好感度が高い、ということがLINEから判断できたので、

「まあ、空いてるし別にいっか。」と、

いろいろと実験のつもりで1日デートしてきました。


もちろん、デートに行くからにはそれなりにやるべきことはやります。


昼に屋外のベンチに座っていたときに“寒い”という話題から“冷え性”の話につなげ、

「こうすると冷え性改善するらしいよ」

などと適当なことを言って、“軽く”手に触れるという布石を打ちました。


また他にも会話をしている中で、ツッコミを入れたく場面ってありますよね。

そういう場面では確実にもれなく、肘であいての体をつついたり、肩を手のひらでバシッとやったりしていました。

 

だからこその帰り際に出てきた言葉がこれ。

「温めて」なんですね。


ラッキーなことに変わりはないのですが、ちゃんとやるべきことをやった上での幸運なので「運も実力のうち」とはよく言ったものです。

 

なので、あなたも同じようにやってください。

 

 

 

 

・・・と言っても、いろいろなテクニックが入り交じってるので難しいですよね。

 

なので、今回はあくまでも手をつなぐことだけにフォーカスしてお話しして行きます。

 

今回は相手から「温めて」と言ってきましたが、自分から言っちゃってください。

「いやいや、そっちのほうが難しいよ!!」

と思うのもムリはないのですが、もちろん、ちょっと引きつったような真顔で、震え声でオドオドしながら言ったらNGです。

 

そうではなくて、堂々と。

というよりもむしろ冗談っぽく言うのです。

ちょうど彼女が僕にやってきたように。

 

今サラッと言いましたが、この「冗談っぽく」ってのがキーワードです。

 

相手に引かれてしまうリスクのある行動は冗談っぽくやることでリスクを下げられます。

つまり、たとえそれで相手が怒ったり嫌われそうになったとしても、

「え、冗談なのに何ホンキにしてんの?」

と逆にからかってやることで、いずれにせよ主導権を握ることができるのです。

 

だから、冗談っぽく「寒いからあっためて♡」と言えば、向こうも冗談だと思って「えー、ヤダー」とか、そんなふうに返してくることがほとんどです。

 

しかも冬に長い時間、外を歩いていれば、お互いの体は冷えてきますし、そうでなくても「寒いね」という言葉は出てきます。

だから、その度に言うのです。

 

「あっためて〜」と。冗談っぽくね。

 

何度でも言うチャンスがあるし、何回も言っていれば次第に女性のほうも、もう何がなんだか分からなくなってきます(笑)


「まあ、別にそれくらいならいいかな」と、何回も冗談っぽく言うことで、お互いの体が接触することに対する抵抗がなくなっていくのです。

 

僕はそれで一度おもいきり、タイタニックばりに手を広げて言ってみたところ、女性のほうから抱きついてきたことがありました。

つまり、これは手をつなぐ以外にも

  • 肩を抱いたり
  • フレンチハグしたり
  • 腰に手を回したり

そういったことに応用ができるのです。

 

うまくやれば、「そこのホテルであったまって行こうよ」とホテルに連れ出すこともできる。

 

couple-holding-hands

・・・かもしれません。

 

とにかく、「寒いね」という話題が出たら、冗談っぽく「温めて」と言う。


これさえ徹底しておけば、女性の体に触れるチャンスはいくらでもあります。

本当にそのままの流れで、お互いの体をお互いの体であたため合うことだってできる可能性もあるのです。

 

自然と手をつなぐコツとしては、「寒いね」から「冷え性でしょ?」いう流れをはさみ、「あたためてあげようか?」で手を繋ぐ。


あるいは、相手が冷え性でないなら、「実は俺、冷え性なんだ」からの「あたためて♡」でフィニッシュ。

 

別に冷え性であろうがなかろうが、

「でも、手冷たいよ?」
「ほら、手冷たいでしょ?」

などの会話で盛り上がることができれば、それはもう恋人になったも同然です。

 

タイトルにも冬季限定とつけましたが、人肌恋しいこの季節。

この方法で相手の肌のぬくもりを感じてみてはいかがですか?

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI

 

 

PS

僕は常にこういうくだらないことを考えているのですが、夏にはどうすればいいかなーとちょっと考えてみました。


たとえば、キンキンに冷えた缶ジュースを手にもって、相手の顔にくっつけてイチャイチャしつつ、

「冷たいでしょ?俺の手も冷たくなっちゃった」

などと言って、布石を打つとかですかね。


まあ、今回の話の本質は

「リスクのある行動は冗談っぽくやる」

ということ。

もっと分かりやすく言えば、子供のようなイタズラ心なのです。

そういう意味では、よく街でバカップルがやっているような行動や会話はバカにできませんよ^^