この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

今日は好きな女とセックスしたいなら誠実な男になってはいけないという話をしたいと思います。

 

意外に思うかもしれませんが、誠実な男であればあるほど女性にはモテません。

 

にわかには信じられないかもしれませんが、自分にウソをつける男がモテるのです。

そして、結果として女性とのセックスを手に入れると。

 

あなたは積極的にちゃんとウソをついているでしょうか?

 

ここでいうウソとは、別に女に隠し事がバレそうだからウソをつくとか、会話を盛り上げるためのテクニックとして大げさなウソをつくとか、そういう話ではありません。

(それらももちろん重要です)

 
そうではなくて、自分に嘘をつくのです。

では、自分にウソをつくとはどういうことか?

 

よく、女性に好きな男性のタイプを聞くと、「誠実な男が好き」だなんて返ってきますよね。


でも、誠実に、一途に一人の女性を追いかけ続け、マメにメールも送ってるのに、全然振り向いてもらえない・・・。

なんてことはよくあるわけです。

 

過去の僕がそうでしたし、あなたにもこんな経験があるんじゃないでしょうか?


「俺はこんなにも誠実なのに
どうしてあいつらは分かってくれないんだ!!」と。
 

「誠実な男が好き。」

彼女達も決してウソをついているわけではありません。

きっとそれが真実なんでしょう。

 

しかし、実際に女性とデートをして心を開かせ、セックスできる男は決して誠実な男ではありません。

 

もし、あなたが彼女達の言葉を鵜呑みにして、誠実な男であろうとすればするほどモテなくなります。

 

なぜなら、女性は本能的に不安を感じさせる男を好きになる生き物だからです。

 

不安を感じさせる。

 

あなたは女性がいったい何に不安を感じるか分かりますか?

 

結論から言ってしまうのですが、彼女達の本能は潜在的に、

 

「捨てられてしまうこと」

「他の女に寝取られてしまうこと」

 

にとてつもなく大きな恐怖を感じるのです。

 

理由は明白で、女性は一度、男性とセックスして妊娠でもしたら、その後10ヶ月は他の男の精子を受精することができず、また、身重な体やつわりなどの身体的苦痛に加え、マタニティブルーなどで精神的にも不安定になります。

 

しかも、子供を生んだらハイ終わり、ではなく、その後長い時間、子育てをしなければなりません。

 

そんなときに支えてくれる男性がいないなんて・・・

想像するだけでも恐怖でしかないんです。


もちろん、普段からそんなことを考えているというわけではなく、太古の昔から女性のDNAに潜在意識に、深く刻み込まれた恐怖なんです。

 

だから、僕ら男は彼女達が安心してセックスできるような強い男にならなければならないんですが、

その話はここでは置いておいて。

 

女性は捨てられることに恐怖を覚える生き物です。

 

だったら、それこそ、

「女性が安心できるよう、誠実さをアピールすべきなんじゃないか?」

って思うかもしれません。

 

しかし、逆なんですね。

 

女性に不安を与えられる男にほど女性は魅力を感じるのです。
彼女達の恐怖を刺激できる男がモテるのです。


よく「吊り橋効果」なんてうさんくさい心理学の用語があって、吊り橋の恐怖によるドキドキを恋によるドキドキと錯覚してしまう、

というものなのですが、女性の本能的な恐怖を刺激するということは、それと同じか、それ以上の効果をもたらすんですね。

  3403967566_2feeb5b6a3

モテる男ほどさらにモテて、モテない男はさらにモテない。

恋愛格差がますます広がっているのが今の社会だと思いますが、なぜ、このようなことが起こるのか?

 

それは、モテる男ほど先ほどの潜在的な恐怖にアプローチしやすいからです。

 

「私とはひょっとしたら遊びなのかも・・・」

「他に女がいるかもしれない・・・」

 

潜在意識が不安を感じれば感じるほど、女性はより、その男にのめり込んで行きます。

 

ただし、あまり恐怖ばかり与えすぎると、破局を迎えたり、女性がおかしくなってしまうので、適度に安心感を与える必要があります。


そこはバランスですね。

 

こう書くと、なんだかすごく悪質な結婚詐欺師みたいな手法で嫌なのですが、何も難しいことは言ってなくて、僕がいつも言っているように、自分が女性を追いかけるのではなくて、女性が自分を追いかけるような男になろう。

 

ということです。

 

そして、ちゃんと追いかけてきてくれる女性とは、楽しい思い出を作ったり、嬉しいサプライズをしてあげればいいんですね。

 

過去の僕は、

「誠実でいればきっと彼女は振り向いてくれる」

「ずっと好きでいれば絶対に分かってくれる」

「好きな人がいるのに他の女性と遊ぶなんて言語道断!」

こんなふうに考えていました。

 

しかし、それでうまくいくはずもありません。

典型的なモテない男の発想だからです。


女性に追いかけられる男ではなくて、女性を追いかける男の発想ですよね。

 

いいですか。

 

女性を口説いてセックスするうえで、誠実さなんてハッキリ言って必要ないんです。

 

なんか夢も希望もロマンもないような話に聞こえるかもしれませんが、

 

「俺に振り向かない女はしょせんその程度のレベルなんだ」

 

僕はこう思うようにしています。

ハッキリ言ってかなり失礼です。

口に出せばビンタされても文句は言えないでしょう。

 

ここで、冒頭の質問に戻るのですが、自分にウソをつくとはこういうことです。

 

どんなに高嶺の花と思われているようなキレイな女性でも、自分に「こいつは大したことない」とウソをついて自己暗示をかけることで

(マインドをセットすることで)

落ち着いて冷静にその女性を口説くことができるんですね。

 

余裕が生まれるんです。

 

なんだかひどい男に見えるかもしれませんが、その一方でちゃんと女性に対してリスペクトはしているんですよ?

 

だって、女性は自分たちを生んでくれた尊い存在じゃないですか。

 

それを無視して「女はクソだ」なんて思っていたら、それこそ、ただのクソ野郎だと思います。

 

でも、人間が一度手に入れた物に興味をなくすように、女性は完全に手に入った男に価値を見出せなくなります。

 

だから、誠実さを見せるなんて僕に言わせればとんでもない!

 

「俺は何があってもお前から離れないよ」

 

なんて言ったり、態度で示したりすると、

 

「捨てられてしまうんじゃないか」

 

という恐怖を刺激することができず、恋愛特有のドキドキ感が生まれなくなって、物足りなく感じてしまうのです。

 

だから、女性を口説いてセックスするまでは、決して誠実さをアピールすることなんてありません。

 

いや、女性と付き合うようになってからも一緒ですね。

「この人の全てを知ってしまった」

「もうこの人は完全に私のものだわ」と思わせてしまったら、女性が自分に興味をなくして平気で浮気するかもしれませんから。

 

(実際にそういうケースを何度も見てきました。)

 

それこそ、誠実さを見せるなんて結婚してからでも遅くないんですよ。

 

だから、どんなにイイ女でセックスしたいと思っても、「こんな女は別に大したことない」と自分に暗示をかける、そうやってマインドをセットすることで、どんな美女とも対等に話すことができるのです。

 

別に根は誠実でいいと思うんですよ。

というか、その方が人間としてはむしろプラスでしょう。

 

でも、女性をゲットするまではそれを表に出さないでください。

 

好きな女性がいるんだったら、その女性を落としてセックスするまでは誠実さを封印してください。

 

それが結局、あなたの好きな女性とセックスするための一番の近道ですから。


なかなか難しいと思うかもしれませんが、一度、このような思考法ができるようになれば、女性がみるみるうちにあなたに落ちて行きます。


すると、自然と「俺に振り向かないなんてコイツはバカじゃないか」とホンキで思えるようになってくるんですね。


自信がつく。

と言えば、分かりやすいでしょうか。


とにかく、余裕が生まれるってことです。

本当にモテる男になるってことです。

だから、質実ともにモテる男になるまでは、モテる男の発想法をトレースすることで、モテる男に近づいていきましょう、ということです。


まずは、俺に振り向かない女なんてどーでもいい。」こう意識することから始めてみてください。

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI