この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

今日は異性と出会う場所には2つのタイプがあるという話をしたいと思います。

 

 

2つの出会いの種類

その2つのタイプが

  • 狩猟型
  • 農耕型(漁猟型)

に分けられるんですが、あなたはどちらが得意でしょうか?

 

え?そもそもそんなタイプ知らない?

 

なるほど、たしかにそれもそうかもしれません。

しかし、この2つのタイプを意識していないとあなたはムダな努力を重ねて結果、1人も女性と出会えない・・・。

 

そんなリスクだってあるのです。

 

どういうことか?

 

たとえば、今までずーっと童貞で、女性と話すのが超苦手。

そんな人がいきなりナンパに挑戦したとして、うまくいくでしょうか?

 

うまくいくはずないですよね。

 

そりゃ、何百人、何千人と声をかけ続ければ、いつかはうまくいくでしょうが、その前に心が折れてしまって「俺なんかに彼女ができるわけなかったんだ・・・」。

 

そうやってまた元の冴えない生活に戻って行く。

だいたいこういうケースが多いです。

 

でも、これってとてももったいないことだと思うんですよ。

せっかく勇気を出して行動できたのに、自分に合わないやり方でムダに失敗する人がいかに多いことか。

 

そりゃナンパって、タダで自分のタイプの女性とワンチャンできるので、これほど夢みたいなことはないと思います。

 

でも、だからといって、いきなり誰でもできるようになるわけじゃありません。

もともとガンガン人とコミュニケーションをとれる人ならすぐに成果を出すでしょうが、いわゆる草食系男子と呼ばれる人たちがいきなり成果を出すのは難しいでしょう。

 

実際、僕は今でもナンパはあまり得意じゃありません。

仲間のノリに合わせてナンパをすることもありますが、あまり効率的じゃない気がして、どうも好きになれないんですよね。

 

でも、出会いがないわけじゃありません。

むしろ、ナンパだけにこだわっていたら未だに童貞だったかもしれないし、きっと今こんなふうにブログを立ち上げたりしていないでしょう。

 

だからこそ、ちゃんと自分に合った出会いの場を探すことが大事なのです。

 

で、一口に出会いの場と言っても、種類はたくさんあります。

だから、まず大きく2つに分類するんですね。

 

それが先ほどの

  • 狩猟型
  • 農耕型(漁猟型)

です。

 

狩猟型

言葉のイメージからなんとなく分かるかもしれませんが、当然ナンパは「狩猟型」です。

街にいる獲物(お姉さん)を自分から狩りにいくイメージそのものです。

 

他にも狩猟型に分類されるのは、

  • クラブ
  • パーティ
  • イベント
  • 出会い系

などがあるでしょうか。

 

これらの出会いの場では、ある程度、自分から積極的に声をかけに行く必要があります。

なので、恋愛初心者にとっては少しハードルが高いですね。

 

もちろん、こういう場所で挑戦してみるという経験も非常に大事なのですが、うまくいかなかったからといって、落ち込まないことです。

 

こういう場所では、一定レベルのコミュニケーション力が求められる上に、ライバルも多く、結局は数が物を言うからです。

 

うまくいかなくて当たり前。

 

そういう強いメンタルを持っているならガンガン挑戦していってください。

まあ、何事も経験ですけどね。

 

 

農耕型(漁猟型)

4428646531_3af184aa48

もう1つは農耕型。

 

これはどういった出会いの場があるかというと、

  • 合コン
  • オフ会
  • サークルやバイトなどのコミュニティ
  • 友達からの紹介

などなどがあります。

 

これらは特に自分から積極的にいかなくても、出会うまでなら簡単に出会えてしまうというか自然に出会いが発生します。

もちろん、そこから先は自分から積極的にアプローチしないとダメですが、女性と顔見知りになる段階までなら、狩猟型に比べて特に努力はいりません。

 

また、ある程度、同じ時間を共有できるので、他のライバルに少しでも差をつけることができれば、それだけで一気にモテるようになります。

 

特にコミュニティの場合はそれが顕著です。

 

ただ、農耕型は狩猟型に比べて数が打てません。

また、受け身な出会い方ですから、当然ハズレを引くこともあるんですね。

 

なので、

たくさんの女性と出会いたい!

タイプの子だけと付き合いたい!

今すぐにヤリたい!

という場合にはあまり向かないでしょう。

 

少しずつ種を蒔いて、育ったら摘み取るという、まさに農耕のイメージそのものですから。

 

だから、農耕型の戦略のポイントとしては、あまり最初から選り好みしないことです。

ちゃんと見た目を整えて、それなりに場数を踏めば、たいていあなたのことを好きになってくれる女性が現れます。

 

そこで「あまりタイプじゃないから・・・」とやっていると、どんどんチャンスを逃すことになりかねません。

 

行けそうなら迷わず抱く。

 

これが農耕型で長期的に成功するためには大事な視点です。

 

また、たとえ男女の仲になれなかったとしても、その後、合コンにつなげたり、イベントに呼んだりして、長期的に友達としての関係を築いておくことも大事です。

 

そこからまた新たな出会いが増えて行って、気づいたときには爆発的に出会いが増えるようになるのが、この農耕型の特徴ですから。

 

最初は焦らずじっくりと、でもチャンスがあれば逃さない。

 

この姿勢を貫いてください。

僕もそうやって出会いを増やしてきたんで。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI