この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

ちょっとイメージしてみてください。

 

もし、あなたが飲み会で知り合ってちょっと「カワイイな〜」と思っていた子と、みごと連絡先を交換できたシーンを。

あなたはどうなりますか?

 

ひょっとして「よっしゃー!この子はきっとオレに気があるに違いない!!」なんて思ってませんよね?

 

もし、思っているのなら要注意ですよ。

その後、既読無視されてしまうこと間違いなしです。

 

 

女性にとって連絡先の交換は普通のこと

これは本当に多くの男性が勘違いしていることなのですが、女性にとって連絡先を教えるということは名刺を渡すのと同じくらい大したことのないことです。

 

つまり、社交辞令みたいなものということ。

あなたはもらった名刺を大事に保管してますか?

・・・普通しませんよね。

 

よほど印象に残る人でない限り、ちょっとの罪悪感とともにビリビリに引き裂いてゴミ箱にポイっとするはずです。

 

にもかかわらず、特に女性経験の少ない男性ほど、連絡先を交換できた=交換した子は自分に気があると単純な思考に陥りがちなのです。

 

 

たとえば、合コンが終わって帰り際、勇気を出して気になった女の子に「連絡先を教えてくれませんか?」と聞いたとしましょう。

そう言われた女の子は「え、まあいいですけど」とあっさり連絡先を教えてくれます。

 

すると恋愛初心者は、この時点でもう心の中はお花畑です。

 

「連絡先を聞けたってことは少なからず俺に気があるんじゃないか」

 

しかし、残念ながらそんなことは決してありません。

女性というのはよほどのことがない限り、連絡先を聞かれたらとりあえず教えます。

 

「名刺をください」と言われて渡すようなものです。

別にばらまいたところで何も困るようなことはないですよね。

 

だから、その場で断って場の雰囲気を壊すよりも、とりあえず教えて返信するかどうかは後で考えよう。

こういう発想になるのです。

 

恋愛初心者にとって連絡先を聞くという行動は、一つのハードルになるかと思うのですが、あなたが思っている以上に女性達は驚くほどあっさりと連絡先を教えてくれます。

 

でも、だからといって気があるわけじゃないので注意してくださいね。

 

勇気を出して、ようやく連絡先をゲットできた。

その経験は素晴らしいことですが、連絡先を交換できたことそのものによって舞い上がってしまうと、返事が来なかった時の落差が激しいですから。

 

僕の経験上、まあ出会い方にもよるんですけど、よっぽどのイケメンでない限りは3人に連絡先を聞いて1人返ってきたらいいほうです。

冷静に考えれば当たり前のことなんですが、連絡先を聞けたからといって必ずしも返信があるとは限らないのです。

というか、そのまま既読すらつかずにスルーされてしまうことも多いです。

 

 

こうやって記事を読んでいる時は「そりゃそうだ」と納得するんですが、いざ実際に女性に連絡先を教えてもらえると、どうしても「とはいえ、やっぱり気があるんじゃないか・・・」、こう考えがちなので、本当に気をつけてくださいね。

 

そう思ってしまった時点で男はどんどん自分の魅力を下げる言動をとりがちですから。

「好意の返報性」について書いた記事にも関連していますよね。

 

 

とにかく、その後返信があるかどうか、そして、その内容が社交辞令的なものではないかどうか、こういうところを見て冷静に相手の好感度を測って行く必要があります。

 

連絡先交換=気があるではないってこと、よく覚えておいてくださいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI