この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

今日はデート、特に初デートで食事に行く場合、どうやって店を決めればいいのか?について話していこうと思います。

 

 

付き合う前の初デート場所は男性が決める

恋愛経験、女性経験の少ない男ほどやってしまいがちなミスがあるのですが、それが女性をデートに誘っておいて食事に行く場所などを全く決めていないということです。

 

どうしてこうなるのか?

男側に女性が食べたいものを食べさせてあげたいという心理があるからなんです。

 

しかし、女性からすると「店くらい男が決めてよ」という思いがあります。

 

だから、全く店を決めずに、女性に「どこ行く?」なんて聞いてしまうと、女性はあなたのことを頼りがいのない男として認識してしまうかもしれません。

 

そうならないように特に初デートでは男が自分で店を決めなければならないのですが、かといって女性に「何が食べたい?」なんて聞いても「なんでもいい」としか返ってきません。

 

お母さんに「今日の晩ご飯何にする?」と聞かれたときの返事じゃないんだから、もうちょっとは考えてくれてもいいじゃないか・・・。

 

そんなことを思ったことは僕にもあります。

だって、10人の女性に聞いたら9人は「なんでもいい」と返ってきますからね。

 

よっぽど男気があったり普段からキャリアウーマンでバリバリやってたりサバサバしている女性だったら別ですけど。


そんな女性は少数派ですよね。

 

でも、これは仕方のないことなんですよ。

 

なぜなら、よく僕は女性にとっての初デートはお試し期間だということを言っているのですが、女性からすると、あなたが

  • どんな食べ物が好きで
  • どんなものが嫌いで
  • よくいく店はどういうところで
  • どんな雰囲気が好きで
  • どれくらいの予算を考えていて
  • どんな金銭感覚を持っているか?

全く分からないのです。

 

だから、女性の方から行きたい店を主張してくることは滅多にありません。

 

これが付き合って長いカップルだったり、2回目3回目のデートであれば、また話は少し変わってくるのですが、まだ出会って間もないころはほとんどがこのような傾向にあると言えます。

 

なので、基本的には男がぜんぶ店を決めなければならないのですが、かといって、全部が全部こっちで決めてしまって外した時の女性の反応を考えるとちょっと怖いですよね。

 

まあ、「そんなこと考えてるからヘタレなんだよ!」と女性達には突っ込まれそうですが(苦笑)

 

でも、リスクはとるべきところでとって、余計なリスクは取らないようにするのが、何事も成功するための基本です。

 

なので、僕は女性に「何が食べたい?」と聞くのではなく、「嫌いな食べ物とかある?」と聞くようにしています。

 

こうやって聞けば嫌いなものがあるときはそれを答えてくれるし、なければないで「ないよー」と答えてくれます。

 

つまり、連れて行った店が女性の嫌いなものばかりだった・・・。

 

実際にはそんなことほとんどないのですが、そうなってしまうリスクをなくすことができるのです。

 

また、できれば女性を食事に誘う際には、あらかじめ何が好きなのか?ぐらいはリサーチしておくとベスト。

 

たとえば、女性が最近インド料理にハマってるみたいな話をしたんだったら誘うための口実になるわけですし。

「今度○○に美味しいインド料理の店があるからそこ行こうよ」


これで誘い方はバッチリです。

この際、別に美味しい店を知ってる必要なんてないですからね。

 

ぐるなびとか食べログで後から調べればいいだけです。

たとえ、それで美味しくなかったとしてもそれはそれで話題になりますから。

この辺、真面目に考えすぎてると本当にバカを見ますよ。


もちろん、いい店を知っているに越したことはありませんが、知らなくても工夫次第でどうにもでもなる、ということです。

 

また話の流れでどこに行くのかが決まらなくても店は適当に決めてオッケーです。

 

ただ、このときに注意してほしいことがあって、僕はこれを男女9:1の法則と呼んでいます。

 

 

付き合う前の初デートで行く店を決める“男女9:1の法則”

ですが、たとえば、女性とどこかにご飯を食べに行くことになったとしますよね。

 

あなたならどうやって店を決めますか?

 

 

僕がオススメするのは2つくらい候補を挙げて、「中華と焼き鳥、どっちがいい?」みたいな感じで女性に最後の決定権を与えます。

 

そこでも「どっちでもいい」ようなら、もう全部こっちで決めればいいし、彼女がどちらがいいか指定してきたら、そこに行けばいいだけの話です。

 

つまり、9割は男が決めて、残りの1割を女性に決めさせるということですね。

 

こうすれば、ちゃんと女性の意見も汲み取った上で、デートに行く店を決めたことになりますから、大きく外してしまうことはありませんし、外してしまっても女性は文句を言えないのです。

 

また9割は男性が決めているので、ちゃんと男らしさ、頼りがいもアピールでき、主導権をこちらが握ることができるのです。

 

デートで行く店を決める時は男が9割、女が1割。

この男女9:1の法則をぜひ覚えておいてください。


二度と店選びで失敗することはなくなりますから。

それどころかうまくやれば女性が大喜びしてくれますよ。

 

それでは今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

APPLI