この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、オトメゴコロ研究所所長のアプリです。

 

 

今日はいつもより少しブラックな内容について話したいと思います。

ブラックというか、あなたが大好きなちょっとエッチな話です。

bored-at-work-16

それも、どのタイミングで女性をエッチな気分にさせるか、いつホテルや家へ誘えばいいのかという、終盤戦での決定力に関わる魅惑的な話です。

 

このタイミングを逃してしまったばかりにだらだらと友達の関係から抜け出せなくなってしまったり・・・。

 

タイミングを誤ってしまったばかりにせっかく時間とお金をかけて好感度を積み重ねてきた女性にあっさりとフラレてしまったり・・・。

 

とてももったいないことになりかねません。

 

なので、まだ「そもそも女性とデートにすら行けてないよ」っていう草食系男子の方でも知っておいて損はないでしょう。

 

 

女性の好意を知る2つのサイン

では、早速ですが、どのタイミングで女性を誘えばいいのか?

 

これを見極める方法としては、「女性があなたのことをどう思っているのか」を考えるってことです。

 

「俺はいつもあの子のことを考えてるよ!」

 

という思うかもしれませんが、そうじゃありません。

 

あなたが彼女のことをどう思っているかではなくて、彼女があなたのことをどう思っているかを客観的に考えてください。

 

難しいですか?

 

特に先に自分が惚れてしまった女にはなかなか冷静になることはできませんから、「彼女が自分のことどう思っているか客観的に分析できるなら、もうとっくにやってるよ」という声が聞こえてきそうです。

 

そうですね。それもそうです。

でも、難しく考える必要なんてどこにもありません。

 

女性の気持ちを知るために、そして冷静な判断を下せるようになるために、今回は2つのサインを用意しました。

 

それがタイトルにもある通り、好感度警戒心という軸です。

 

この2つの指標をもとに女性があなたのことをどう思っているのか、なんとなくですが、ある程度客観的に判断することができるのです。

 

つまり、どういうことかと言うと、

 

  • 女性があなたに興味を持っているのか?
  • 好意を持っているのか?
  • あるいはもうすでに好きになっているのか?

 

これが1つ目の指標、好感度になります。

どうやってそれを見極めるか?については、旧ブログのこの記事を参考にしてください。

 

LINEで相手の好感度を知るための4つの指標

 

他にも女性の好感度を見極める方法はいくつかあるのですが、ここで話しだすとキリがないので、後は無料メール講座のほうで勉強してください。

 

 

また、もう一つの軸として挙げたのが警戒心でしたよね。

 

これは女性があなたに対してどれくらい警戒しているか?

を考えるということです。

 

たとえば、デートに誘うと断られるけど、皆で遊びに行く分には全然オッケーしてくれる場合。

 

好感度もさることながら、警戒心は非常に強いと言えます。

 

また、デートに誘えば来るけれど、時間を常に気にしていて、終電にはきっちり帰る。

 

この場合は、あなたに興味は持っているけれど、完全に警戒心は解きほぐせていないという状態ですね。

 

こうやって、その女性が、

 

自分に好意を持っているのか・いないのか?

まだ警戒しているのか・いないのか?

 

大まかに分類していくんですね。

 

最初は感覚で掴んで行くしかないんですが、慣れてくればかなり正確に自分の立ち位置というものが分かりますし、この2つの指標を意識するだけでも、女性との温度差に気づかず暴走してしまうリスクはかなり減ります。

 

なので、まずは意識するところから初めてみてください。

やればやるほど、女性にどう思われているか分かるようになっていきます。

自分の中で判断基準が蓄積されて行くんですね。

 

んで。

冒頭の話に戻ります。

 

 

女性の態度から好意を測る

どのタイミングで女性にクロージングをかけるのかは女性の態度から好意を測って決めていきましょう。

 

これは1つ目の軸、好感度にかなり左右されます。

警戒心のほうはあまり関係ないと言ってもいいでしょう。

 

つまり、女性があなたに好感を持っているのであれば、たとえまだ警戒している状態でもうまくやれば、ホテルなり家なりに連れ込むことができるということです。

 

もうあなたのことが好きで、しかも警戒もしていない。

 

そういう場合は、「家で飲もう」とか「もっと一緒にいたい」の一言で十分です。

 

しかし、好きだけれども警戒はしているという状態もあります。

 

よく外見はいいのに、なぜか女性にモテず、長年童貞という男に見られるパターンです。

 

これは女性が「この人はモテるだろうからヤリ捨てられるんじゃないか」と警戒してしまうからなんですね。

 

だから、こういうパターンに当てはまっている場合は、警戒心を外す工夫をしながら口説いて行かなければなりません。

 

どんな言葉をかければ安心するか?

それをよく考えてみてください。

 

そして、まだ好意を持っていない場合。

 

これは警戒心を持っていようといまいと、クロージングをかけてはいけません。

 

何をやるかって、まずは好感度を積み重ねて行く方が先です。

 

にもかかわらず、多くの男性はヤルこと以外頭にありませんから、「どうやって口説き落とそうか」とか「どんなふうにホテルに誘えばオッケーが貰えるだろうか」とか

 

そういう終盤でのテクニックばかり学んでいます。

 

もちろん、終盤力は身につくので、好意を持たせて警戒心を外すことができれば、いとも簡単にゲットまで持って行くことはできます。

 

しかし、その一方で、まだクロージングをかける段階ではないときにも同じようなアプローチで口説くためのテクニックを使ってしまうから、結果、女性に逃げられてしまうことも多いです。

 

なので、もしまだ自分がそのタイミングではないと感じたら、口説きのテクニックばかりに走るのではなくて、好感度を積み重ねて行くことを優先してください。

 

どうやって好感度を高めて行けばいいかは無料メール講座のほうで解説しています。

興味があれば登録しておいてください。

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI