この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

いきなりですが、あなたは言い訳が得意だと思いますか?

 

「言い訳するなんて男らしくない!」

 

と思ったあなたは少し危険です。

 

なぜなら、言い訳のうまい男ほどモテる男が多いからです。

 

 

女性をデートに誘うときは言い訳、理由づけをする

「そんなバカな!」と思うかもしれませんが、そんなバカなことがまかり通る世の中なのです。

 

とはいえ、僕も自分が犯した過ちについてダラダラと言い訳をするのは好きではありません。

 

悪いことをしたなら素直に謝るべきだと思います。

 

また、今日お話しするのは、浮気がバレてしまった時の言い訳の仕方とか、予定をドタキャンしても怒られない言い訳の仕方とか、そういったものではありません。

 

(そういう時の言い訳を考えておくのは大事なことですが)

 

では、言い訳がうまい男がモテるとはどういうことなのか?

 

そもそも言い訳という言葉にはかなりネガティブなイメージがありますが、ちゃんと訳を説明して相手を納得させることができれば、必要以上に摩擦を生まずに、人間関係が良好にいくことが多いです。

つまり、言い訳がうまいということは、相手を説得するスキルに長けているということなんですね。

 

 

これがモテることとどう関係があるのかというと、女性は納得のいく理由がないと行動してくれません。

 

たとえば、女性を誘うときに、ただ「今度、遊ぼう」でもいいのですが、ちゃんと誘う理由があったほうが女性も誘いに乗りやすいですし、自分から誘ってもガッツいている感が出ません。

 

なので、

 

「ものすごく美味しい店見つけたから、今度そこ行ってみない?」

「チケットが余ったからよかったら一緒に行こう」

「女友達の誕生日プレゼント選ぶの手伝って」

 

など、どれもベタで使い古された物ですが、皆が使っているだけあって、それなりに効果が高いんですね。

 

何より、ちゃんと言い訳、理由付けができている。

これが非常に大事なポイントです。

 

どうしても「今度遊ぼう」だと、二人で遊ぶことが目的になってしまうのですが、こうやって口実を作ることで、遊ぶことは二の次になる。

 

つまり、

「美味しい店に行くこと」

「余ったチケットを使うこと」

「誕生日プレゼントを選ぶこと」

が目的になっていると。

だから、2人でデートするというニュアンスを薄めることができるということです。

 

こういう理由がなければ、女性のほうも、

「え、なんで?」

となってしまうことが多く、結果的に「忙しい」などと言って断られてしまうんですね。

だから、女性が納得のいく自然な理由を作れる男ほど女性にモテやすいのです。

 

 

これは女性と接するときには常に意識しておいて欲しいことです。

 

特に、家やホテルに誘う場合には、絶対に「家に行こう」とか「ホテル行こう」では女性はついてきてくれません。

軽い女として見られるのが嫌だからです。

 

なので、ちゃんと理由付けをする必要があるんですね。

 

たとえば、ベタなものでは、「DVD借りて家で見ようよ」とか。

他にも女性が動物好きなら「家で飼っているネコ見においでよ」とか。

女性と料理の話題で盛り上がったなら、「手料理ふるまってやるから家来いよ」とか。

 

別に本当にDVDを見たり、料理を作ったりする必要はありません。

自然な流れで誘えるのであれば、別に理由は何度もいいんですよ。

 

「そういえばDVDプレイヤー壊れてたわ」とか「冷蔵庫に食材ないの忘れてた」とか、そこはちゃんと”言い訳”をすればいいだけの話です。

 

とにかく、女性を誘うときには、言い訳をする。

自然な口実をつくるということを考えてください。

 

自然かどうかは自分の主観でオッケーです。

 

あまりにもヘンテコな言い訳をしてはダメですが、自分が言いやすいものであれば、何でも大丈夫です。

 

いざってときのために今から準備をしておきましょう。

 

誘うときに言い訳は必要。

ぜひこれを覚えておいてください。

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。


APPLI