この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、アプリです。

 

あなたは気になる女性とデートするとき、どのようにして場所を決めているでしょうか?

 

ひょっとして女性に「どこ行きたい?」なんて聞いてませんよね?

もし、聞いてしまっているのなら、今日からやめてください。

 

 

デートコースの場所は男が決める

日本には男がデートコースの場所を決め、それに女性がついていく、という風習があります。

 

もうすでに女性と付き合っていて、デートを何回もしている状態であれば別に構わないのですが、女性と付き合っていない段階、特に最初の1、2回目のデート。

 

このような場合は男がデートに行く場所を決めなければなりません。

もし、ここで女性に決めさせようものなら、「デートコースも決められないなんて頼りない男」というレッテルを貼られかねないのです。

 

いいですか。

デートの約束さえしてしまえば、女性は基本的にどこにでもついてきます。

 

もちろん、どこにでもついてくるといっても、いきなりホテルに行こうとすれば99%断られるし、あまりにマニアックなところに連れて行くと二度と連絡がつかなくなる可能性が高いです。

 

なので、特に初デートや2回目のデートまでは無難なデートコースにするのがオススメです。

よほどお互いに行きたいところの話で盛り上がったのでなければ、ふつうにご飯に行くだけでいいでしょう。

 

この際、女性に、

  • 好きなもの
  • 嫌いな物

くらいは聞いておいてくださいね。

 

いくらどこにでもついてくると言ったって、嫌いなものばかり出てきたらデートどころではないですから。

ここさえ外さなければ、別に高いコースの料理店に行く必要はありません。

 

 

大事なのは、どこに連れて行くかよりも、いかにデートでの会話を盛り上げて、女性を楽しませるかなのですから。

 

もちろん、女性も美味しい店はいろいろと知っています。

しかし、だからといって、そういった店を女性から指摘することは稀なんですね。

 

なぜなら、あなたの経済状況を女性は知らないわけですから、ちょっと高かったら申し訳ないな、と思ってしまうからです。

 

食事代は男性が払うことも多いですから、女性は余計にそのような気持ちがあるのです。

なので、デートコースは男が決めるようにしてください。

 

 

じゃあ、どこに彼女を連れて行けばいいのか?

 

という話ですが、これはもう自分でリサーチするしかありません。

 

僕がまだ恋愛初心者だったころは、とにかく下調べをしました。

女性の嫌いなものを聞いて、和食か中華か洋食のどれが好きか?

この辺りの情報と、自分の住んでいる地域、相手の住んでいる地域をベースに、ぐるなびで検索しまくるんですね。

 

そして、不安なら実際に足を運んでみると。

 

この際、店を選ぶポイントしては、

  • 横並びの席(またはL字のソファー)があるかどうか
  • 完全個室があるかどうか
  • 証明は暗めで雰囲気はいいか
  • トイレに清潔感があるか
  • あまりに安っぽすぎないか

などを意識します。

このうち3つ以上あれば合格でしょう。

 

後は、ふだんの飲み会だったり合コンだったりで行った店がたまたまオシャレだったら必ずチェックして、店の名前と電話番号をメモしておきます。

他には、女友達が最近行った美味しい店の話をしていたら、詳細を細かく聞いたり。

街を歩いているときに、よさげな店を見つけたら、名前をメモするなりして、後日行ってみたり。

 

こうやって自分だけのデートスポットを増やして行くんですね。

検索すればデートスポットはいくらでも出てきますが、百聞は一見に如かず。

実際に足を運んだことのある店だからこそ、自信を持って彼女を連れて行くことができるし、堂々と落ち着いて会話に集中することができるのです。

 

なので、デートスポットを自分の中に蓄積していく、この発想を持つようにしてください。

 

意識して過ごしていれば、1年後、2年後には膨大なデータが蓄積されて、デートスポットマスターと呼ばれているかもしれませんよ?

 

というわけで、今日はこの辺で。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

APPLI