経験人数が20人以上になってもモテている実感が全くありません【恋愛相談vol.49】

自信をなくした帰り道

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのAPPLIです。

今回は久しぶりの「恋愛相談」記事です。

あえてブログでの回答はしばらくやってなかったのですが、今回は非常に良い質問が来ていたのでシェアしようと思った次第です。

ザックリ今日の話をまとめるとこんな感じ。

本日のトピック

  • 彼女3股は当たり前。即ヤリチャレンジを繰り返す。
  • 本命には3連敗・・・
  • あなたのことがわからないと言われる

まさに僕が大事にしている理念に通じる話です。

「モテモテになってやるぞ!!」と頑張った結果、陥りやすい罠にわかりやすくハマっていますので(苦笑)

ぜひ「自分もこうなってしまうかも?」という視点で読んでみてください。

それだけで「モテるようになったのに自信がなくなる罠」にハマるリスクを回避できますから。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)・恋愛コンサルタント歴7年 ・恋愛相談1307件以上 ・女子に「キモい」と言われたトラウマを克服するために恋愛を「ガリ勉」
LINE友だち追加ページ

経験人数は20人以上になったけど、モテている実感が全くない

それでは早速、具体的な相談内容を見ていきましょう!

(大事な部分にだけアンダーラインを引きました。時間がない方は下線部だけでも読んでいってください)

アプリさん、こんばんは。

メルマガを拝見し、
恋愛でつまづいていることについて募集をされてるとのことでしたので、今誰かに聞いて欲しくて仕方ないことを書きます。

昨年3年付き合った元カノを振ってから、セフレを作りまくり遊んでいるというご連絡を以前したかと思います。

あれからTwitterで流行っているナンパ界隈にも勝手に影響を受け、彼女三股は当たり前、アプリをやれば即持ち帰りチャレンジを繰り返すなど、
よりエスカレートした日々を過ごしていました。

しかし同時に満たされない想いから真剣に愛し愛される1人の彼女も欲しいなと思い、
本命の女性何人かにアタックをしました。

結果はほぼ全敗でした。(3敗)
1人はお付き合いしたのですが、1ヶ月半で振られたのでなかったようなものです。

経験人数は20人以上に増えましたが、好きな人にモテない以上モテているという自覚を持てませんでした

ついさっき別の本命のお相手と健全デートしたのですが、

・仕事で何をしているか
・どうなっていきたいか

この質問の回答でお相手が薄っぺらさを感じたらしく、女性から物事の本質を教えてもらうような会話になりました。

僕は諦めずに自分の考えの浅さは認めた上で女性に向き合いましたが、
別れ際に「断る理由がないので会っているけど、あなたのことがわからない」と言われました。

これは僕自身図星でした。
彼女からすれば今のところ僕を好きになる要素が、よほど外見が好みでもない限りない気がするし、当たり前のエスコートを最低限するのも精一杯でした。

僕は僕でセックスや女性に依存しているような状態で、
彼女を本当に好きなのか、ただ付き合って依存したり、セックスがしたいだけなのか分からなくてそれも伝わっていたのかもしれません。

あと何より今まで積み上げた経験がうわべのテクニックばかりで、本質的な人間力は浅いと彼女に改めて見せられた気がして、気分が落ちています。

自分のルーツや仕事で目指すもの、相手が本当に喜ぶことを考えたり、
という本質的な行動をすれば良いのかもしれませんが、正直今はそれをする精神的余裕がありません。

少し休むかこうして言葉にして吐き出すつもりです。

またこういったことを気軽に相談できる友人もあまりいないことにもネガティブになっています笑

ネタや他の方の気付きになれば幸いです。

長文失礼致しました。
ありがとうございます。

いやあ〜来ましたね!笑

何が来たか?

まさに僕が伝えたいこと・大事にしている理念に通じる相談内容が来たな!これは皆さんにもお伝えしないといけないな!

そう思ったのでこの記事を執筆しています。

 

「経験人数は増えたけどモテている実感がない」

「なんだか全く満たされない」

「モテてるはずなのに自信がつかない」

僕も散々この経験をしてきたので気持ちは非常によくわかります。

女性
あなたのことがよくわからない

女性だけじゃなく男性にも似たようなことを言われたことがありますね。

まさしく僕が「恋愛ゾンビ」と呼んでいる状態です

恋愛ゾンビ化とは?

精気を失い、何のために恋愛をしているのかわからなくなってしまったステータス異常を指す。

ナンパ師が「今日も〇〇人斬り」と抱いた女性のカウントを増やすためだけに街を徘徊している様子から名付けられた。

恋愛ゾンビ

彼らがバラまく情報はピンクなものも多く刺激的なのでバイオハザード並みの感染力である。今日も純情でピュアな男性がただのヤリチンへと成り下がる被害が絶えない。

これが転じて「恋愛の楽しみを見失った人」や「女性不信に陥った人」「恋愛を諦めてしまった人」なども恋愛ゾンビと呼ぶようになった(Applipedia)

 

では、彼がこの恋愛ゾンビ状態から抜け出すにはどうすればいいか?

ぜひあなたも考えてみてください。一度考えるというプロセスを挟むことでこの後の内容がよりスッと入ってきますよ(^^)

 

なぜモテモテになっても満たされないのか?

昨年3年付き合った元カノを振ってから、セフレを作りまくり遊んでいるというご連絡を以前したかと思います。

はい、覚えています。

「あー、これは恋愛ゾンビまっしぐらだろうな〜」と思ってました(苦笑)

でも、割と決意が固そうだったので黙ってました。

あれからTwitterで流行っているナンパ界隈にも勝手に影響を受け、彼女三股は当たり前、アプリをやれば即持ち帰りチャレンジを繰り返すなど、
よりエスカレートした日々を過ごしていました。

こういう時にあーだこーだ言っても人は話を聞かないですからね。しかもセックスが絡むと本能的にも抗えないものがありますし。

まだ若いので一度どっぷり恋愛ゾンビに浸かればいいかなと思ったのも大きいです。

そこまで行ききって初めて見えてくるものもありますから。

言ってもわからないなら、痛い目を見てもらうしかないのです。残酷な話ですが・・・

でも、そのことによって成長し、より納得して前に進めるならそれでいいじゃないですか。

人生において大事なことに気づくキッカケをもらえたということですよ。

そのまま気づかずに100人斬りだ、1000人斬りだ、と行く人がいますからね。

まあ、あなたが本当にそれをやりたくてやっているならいいんですけど。多くの場合はTwitterとかInstagramとかで勝手に影響を受けただけです。

勝手に憧れて、勝手に真似して、でもやってみたらなんか違った・・・

この経験をして人はオトナになっていくんだと思います(笑)

 

彼が犯した決定的な間違いとは?

しかし同時に満たされない想いから真剣に愛し愛される1人の彼女も欲しいなと思い、本命の女性何人かにアタックをしました。

結果はほぼ全敗でした。(3敗)

まず、そもそもここが矛盾してまして。

「愛し、愛されたい」のに「同時並行」の時点でおかしいんですよ。

いや、それ少なくともあなたは相手のことを(というか誰のことも)愛してないじゃないですか

本当に愛してたら「同時並行で〜」とか言わないと思うし、他に彼女がいながら「本命」という言い方をしてるのも違和感があります。

だから、逆説的に愛せる相手が見つからないのです。

自分が相手を愛せないから当然相手も自分のことを愛してくれません。

シンプルにそれだけの話っちゃそれだけの話です。

あと「健全デート」というキーワードが出てきましたよね。

じゃあ、これまであなたがやってきたことは「不健全なデート」なんですか?

不健全なことをやっている後ろめたさが余計に自信を喪失させているのでは?とも思います。

だからこそ、

経験人数は20人以上に増えましたが、好きな人にモテない以上モテているという自覚を持てませんでした。

いくら経験を重ねて「モテた」つもりになっても、肝心の自信なんてつかないままなのです。

ハッキリいいましょう。

しょーもない恋愛経験をいくら重ねたところで、たった1回の本質的な恋愛経験には勝てません。

何が本質かは長くなるのでここでは割愛しますけど。

彼の言うところの「愛し、愛されるような関係」を作るために努力した経験に比べれば、何人セフレを作っただとか、どれだけ彼女をはべらせただとか、そういった恋愛経験は無価値に等しいのです。

僕のクライアントさんでも見違えるように自信がつき、カッコよくなり、キラキラと輝いて見えるようになった方がたくさんいます。

そして、そういう方々が積んだ「恋愛経験」は薄っぺらいものじゃないのだけは確かです。

 

では、彼はどうすれば恋愛ゾンビから抜け出せるのか?

結構ボロクソに言いましたが、幸いなことが1つありまして。

それが彼自身も自分の課題に気づきつつあるということです。

・仕事で何をしているか
・どうなっていきたいか

この質問の回答でお相手が薄っぺらさを感じたらしく、女性から物事の本質を教えてもらうような会話になりました。

彼が何歳でいま何の仕事をしているかわかりませんが、20代後半になってくると仕事もかなり見られますよ。

それは女性側も結婚を意識するからというのが1つ。

もう1つはやっぱり信念を持って仕事している人のほうが普通にカッコイイからです。

僕はモテるテクニックを教えているつもりはなくて、「モテる生き様」を教えているつもりです。

「モテ道」と言い換えてもいいでしょう。

僕もまだまだ道半ばで未熟者ですが、モテ道を極めることこそが遠回りに見えて、本当の意味でモテるようになるための近道なのです。

そのことは彼も今回の件で気づけたようですね↓

あと何より今まで積み上げた経験がうわべのテクニックばかりで、本質的な人間力は浅いと彼女に改めて見せられた気がして、気分が落ちています。

その子には本当に感謝ですね。

こんな深い気づきと学びを与えてくれたんですから。

まあ落ち込む気持ちはわかりますが、大事なのは過去どうだったかよりも、これからどうするか?だと思います。

過去は変えられないけど、未来は自分次第でいくらでも変えられますからね。

人間力が低いと感じたならこれから磨いていけばいいだけの話です。

 

今からできる恋愛アドバイス

自分のルーツや仕事で目指すもの、相手が本当に喜ぶことを考えたり、
という本質的な行動をすれば良いのかもしれませんが、正直今はそれをする精神的余裕がありません。

少し休むかこうして言葉にして吐き出すつもりです。

またこういったことを気軽に相談できる友人もあまりいないことにもネガティブになっています笑

本当はね、そういう友だちがいれば良かったんですけど。

残念ながら恋愛ゾンビにハマる人は友だちも少ない傾向にあります(苦笑)

ちなみに、こういう内容も気軽に相談できる場所を提供したい!と思って作ったのが恋愛最適化予備校LOSです。

女性メンタリストYuZuKiさんと共同運営している恋愛のウェブスクールになります。興味があれば声かけてください。

まあ、相談した結果もっとボロカスに言われる可能性もありますが(苦笑)

 

とりあえず今からやるべきことは一度休むことですね。

いろんな情報で混乱してると思うので。

Twitterもフォローしているナンパ師とか恋愛講師とかは一度全部フォロー解除したほうがいいでしょう。

そういう情報が目につくだけで「あ、やっぱりHしたいなあ」と思ってしまうものなので。

 

GWですし、どこか遠くに行って温泉にでも浸かりながらじっくり

  • 将来どうしたいのか?
  • 本当はどんな恋愛がしたいのか?
  • どんな女性とだったらその未来を掴めそうか?
  • その女性が求めていることは何か?
  • そのために自分ができることは何か?

このあたりを考えてみると良いですよ(ぜひこれを読んでいるあなたも時間を取って考えてみてください)

その上で休むなら2〜3ヶ月とことん休んだらいいと思います。

一番良くないのは中途半端に休んで中途半端に復活することです。

それだと結局また元通りになってしまうので。

人間の習慣というのはそれくらい壊すのが難しいのです。だから、やるならとことんやったほうがいいですね。

 

というわけで、このタイミングで僕に相談してきてくれたのも何かのご縁だと思っています。

また元気になってきたらぜひ将来どうしたいかについて展望を聞かせてくださいね(^^)

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して、本当に良い恋愛とは何かを追求しています。


そんな超ヘタレだった僕が「モテの先にある幸せ」を研究した成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を無料で手に入れる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
       

この記事を書いた人