【恋愛相談vol.18】女性の好意を見極めるには?

好きな女性のホンネ見抜ける方法とは?

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

 

今日もまたメルマガ読者さんから質問をいただいたのでお答えしていきたいと思います。

 

こんにちは、Kです。

女性は興味がある男性には、自分の話より質問をすると聞いたことがあります

確かに男性も興味がある女性のことは知りたくて質問をするので、
そのとおりだと思います。

しかし自分の経験上、
女性が普段友達とどんなところに遊びに行っているだとか、
趣味が何だとか、どんな食べ物が好きかなど、
自分の話ばかりするのをこちらが聞きに徹した時の方が、
次につながってきたように思います。

要するに、こちらに対する質問は少なめってことです。

だいたいこのパターンだと、その日ないし、翌日午前中には

「ごちそうさまでした。Kさんはすごく話しやすくて、
ついしゃべり過ぎてしまいました(笑)。またご飯行きましょう。」

といったようなメールがきます。

「質問少なめ=興味がない」ではなく、
「自分の話しをする=心を開き始めている」と
解釈できなくもないなと思っています。

アプリさんはどう思いますか?

それでは、失礼します。

Kさん、ありがとうございました。

結論から言うと「僕もそう思います」の一言です。

以上(笑)

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

女性の好意は複合的に判断する 

そんなに詳しく説明するほどのことでもないと思うのですが、そもそも、なんでこの質問をしてきたのでしょうか?

自分の経験上そう思うなら、それでいいんじゃないかなと思うのですが。

おそらくですが、どっかの誰かかから、

「女性が自分に興味を持っているかどうかを判断するには女性が自分のことについて質問してくるかどうかが大事だ!」

みたいなことを教わったのでしょう。

ええ、それは決して間違いではありません。

女性が自分のことに興味を持っているからこそ、いろいろと質問してくるわけです。

でも、判断基準ってそれだけじゃないですよね?

他にもいろいろ要素はあるでしょうよ、と。

たとえば、今回Kさんが指摘してくださった

「質問せずとも自分のことをいろいろ話してくれる」

これも判断基準の1つです。

実際にこのような記事を書いたこともありますね。

そもそも全然見ず知らずの人に自分のことをペラペラ話す人間はいないですよね。

ということはいろいろと情報を開示してくる=心を開いてくれている

ということなのです。

また、大事なのはこれらの要素というのは

あくまでも目安でしかない

ということ。

相手は人間ですから。

その状況によって発言の意図は変わります。

たとえば、いくら女性のほうから質問してくるとはいえ、それが単純に「沈黙による気まずさ」からとっさに出たものであれば「好意」とは言えません。

そうですよね?

まあね。

僕はノウハウを伝えていかなければならない身なので「これは大事です!」と言い切ることも多いですし、僕でなくてもそういう伝え方をする人は多いです。

なので、カンチガイしてしまいがちですが、何か1つの要素で決まってしまうほど人間は単純ではありません。

たとえば、

「イケメンはモテる」とか、

「金持ちはモテる」とか、

「優しい人はモテる」とか、

「面白い人はモテる」とか、

ナンたら言っている人がいたらどう思いますか?

さすがにこのブログの読者に限っては「んなことあるか!」ときちんと疑って欲しいところなのですが。

(ですし、実際にそんなわけありません)

そんな1つの要素だけで女性が落ちるなら誰も苦労しません。

言われれば「そりゃそうだ」となると思いますが、でも、今回の質問だって同じだと思います。

「相手が質問してくる=好き」

「相手がよくしゃべる=好き」

このように物事を単純化しようとしているわけ。

もちろん、間違ってはいませんよ。

そうやって物事をシンプルにしていくプロセスは本質を掴むためには重要なことです。

なので、今後も物事を深く考え、そしてシンプルにしていくことは続けて欲しいのですが。

でも、あまりに型にはめすぎると、今度は逆にイレギュラーに対応できなくなります。

相手は人間ですから。

必ず例外というものは出てきます。

たしかに、女性が自分のことをペラペラ話したり、あなたのことをいろいろと聞いてきたら、かなりの高確率であなたに興味を持っています。

しかし、もし女性がただのおしゃべりだったら?

そりゃあなたじゃなくても、どこにいても、24時間営業のコンビニみたいに朝から晩までペラペラと喋り続けるのでしょう。

なので、

「女性のそういう表面的な反応は参考程度に留めるべき」というのが僕の結論になります。

基準としては間違っていません。

が、それが全てではないということです。

どちらかというと僕のメルマガやAMCでお伝えしているような、女性の深層心理をベースにして判断したほうがいいです。

たとえば、向こうからボディタッチしてくるとかね。

まあ、これもたまにボディタッチが全く意識せずにやる女性もいたりするんですが(苦笑)

結局、何か1つで判断するのは危険だということです。

僕なんか以前は「夢に出てきた」ってだけで勝手にカンチガイして相手を意識して、そして勝手に好きになってたりしましたから(爆)

当然、向こうはなんとも思ってないわけで。

そりゃうまく行かなくなるわなと。

1つの出来事で判断するとヘタに意識してこっちが先に好きになってしまいかねませんから。

たとえば、これらの記事でも書いたようにうまく行かなくなってしまうのです。

いかがだったでしょうか?

参考になりましたか?

内容が内容だけにいつもと比べて、かなり歯切れの悪い記事になった気はしますが(苦笑)

まあ、たまにはこういうのもいいでしょう。

あまり型とか常識とかノウハウにとらわれ過ぎるとダメですよ、と言いたかったので。

学ぶ分には存分に学んでもらっていいんですけど。

というか、とことん学べば、そのうち気づきます(笑)

一見、矛盾するような2つのノウハウも、実はつながっていたりとか状況によって変わるんだ、とか。

そういう発見は一通りノウハウを学べば気づくようになってきますから。

今後もまあ頑張って学んでくださいということですね。

ではでは。

これ以上続けても本当に歯切れの悪い終わり方をするだけなので、ここいらで締めておきます。

それでは、ありがとうございました。

APPLI

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人