【初心者必見】カンタンなナンパ地蔵克服法5選。クラブナンパ体験記

ナンパ地蔵は卒業!ナンパ地蔵を克服する5つの方法を解説

どうも、東大卒恋愛コンサルタントのアプリです。

 

今回はナンパで地蔵にならない方法について話をします。

ナンパにおいて、多くの男性がぶつかる壁の1つに女性に声がかけられないということがあります。

いわゆる、ナンパ地蔵というやつですね。

今回はそんな地蔵を脱出するためにはどうしたらいいか話していきます。

 

この記事を読めば、地蔵の脱出方法やナンパを成功させる方法がわかります。

また、僕が過去にナンパをしたときの体験談なども話していきます。

ナンパはコストもかからず可愛い女性と出会うことができます。

その代わり実践したり結果を出すのがかなり大変なので、しっかりと事前に対策を講じていきましょう。

 

本記事の信頼性(サイト監修者)
LINE友だち追加ページ

ナンパ地蔵とは?

最初にナンパ地蔵について説明します。

この記事を読んでくれている人なら何となくわかっているとは思いますが、念のために定義をハッキリさせておきしょう。

ナンパ地蔵とは、

ナンパをするときに失敗を恐れて、女性に声をかけられない状態

です。

女性に声をかけたいけど失敗を恐れるが故に声をかけられずに、地蔵のように道端にたたずんでしまう。

これがナンパ地蔵(以下、地蔵)と言われる状態です。

 

やる前は、

草食くん
そんなことあるの?

と思うかもしれませんが、実際よく起こります。

僕自身も地蔵になったことは何回もあるので(苦笑)

熟練のナンパ師でも少しナンパをしないと、すぐに地蔵になりかけてしまうそうです。

ただ、裏を返せば継続的にナンパに取り組むことで地蔵は克服できるということです。

ナンパをするときは長期的な視点を持って、行動を続けていきましょう。

 

▲目次に戻る

 

ナンパで地蔵になってしまう5つの原因

では、次にナンパで地蔵になってしまう原因について話をします。

ナンパで地蔵になってしまうのはザックリまとめると「失敗が怖いから」ですが、実はもっと細分化できます。

また、恐怖を感じる以外にも地蔵になってしまう原因はあります。

ここでは、この原因について話をしていきたいと思います。

  • 断られるのが怖い
  • そもそも女の子に話しかけるのが怖い
  • 最初に何を言えばいいかわからない
  • モチベーションが弱い
  • その先でどうするか不明確

具体的にはこの5つですね。

どれも一瞬で地蔵と化してしまう危険な要素です。

あらかじめ把握しておいて、いざという時に対応できるようにしましょう。

 

原因1.断られるのが怖い

バツ印を作る女性

まずはこれです。

女性に声をかけて断られるのが怖く、地蔵になってしまいます。

 

ナンパをするときは常に女性に拒否される恐怖が付きまといます。

草食くん
叫ばれたら、どうしよう
草食くん
怒鳴られたら、どうしよう

こういった恐怖が一気に湧き出てきます。

失敗するイメージばかりがリアルに湧いてしまって怖くなってしまうんです。

 

こういうのってその場になるまでは一切感じないんですけどね。

実際にストリートに出て、「さぁ、女性に声をかけよう!」というときになって一気に来るんですよね(苦笑)

で、そこで自分の中でその恐怖と戦っている内に地蔵になってしまうと。

これが典型的なナンパに出た男性が地蔵になってしまうパターンです。

 

原因2.そもそも女の子に話しかけるのが怖い

そもそも、女性と話した経験が少ない人は女性に声をかけること自体に抵抗を感じるでしょう。

草食くん
なんて声をかけたらいいかわからない…
草食くん
どうやって話を展開していったらいいんだろう…

こういったことを考えるのもムリはありません。

 

ナンパは数ある出会いの中でも最高難易度を誇ります。

女性とまともに話せない人がいきなり道端で女性に話しかけるのはムリがあります。

何事も順序がありますからね。

今の自分のレベルをムシしてハイレベルなことに挑戦しても、結果は見えています。

 

こういう人はナンパよりも先に女性と話すことに慣れていく必要があります。

まずは女性と気軽に楽しく話せるようになりましょう。ナンパにチャレンジするのはそれからです。

 

原因3.最初に何を言えばいいかわからない

女性への声のかけ方がわからない男性

ナンパあるあるですが、女性に声をかけるときの第一声がわからないという人は結構います。

草食くん
こんにちは!

みたいな王道パターンがいいのか、

草食くん
おねーさん、死ぬほど可愛いね!よかったらちょっと話さない?

みたいなチャラい感じでいくのか、

草食くん
おねーさん、じゃがりこ落としましたよ!(笑)

みたいな変わり種でいくのか。

 

どういうフレーズで女性に話しかければいいかわからなくなるのは珍しいことではありません。

声をかけてみて、会話が続かないと声をかけ自体がイヤになってしまうでしょう。

また、同じフレーズでも女性によって、

  • 反応してくれたり
  • ムシされたり
  • 笑ってくれたり
  • 半ギレされたり
  • ポカーンとしたり

反応が様々でイマイチ方向性が掴めなかったりします。

なので、最初に何を言えばいいかわからないというのも地蔵になってしまう原因の1つです。

 

原因4.モチベーションが弱い

モチベーションが弱いのも地蔵になってしまう原因です。

さっきも書きましたが、ナンパは数ある出会いの中でも最高難易度を誇ります。

軽い気持ちで挑戦して、サクッと結果が出るものではありません。

草食くん
別に失敗してもいいや

とか、

草食くん
他にやりようなんていくらでもあるし…

みたいな逃げ道を用意しているようでは結果は出せません。

 

また、そういった逃げの姿勢はモチベーションにも影響します。

逃げ道ばかり作っていてはモチベーションも上がりません。

やるなら、

肉食くん
絶対に結果を出すんだ!

という気概を持って取り組まないと、どんどんモチベーションが下がってしまいます。

 

なので、モチベーションが低いというのも地蔵になってしまう原因の1つです。

 

原因5.その先でどうするか不明確

ナンパをするのはいいですが、その先でどうするのか不明確だと地蔵に繋がってしまいます。

たとえば、連絡先を交換するのか、それともどこか近くに連れ出しをするのか。

また、その日で勝負をかけるのか、また後日に勝負をかけるのか。

こういったことを決めていないと、結局どう行動していいかわからずに地蔵になってしまいます。

 

何事もそうですが、まずは着地点をどこにするか決めないと行動のしようがありません。

女性に声をかけようと思っても、その先のことを考えられていないと地蔵になってしまいます。

ナンパをするときは持っていきたい理想的な展開とそれがダメだったときの代案を2つか3つぐらいは考えておきましょう。

たとえば、

理想はその日の内に居酒屋に連れていってホテルイン。

それがムリなら、近くのカフェで軽くお茶。

それもムリなら、連絡先交換だけ。

とかですかね。

でないと、もれなく地蔵になってしまうので。

声をかけた先でどうするのかは事前に考えておきましょう。

 

▲目次に戻る

 

そもそもナンパできるようになる必要ある…?

ナンパを否定する男性

さて、ここまで地蔵になってしまう原因について話をしてきました。

それで、ここまでの内容を読んで、こう思った人もいるのではないでしょうか?

草食くん
そもそもナンパできるようになる必要なくない?

 

特に過去にナンパで失敗したことがある人は、そう考えていることもあると思います。

確かにナンパは慣れた男性でも失敗を織り込み済みでやるような行為ですから、確実な方法とは言えません。

場合によっては何十回も連続で失敗することもあるでしょう。

 

しかし、ナンパは慣れればとてもコスパが良い方法です。

ストリートナンパは出会い系や婚活パーティーのようにお金がかかったりしません。

さらに、通りを歩く無数の女性をターゲットにできます。

 

見た目がドンピシャの女性を見つけた瞬間、口説きに行けるのです。

肉食くん
おっ、あの子カワイイ!

と思った瞬間に声をかけてアプローチできるということです。

なので、出会いの場でありがちな見た目がタイプの女性がいないなんてことはありません。

ナンパができるようになれば、わざわざ出会いの場に行かなくても出会いなんていくらでも作り出せます。

 

さらにナンパが成功すれば男としての自信もつきます。

実際にナンパで出会った女性とデートしたなんて話をすると周りから「すげー!」と言われたりしますからね。

もちろん、日常生活の中で出会う女性とも堂々と話せるようになるでしょう。

中には、その堂々とした雰囲気につられて、

女性
あ、この人、他の人とはちょっと違う…

みたいに女性からアプローチをかけてくることも十分に考えられます。

 

リスクはありますが、それに見合うリターンがナンパにはあります。

あまりの難易度に放り出したくなることもあると思いますが、そこは粘り強くチャレンジしてみてください。

結果が出始めるようになると、あまりのメリットの大きさに他の出会いの方法を使う気になれなくなりますよ。

 

▲目次に戻る

 

ナンパ地蔵を簡単に克服する方法5選

余裕ぶる男性

では、次に地蔵を克服するための5つの方法を紹介します。

地蔵はナンパをする人にとって大きな壁の1つですが、だからといって乗り越えられないわけではありません。

ちゃんと対策をすることで地蔵になる確率をギリギリまで下げることができるんです。

  • 他の人と一緒にやる
  • ナンパ経験者と一緒にやる
  • 早起きして朝ナンパ
  • お酒を入れてからやる
  • 最初の一言を決めておく

この5つですね。

これらの対策を実施することで地蔵を克服できます。

それでは、1つずつ解説していきますね。

 

克服法1.他の人と一緒にやる

地蔵に対する最も効果のある対策は複数人でやることです。

自分だけでやろうとしないでナンパ仲間を作って、複数人でナンパをしに行くということですね。

何人かでまとまってナンパしに行って、現地に着いたらそれぞれでナンパをしていきます。

 

じゃあ、どうして複数人でやるのかいいのかというと、そうすることでやらざるを得ない状況を作り出せるからです。

たとえば、2人で行ってどちらか片方がナンパをしたら、もう片方はやらざるを得ませんよね。

草食くん
あいつがやってるんだから、オレもやるしかねぇ!

ってなりますよね(笑)

 

人間の精神力なんて、そんなに強いものではないです。

気合いとか意思の強さとか、そういうのではどうにもならないんですね。

それよりはやらざるを得ない環境を作り出して、環境の力で自分を動かす方が何倍も効果があります。

複数人でナンパをしに行くことで、やらざるを得ない環境を作ることができるんです。

だから、地蔵に対して効果があるんですね。

 

あとは、複数人でやることで失敗に終わっても笑い話にできるというのもメリットですね。

ナンパをしに行って、まさかの番ゲ(女性と連絡先交換をした数)0だったとします。

もし、1人の場合はその失敗したのを全部自分1人で受け止めながら帰らないといけません。

これってかなりしんどいです。

もちろん、やるべきことは反省と改善ですが、人間そんなに機械的ではありません。

散々な結果に終わったときは、どうしてもヘコんでしまいます。

 

でも、そんなときに一緒に行った人がいれば、その失敗を分かち合えます。

草食くん
くっそ〜、マジで今日は運なさすぎたわ〜
草食くん
あそこ実は日本一ナンパに向いてない場所なんじゃね?

みたいに笑い話や傷の舐め合い(笑)をすることもできます。

そういう意味でナンパに対する心理的な抵抗を減らす効果もあります。

 

なので、複数人でナンパをすることで、地蔵を克服することができるんですね。

 

克服法2.ナンパ経験者と一緒にやる

ナンパに繰り出す2人組

ただ複数人でやるのもいいですが、そこにナンパ経験者を含めると更に効果的です。

というのも、未経験者ばかりで集まると、みんな同じ不安を抱えて、結果的に地蔵になってしまう…ということがあるからです(苦笑)

経験者がいれば、その人が先陣を切ってナンパをしてくれるでしょう。

そうすれば、他の人も、

草食くん
おぉ、ああやってナンパすればいいんだ

と経験者に続いてナンパをし始めることができます。

ナンパ経験者の行動につられて、行動のブレーキが外れるんですね。

 

ちなみに、意外かもしれませんがどんなに熟練したナンパ師でも百発百中は不可能です。

それどころか結構な数の失敗をしていたりします。

ただ、彼らの違うところは、そこで諦めたり、いちいち気にしないというところです。

そんなことしてるヒマがあるなら、次の女性に声をかけるというスタンスなんですね。

 

実際に僕もナンパではありませんが、過去に恋愛で様々な失敗をしてきました。

それこそ、今のあなたよりもひどい状況だったかもしれません(苦笑)

オトメケンの無料メール講座では、そのときの話を失敗談として配信しています。

過去の失敗談を反面教師にして、女性にフラれる確率をできる限り減らしていきましょう。

 

いずれにせよ、経験者を連れて行くというのは非常に有効な克服法の1つです。

身の周りにナンパ経験者がいたら、ぜひナンパに付き合ってもらいましょう。

 

克服法3.早起きして朝ナンパ

朝にナンパするのも克服法の1つです。

 

朝なんていうと通勤途中の女性を狙いましょうみたいな感じですが、それは違います。

通勤途中の女性はみんな急いでいるので、ほぼ100%相手にされません。

そうじゃなくて、始発とかそのぐらいレベルでの朝です。

朝ナンパというよりは始発ナンパですかね。

オール明けの判断力が鈍った女性をターゲットにしていきましょう(笑)

 

草食くん
昼や夜にするのと変わらないんじゃない?

と思うかもしれませんが、結構違うんですよね。

女性も頭が覚醒し切ってないこともあり、意外と反応してくれたりします。

実際に手慣れたナンパ師の人々はそれを狙って早朝から繰り出すことがあるぐらいです。

 

余談ですが、オール明けで寝不足の状態と、ほろ酔いの状態の頭はほとんど同じ状態だと言われています。

つまり、オール明けっぽい女性は、酔っ払いと同じように思考力が鈍っている(=言い訳を考える思考が鈍っている)ということです。

ナンパは断るための言い訳をされない方が断然成功しやすいですよね。

早起きを頑張れる人はぜひ、朝ナンパをおすすめします。

 

克服法4.お酒を入れてからやる

お酒

お酒を入れてからやるというのも有効な地蔵対策です。

普通にナンパしようとすると緊張してしまう人もお酒の勢いでナンパをすることができます。

実際にナンパの前にコンビニでお酒を買って、それを飲んでからナンパをする人は結構いますからね。

 

シラフのままだとムダに思考が働いて、余計なことまで考えてしまいます。

その結果、どうしても緊張したり、恐怖を感じてしまいます。

なので、お酒の力を使って思考力をイイ感じに鈍らせることで、ナンパへの抵抗力を抑えることができるんですね。

 

あ、ちなみに飲みすぎて頭が回らなくなったり、酒臭くなったら完全に逆効果です。

前者は女性とまともに話せないでしょうし、後者は単純に臭いです。

お酒を飲む目的はナンパをすることへの心理的な抵抗を抑えることです。

なのに、お酒を飲んだことでまともにナンパができなくなったら意味がありません。

弱めのお酒をちょっとだけとかにしておきましょう。

 

克服法5.最初の一言を決めておく

女性に声をかけるときの最初の一言を決めておくと地蔵になりにくいです。

さっきナンパで動き出せないのは何を話せば良いか分からないからのが理由の1つという話をしました。

なら、逆に最初に何を話すか決めてしまえばこれは解消できます。

肉食くん
こんばんは!
肉食くん
お疲れ様です!

こんな感じで、どういう第一声で女性に話しかけるか。

フレーズを決めておきましょう。

 

内容はなんでもいいですが、わかりやすく、自分が言い慣れている言葉にしましょう。

たまに変に凝った第一声を考える人がいますが、そんな必要はありません。

僕が昔ナンパをやっていたときは普通に「こんにちは」とかのあいさつから入っていました。

なので、あなたもあいさつとか、そういったカンタンなもので女性に話しかければいいと思います。

 

ちなみにプロのナンパ師は「こんにちは」だけでも表情や声のトーンの組み合わせで10パターンぐらいのレパートリーがあるみたいです。

なんでも歩いている女性の姿や雰囲気からベストな表情やトーンを推察しているのだとか。

ナンパも本格的にやろうと思うと、なかなか奥が深そうですね(笑)

 

▲目次に戻る

 

ある日のナンパ体験記

さて、ここからは前に僕がナンパをしたときの話をしたいと思います。

とはいえ、結構前の話ではありますが。

ここまで話した内容を実践しているので、ここまでの内容と照らしわせながら読んでみてください。

 

で、この日は東京でよく一緒に遊びに行っていたおじさんとサイゼリヤで飲むことに(笑)

「なんでサイゼリヤ?」と思ったかもしれませんが、彼いわく、ワインがめちゃくちゃ安く飲めるらしい。

 

o

 

せ、1500mlで1000円!?

 

前からサイゼのワインが安いことは知っていましたが、まさかここまで安いとは。

コカ・コーラのペットボトルにワインが入っているようなものですからね。

いかに量が多いかは簡単に想像がつくでしょう。

 

しかも、イタリアンカフェと言っているだけあって飯もそれなりに旨いし、なんといっても安い。

 

ワインの質はやっぱりちゃんとしたバーのソレと比べたら劣るけれども、そのへんの居酒屋のワインを飲むくらいなら全然こっちのほうがいいなと思いました。

 

下手にチェーン居酒屋の笑○とか○民とかに入るよりもご飯は美味しいし、量もあって、店員の態度もいい(笑)

さすがに女の子は連れていけませんが・・・。

 

でも、もうすでに付き合っている彼女となら全然いけるし、男同士で狩り前(笑)に飲むのもアリかもしれないですね。

腹ごしらえとお酒をリーズナブルに準備することができますからね。

地蔵回避にも一役買ってくれるのではないでしょうか。

 

で、今回はどちらかというとビジネスの打ち合わせに使ったんですが、気づいた時には2人で2Lあけていました。

 

さすがに気づいたら(15時に入ったのに)22時になっていて、

(割と迷惑なので混みすぎない店舗を選んでくださいねw)

2人ともかなり酔いが回ってきました。

そして、そのままのテンションで渋谷のクラブに行くことに。

こうやって複数人でお酒を入れてから実践に向かうことで、地蔵を回避できますからね。

何事も基本を徹底するのが大事です。

 

B_-itC3UMAA1-ta

 

ちょうどホワイトパーティといって全身白い服装をしていけばタダで入れるらしく、そのおっちゃんは白いパンツに上は黒だったのですが、さっとかばんの中から白いシャツを取り出して見せました。

もう最初から行く気マンマンじゃねえか…。

 

 

まあ、そんなことはさておき、きっちり僕はエントランス料を払って中に入ったのですが一番の心配は僕の携帯の充電が0%だったことorz

まあ、次月から大阪に拠点を移すので東京の子とつながってもしょうがないっちゃしょうがないのですが、

完全に連れ出し・即を狙うしかない状況…。

 

がぜん燃えてきましたね。

いつも以上に調子がよかったです。

ということで、一晩かけてクラブでナンパをした結果…。

 

 

 

戦果としては1番ゲでした。

やっぱりスマホの電池が切れているのはイタかったです…。

 

2人組の女の子に話しかけてイイ感じに仲良くなっても、うち1人の反応が悪いと、その子がもう片方の子を引っ張っていっちゃいますから。

どうにかして早めに番号交換しておかないともったいない。

 

途中で、LINEのIDを教えればいいんだということに気づいたのですが(もっと早く気付け)。

結局、1番ゲしかできずに終わりました。

 

朝に近づいてくるとさすがに疲れたので、クラブの外にでて始発を待ちながら、そのへんで声をかけることに。

 

朝の駅に向かう女の子は意外と反応がよかったです。

それを狙って朝一番に渋谷に来ているナンパ師もちらほら見かけるくらいでしたから^^;

やっぱり、始発ナンパはかなり有効みたいですね。

朝起きるのが苦でないならあなたもやってみては?(笑)

 

▲目次に戻る

 

ナンパ地蔵を脱却すれば恋愛のチャンスが広がる!

あごに手を当てる女性

今回はナンパをするときに地蔵になってしまう理由と、その対策について話してきました。

途中で話をしましたが、ナンパは難易度が高いですが、それに見合うだけのメリットがあります。

もし、あなたが出会いに困っていて、ナンパに興味があるならやってみてください。

自分好みの可愛い女性と無料でいくらでも出会いを作り出すことができるので。

 

ただ、大事なのはナンパした後です。

ナンパに成功して、連絡先を交換したり、連れ出しに成功したとしても、そこから関係を深めていけなければ意味がありません。

結局はいかにうまく女性とコミュニケーションが取れるかどうかです。

この視点が抜けていると、ナンパしても何の成果も得られないなんてことになってしまいます。

 

オトメケンの無料メール講座ではどうやって女性と仲を深めればいいか解説しています。

ナンパした後で女性と仲良くなってあんなことこんなことをできるようになっていきましょう。

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

APPLI

Amazon恋愛ランキング1位を獲得した書籍を期間限定でプレゼント!

amazonランキング1位証拠

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • マッチングアプリで1人も出会えない
  • デートに誘った途端ブロックされる
  • ぶっちゃけ女性が怖い
  • 童貞をバカにされ続けるのはイヤだ
  • 男としての自信をつけたい

僕もあなたと全く同じ悩みを抱えていました。なのでその気持ちは痛いほどよくわかります。


かつて僕は女性に「キモい」と言われ、初彼女とは半年も付き合ってキスすらできずに振られました。

あまりにショックで1ヶ月ほど寝込みましたが、「このままじゃマズイ」と一念発起。

最大の苦手科目である恋愛を攻略するべく様々な女性の生態調査を続けてきました。

その結果3ヶ月後には童貞を卒業することに成功。さらにその後もたくさんのカワイイ子や美女たちと夜をともにしてきました

今ではそういった「女遊び」は卒業して最愛の妻とシアワセな毎日を送っています。


そんな超ヘタレだった僕がカワイイ嫁とラブラブになるまでの研究成果を一冊に詰め込んだ彼女作りの教科書

それが「恋愛の5教科7科目」です。


こちらの書籍が見事Kindle恋愛カテゴリにて1位を獲得したので、記念キャンペーンとして期間限定で無料プレゼント中!

もし昔の僕と同じような悩みをお持ちならぜひとも手にとってみてください。

⇒電子書籍「恋愛の5教科7科目」を読んでみる

LINEで「友だち追加」した後30秒以内に受け取ることができます。

※Amazon本社から警告があった場合すぐに無料公開を中止します。

恋愛カテゴリランキング1位の書籍をプレゼント
   

この記事を書いた人