この記事を書いた人:APPLI
女性心理のエキスパートとして数多くの恋愛ノウハウを世に輩出。自身が発行する恋愛メルマガの購読者数は5000人を突破し、100人単位でモテナイ男性をモテる男へと変身させてきた。
詳しいプロフィールはこちら
読者5000人突破の無料恋愛メール講座はこちら

どうも、あけましておめでとうございます。

アプリです。

 

みなさん、正月はいかがお過ごしでしょうか?

 

僕は年末にインフルエンザにかかってしまい軽く寝正月です(苦笑)

 

でも、ちゃんとやるべきことはやってます。

 

え?何をやるかって?

 

そりゃもちろん、年賀状ならぬ年賀状メール、あけおメールですよ

 

 

既読スルーも関係なし!あけおメール活用術

 今や手書きの年賀状を出すよりもメールやLINEでささっと済ますことのほうが多くなってきてますよね。


であれば、このあけおメールを使わない手はありません。

 

  • 久しく連絡をとっていなかった子
  • 一度音信不通になってしまった子
  • 元カノ
  • 彼氏がいる子
  • いま狙っている女性

 

こういった子たちに何の気兼ねもなくLINEを送ることのできる便利なツール。

それがあけましておめでとうメールだからです。

 

つまり、送るためのいい口実ができるってわけです。


まあ、そもそも無視されていたような子が相手の場合は、あまり返事は期待しない方がいいのでしょうが、それでも数打ちゃ当たります。

 

とにかく今まで無視された子たちに送ってみましょう。

 

必ず1人や2人は返事をくれますから。

 

実際に僕もしばらく連絡をとってなかった子たちに「あおけましておめでとうスタンプ」の爆撃を布団の中でポチポチやりながら仕掛けました。


もちろん、一定数から返事が来ます。

こんな感じで。

IMG_1582


ここで返事さえもらっておけば、またいつでも遊びに誘うことができますよね。

コツとしては、向こうから返事があっても余計なことは返さない。

これです。

 

どうしても、特に無視された子が相手だと、返事が来たときに嬉しくなって、またすぐに返してしまうのですが、それだと二の舞です。

何の二の舞かって、そりゃ再び無視されてしまうってことです。

「元気?」とか

「最近どう?」とか

その程度なら二言三言会話してもいいですが、どうでもいいやり取りを重ねたって意味がありません。

そんなことをするくらいなら、また何かイベントがあったときに誘う。

いつも言っていることですが、これを覚えておいてください。

 

相手も一度無視してるくらいですから、あなたとどうでもいいやり取りをするほどヒマじゃないんですね。

厳しいようですが、ここを勘違いしてはいけません。


「あけましておめでとう」と来たから、自分も「あけましておめでとう」と返しただけのことなのです。

それ以上でもソレ以下でもないってことを肝に銘じておいてください。


まあ、僕の場合はこれで返事が来なかった子のデータを削除するために「仕分ける」目的もあるのですが。

じゃないと、本当に誰が誰だか分からなくなってしまいます。


今回もスタンプを送るときに「あれ?これ誰だっけ?」と、思い出すのに時間がかかってしまいましたから。


もちろん、これは1年間出会いをちゃんと増やしてきた証拠でもあるので、そこは自分を褒めてあげるべきでしょうね。


とにかく。


あけおメールはせっかくのチャンスなので、今までなかなか送れなかった相手にも思い切って送ってみましょう。


思いがけないところから返事が来るかもしれませんよ。

 

というわけで、今回は短いですがこの辺で。

それではありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

APPLI