どうも、オトメゴコロ研究所・研究員の神楽です。


今回から処女を攻略する方法をお伝えしていこうと思っていますが、あなたは処女に対してどのような印象を持っていますか?

 

「非処女より汚れがなくて良いなあ・・・」

「なんか真面目でしっかりしてそう」

「やっぱり付き合うなら、処女が良いなあ」

 

というキラキラした印象を持っているのか(笑)

 

「いやー、処女は面倒くさいから嫌だ」

「なんか男から、モテてこなかったんじゃ?」

「男慣れしていないから、気が利かなさそう」

 

といった、マイナスな印象でしょうか?

 

今回は、前者のキラキラした印象を持っている処女好きによる、処女好きのためのコンテンツとなっているので、どうぞ期待して読み進めて下さい。

あなたを、処女を好きな時に好きなだけ口説けるような最強の処女キラーにしてみせます(笑)

 

という事でさっそく、始めて行きましょう。

 

処女を見分けるための6つのポイント

 

まずは、処女を攻略する前に処女を見分ける必要がありますよね?

その方法をお伝えしようと思います。

 

まあ、慣れてくると接しているだけで何となく分かったりもしますが、最初の内は難しいかもしれないので、抑えるポイントを1つ1つ紹介します。

 

 

ストレートに過去の恋愛話をする

 

女性が嘘つきな場合を除いて、昔付き合った彼氏の事を聞けば 一撃で分かります。

正直、これが一番手っ取り早い気がします。

 

なぜなら「今まで付き合った事がない」と言わせることが出来れば(嘘を除いて)付き合った事がない=処女である可能性が95%くらいだからです。

 

まあ、付き合ってもないのにセックスするような女性かどうかは流石に見た目や雰囲気、性格で分かると思うので、じぃーと観察してみて下さい。

 

どこか自信がないように感じる。

 

処女の女性は話していると、どこか自信がないように感じます。

例えば、恋愛の話をしている時などですが、そういった時に、何だか自信のないような答えや素振りを見せたら過去に付き合ってこなかった可能性があるので、処女の場合が多いです。

 

エロトークに弱い

処女はエロトークに弱いという印象があります。

理由は簡単で、性的な行為をする経験がゼロだからです。



つまり、セックスをしたことが無いからです。

 

そのため、エロトークになると途端に挙動不審になり 話に付いていけなくなる傾向があります。

これが処女じゃない女性だったら「あー、確かに分かるかも」「ねー、そうだよね」という共感や、「えーそこは男がリードする場面だよ」「確かにそれは嫌だな」というエロトークが展開されますよね。

でも、処女の場合、曖昧ではぐらかすような感じで話してくるので見分けるための、1つの大事なポイントになります。

 

もりもりしたファッションをしている

街に肩を出して、生足で歩く女性が居ますよね?(モロ僕の好みですが笑)

処女はああいったファッションをしない印象があります。

 

どちらかというと森ガール(森にいそうな恰好をしている女性の事です)みたいなファッションをしている女性が多いです。

ダボダボして、露出が少ないような感じのファッションですね。


個人的には露出がないファッションは全然興奮しないし、女らしさを感じないので好きではないですが、とにかく。

 

こういったファッションをしていたら、性的アピールをするのが苦手だったり自信が無かったりするので、処女である可能性が高まります。

 

警戒心がやたら高い

男性経験がいくらかある女性は、男の心理みたいなモノをある程度理解しているので、男のオファーを「やれやれ仕方ないな・・・」と言った感じで受けることもあります。

 

しかし、処女はとにかく警戒心が高いため、なんでも「いや、それはちょっと」とか「それは無理です」と断る傾向があります。

 

まあ、もちろん魅力的な男であればその限りではないですが 異常にノリが悪かったり、警戒心が強かったりすると男の事が分かっていない=処女である可能性が高いことになります。

 

これは男側に明らかに問題がある場合を除きます。

気持ち悪い男とか、魅力的でない男という場合の事ですね。

それは単純にオファーを受ける価値がないだけです。(キツイ言い方ですが)

 

ボディタッチをしてこない

男性経験のある女性は、男の心理がどういったものか、ある程度分かっているとさっきの「警戒心が高い」という項目で言いましたね。

しかし、男心が分かっていないためにボディタッチをしてこないケースがあります。

 

ボディタッチをされるのって嬉しいですよね?

女性からのボディタッチが嫌いだという男はほとんど居ないと思います。

 

だけど、処女はその事が分かっていない場合が多く、ボディタッチが男を口説くための武器だという事を理解していないんです。

 

だからデートをしていて、からかったりしているのにバシッと叩いてこなかったりすると処女である可能性があります。

 

まとめ

はい、いかがでしたか?


この6つのポイントに当てはまれば当てはまるほど処女である可能性が高いと言えます。

 

本当はストレートに聞いても、嘘をつけないくらいの関係を築くのが手っ取り早いですが、それでは何だか身も蓋もない話になってしまうので、これらの見分け方をこっそりと使ってみて下さい。

 

日常の会話やデートの時など様々な場面で女性を観察してみて下さいね。

 

 

では、次に処女と付き合う事のメリットをお話ししようと思います。

 

あなたが処女好きなら、メリットはよぉーく分かっていると思いますが、もし、処女と付き合うのはどんなメリットがあるのかなあと思っているのなら、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

という事で、さっそく始めて行きましょう。

 

 

処女と付き合う事によるメリット

処女と付き合う事をメリットをいくつか挙げたいと思います。

あなたがビビッと来る内容があれば処女を狙っても良いと思うので、参考にしてみて下さい。

 

ういういしさがある

やっぱり何といっても、男性経験のない女性特有のういういしさがありますよね。

 

すぐに照れたり、喜んだり、処女にとっては未知の経験も多いと思うので新鮮なリアクションをしてくれると思います。

 

これは男性経験がある女性からは味わえない要素の1つだと思います。

 

一途になってくれる可能性が高い

割と男の中で多い悩みが、付き合った後「俺の事をちゃんと好きで居てくれるだろうか?」と思う事です。

 

要するにちゃんとしていないと、この女性は俺の元から去っていくのでは?

という不安から来るものですが、処女の場合あなたの事を信頼して付き合っているので浮気されたり、裏切られたりする可能性は低いです。

 

ちゃんとフラれる時は「ごめんなさい、こうこうこうで」と理由を言ってくれます(笑)

 

これが男慣れしている女性になると、浮気されてしまったり、意味不明な理由で突然フラれたりするので、処女はとにかく安心という事になります。

 

もちろん、自分の魅力を上げていく努力を怠って良いという意味ではありません。

あくまでも精神的プレッシャーが減るという意味で言っているので、あなたが自分磨きを怠ると、非処女同様にフラれてしまいます。

 

童貞のプレッシャーが少ない

あなたがもし、童貞で非処女と付き合う場合、かならず付きまとう問題が、

俺、童貞だけどちゃんとリード出来るだろうか・・・
 
という問題ですよね?

 

しかし、処女なら全く問題がありません。

 

なぜならお互いに初めての経験が多いので手を取り合って、協力しながら進めば良いからです。

 

だから、童貞のプレッシャーは非処女に比べたら大きく減ると思います。

処女は安心して、お互いの関係を発展させていく事が出来るんですね。

 

自分の好みに調教できる

逆にあなたが、それなりに恋愛経験がある場合、処女の子を好きなように、調教出来ます(言い方はあまり良くありませんが)。

 

どういう事かと言うと、その子の中では新しい事が多いハズなので、あなたのルールに従いやすくなるという事です。

 

「こういう時はこういう風にしないとダメだよ」

「それをされたら俺はすごく悲しくなるなあ」

「昼間はあまりlineを返す事が出来ないかも」

 

といった感じでもあるし、他には例えばセックスで・・・。

いや、これは僕の性癖を暴露する感じになるので止めておきましょうか(苦笑)

 

とにかく、自分の好みに女性を調教する事が出来ますよ、という事です。

 

ゴールイン出来る可能性が高い

あなたが結婚を前提に処女と付き合っている場合、関係を上手く育むことが出来れば、そのままゴールイン出来る可能性が高まります。

 

相手の女性にとってはあなたから色々教わるので、そのまま惚れこませる事が出来れば、結婚が見えてきますよね。

 

実際に僕の友達も、5年間付き合っていた、初めての彼氏でゴールインしていました。


こういった素敵なメリットもあると思います。

 

まとめ

はい、いかがでしたか?

 

処女と付き合うメリットで一番大きいのはあなたが恋愛の初心者でも、全然問題ない点だと思います。

 

非処女と付き合う時の、リード出来るだろうか?という、嫌なプレッシャーを感じることなく、お付き合いを楽しめるので参考にしてみて下さい。

 

お互いに伸び伸びと成長出来る点は、処女ならではだと思います。

 

 

さて、では次に処女と付き合うためには、どうすれば良いのかをお話ししたいと思います。

 

処女の場合、非処女との攻略法が少し異なるので、かならず腑に落として実践できるようになってほしいです。

 

ちなみに僕はこの方法でいつも処女を攻略しています。

成功率がかなり高く、慣れれば誰でも出来ると思うので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

またこのサイトの管理人であるアプリさんにも確認してみたところ、同じようにやっているとのことでした。

 

なので処女を落としたいと考えているあなたは、ぜひこの後の内容をしっかりと読んで理解するようにしてください。

 

 

処女が見ている理想

結論から言って、処女と付き合うのに一番確実なのは処女の理想を満たしてあげる事です。

 

あなたがチンプンカンプンな顔をしているのは、何となく想像できますが、このまま聞いて下さい(笑)

 

処女は男との経験があまりないですよね?


経験と言うのはセックスの回数とかではなくて、単純にデートの回数や、男との接触する回数の事です。

 

 

非処女と比べたら、処女は男の経験が圧倒的に少ないハズなんです。

よっぽどモテているのに、理想が高すぎて付き合っていない処女を除くと、処女は男に対して幻想を抱いている可能性が高いんですね。

 

 

逆に非処女は、男が性欲の塊のような生き物だと、今まで付き合ってきた経験から分かっています。

 

男は所詮オオカミだ、私が色気で挑発したらすぐに飛びついてくるし、もし私が「今日から1年間セックスはお預けね」と言ったら、この男は別れを切り出すか、浮気をするだろう、と分かっているわけです。

 

 

しかし、処女は男の生物としての本能を知らない場合が多いし、知っていたとしても、実際に経験したことがないので、どうしても、理想を追い求め幻想的な世界を持っている可能性が高いんですよ。

 

極端な言い方ですが、白馬に乗った王子様が現れるのを待っている状態なんです。

 

という事はですよ?

 

この白馬に乗った王子様を演出してあげる事が=処女の理想を満たしてあげる事になるんです。

 

処女を攻略したかったら、白馬に乗った王子様を演出してあげるのが一番手っ取り早い攻略法になります。

 

 

処女を攻略したいのであれば・・・

処女を攻略したかったら、白馬に乗った王子様を演出しないといけません。

つまりあなたが処女に対してビビッていたらダメです。

 

想像してもらうと、いかにシュールなのかが分かると思いますが、白くて美しい馬に乗った王子様が髪はボサボサで挙動不信、さらに早口で「た、タスケニキタヨッ!」とか言っても寒いだけです。

ヒロインは不審者と勘違いしてどこかへ逃げて行きます。

 

視聴者も「いやいや、白馬に乗った王子様がそれじゃダメだろ」と思いますよね?

 

処女を攻略する時にも、同じようにあなたがビビッていてはダメだという事です。

 

具体的には

 

  • 決定権を処女に渡してしまう(リード出来ない)
  • トラブルや予想外の事に対してアタフタしてしまう
  • 何だか落ち着きがなくてソワソワしている
  • お金を払う場面で、割り勘してしまう
  • 緊張してか笑顔が少ない
  • そもそも身だしなみが整っていない
  • 早口で挙動不審なのが一撃で分かる

 

などが挙げられます。

これらって全部、処女の理想とは逆の事をしているのが分かりますよね?
(まあ、ほとんどの要素が非処女にも通用しますが)

 

こんな風になってはダメだという事です。

理想とのギャップが大きすぎて処女は幻滅してしまいます。

 

「なーんだ、この人は理想の王子様じゃなかったんだ」と思われて終わりです。

 

だから、これらの事とは逆の事をするんだ!

処女に対して、理想の王子様になるんだ!

というマインドセット(心構え)を持ってくださいね。

 

処女をガッカリさせてはいけません。

 

ガッカリさせた瞬間アウトなんで理想の王子様をきっちりと演じて下さい。

 

 

2個下の処女を攻略してきました

では、最後に具体例として2個下の処女の後輩を攻略したときの話をしたいと思います。

 

前提として、理想の王子様とは、

 

 

  • 決定権を男側が常に持つ(リードする)
  • トラブルや予想外の事に対して冷静で居られる
  • 落ち着いていてドッシリと構えている
  • 下心を見せずにサラッと奢ってあげられる
  • 優しくて包み込むような笑顔で会話する
  • 身だしなみを整え、フワッとする香水が付いている
  • ゆっくりと支配力のある声でしゃべる
  • 圧倒的な自信がある

 

こんな感じの要素を含んでいる事を言うので僕の話を読み進めつつ、当てはめてみて下さい。

 

 

ターゲットと接触

2個下の後輩で、そこそこモテている女性。

 

同級生や先輩からの誘いを断るくらいの女性なので処女でありながらも、意外としっかりしているという印象。

 

この女性を夜ごはんに誘って関係を深めつつ、攻略するというプランです。

 

余談ですが、この時の僕は女性とご飯の前にインフルエンザの予防注射をしないといけませんでした。


その時に体温を測るんですが、ふつーに37.5℃の熱がある事が発覚し、熱があると注射が受けられなくなる可能性がありました。

ただ、それは面倒だったので隣にいる平熱の弟に2回目の体温を測らせて無理やり注射をしてもらうという、アホな行為をしました。

 


その後、ちょっとフラフラしつつも、ドタキャンするわけにはいかないので体にムチを打って、夕方過ぎに車を走らせました。

 

こんな感じで、僕の処女攻略は若干のマイナススタートを切ったわけです(苦笑)

 

誘い方から堂々としていた

どうやってその女性を誘ったのかと言うとlineで誘いました。

 

本当は直接誘いたかったんですが会う機会がどうしても取れなかったんでlineで「○日の夜、ご飯でもいこっか」とシンプルに誘いました。

 

絵文字、顔文字一切抜きです。

 

こういった男らしい誘い方をしている人って、どれくらい居るでしょうか?

 

多くの男が「金曜日の夜、一緒にご飯でもどうですか?」という下からの誘い方をしているので、その時点で、理想の王子様とはかけ離れてしまいます。

 

 

もちろん、こういった誘い方はすでに女性との関係をある程度築いているのが前提ですが、下手に誘っている時点で理想の王子様ではないので気を付けて下さい。 

 

デートの誘い方に関してはこちらの記事を合わせて読んでもらえると、より理解が深まると思います。

 

あれを食べたんですよ、あれ

僕はその女性と何を食べに行ったと思いますか?

 

「そんなん、興味ねーよ」と思う前に少し考えてみて下さい。

 

「無難に居酒屋とか?」

「それとも高級ディナー?」

「いや、逆にきたなシュラン的な場所かなあ?」

「間を取って回転ずしとか?」

 

色々な場所を想像されると思いますが、僕が食べに行ったのは駅の下にある、古くてちっぽけなラーメン屋です(笑)

 

古くてちっぽけなラーメン屋。

 

えっ?

全然王子様っぽくない?

 

違うんですよ、前から僕がずっと食べたいと思っていた駅の下の古くてちっぽけなラーメン屋だったんですよ(笑)

 

「いやいや×3」と思う前に聞いてほしいんですが、これ、実はフザケでも何でもなくて、こういう「俺がここで食いたいからここにするんだ!」という一見自己中なようで、リード出来る姿勢を女性は評価するんです。

 

もっと言うと、デート=駅の下の古くてちっぽけなラーメン屋なんて、女性の方も想像ができないし、こういった初めての体験に女性はワクワクを覚えるんですね。

 

だから、

 

男「○○さん、何食べたい?」

女「んー、○○君が好きな所でいいよ」

男「俺は何でも良いから、○○さんが何食べたいか決めなよ」

 

 

という女性に任せるという行為をするよりは何倍もマシだと思ったのであえて、自分が食べたいと思っていたラーメン屋にしました。

 

ラーメン屋で話した事とミスった事

ハッキリ言って、ラーメン屋で何を話したのか覚えていません(笑)

 

なんか熱でもうろうとしていたし、そんなに会話自体にこだわっていないので適当に話していました。

 

だけど、

相手の女性の感情を動かす事

これだけは意識していました。

 

僕は女性と話すときは、内容にあまりこだわりません。

 

理由を詳しく話すと長くなるので、詳しくは、オトメゴコロ研究所所長のアプリさんの無料インタビュー音声があるのでそれで学んでください
イマドキ女子大生のホンネを聞き出したインタビュー音声厳選8個を今だけ無料公開!

 

 

どうでも良い天気の話や、経済の話をするくらいなら中身はないけど、相手の女性の感情を動かす会話をした方が100倍マシです。

 

熱も手伝って、何を話したのか覚えていませんが、女性の喜怒哀楽を引き出してあげるような会話をしていたと思います。

 

ここ、かなり重要なポイントだから絶対に抑えておいて下さい。

 

と偉そうに言っていますが、実はですね、ここで僕は1つミスをやらかすんです。

それは、財布を持ってくるのを忘れた事です(苦笑)

 

ヤバいですよね?

車の中に忘れたとはいえ後輩に奢ってもらうんですよ?

超ダサくないですか?

 

しかし、ここで慌てたりはしません。

「あ、車の中に財布忘れたから建て替えといて」とサラッと言ってしまいます。

 

ここで「あ、ヤベ。財布忘れた取りに行かなきゃ」と言ってダッシュするような男は落ち着きがなく、逆にダサいです。

 

だから僕は堂々とお金を借りる事にしました。

何とかなったとはいえ、今回の唯一のミスです。

 

処女攻略、ここからが本番

ラーメンを食べた後は車の中でお金を返して「○○谷公園に行こうか」と言います。
(そこの公園の展望台から、キレイな夜景が見えます)

 

女性は暗くて怖いから嫌だと言っていましたが「怖いならなおさら行かないとダメっ!」と意味不明な理由で強引に連れ出しました。

 

ちなみに、連れ出すときの理由は何でも良いです。

堂々と「えっ、行くよ?当たり前でしょ?」という態度で接しましょう。

 

それでですね、公園に着いて、展望台まで、そこそこ長くて暗い道を歩くんですが、その時に、木々がたくさんあって不気味な道があるんですよ。

 

いかにも何か出そうな感じの道があるわけです。

 

そこで、僕はピタッと立ち止まります。

相手の女性からすれば「えっ?ちょっと怖いから立ち止まらないでよ」ってなりますよね?

 

実際に「ちょっと怖いから止めて下さいよぉ」と言っていました。

 

僕はすかさず「いやいや、1人で行けるくらい強くならなきゃ」と適当な事を言います。

 

すると女性が「もう、嫌ですよ~」とやや本当に嫌がってきたので、ここで「仕方ないなー」と言って、サッと手を繋いで一緒に歩き出すわけです。

 

女性も手を繋がれた時には嫌がっているような様子もなく、満更でもない反応をしていたので、自然な形で手を繋げている事になります。

 

展望台まで手を繋いで行き、夜景を一緒に見て、最後の帰り道は車に乗るまで手を繋いで帰りました。

 

駅にお互いの車を停めていたので駅まで送った後、女性を見送り、家に帰った頃に「無事に帰れました(笑)今日は楽しかったです。また誘って下さい♡」とlineが着ていたので、今回のデートは成功した事になります。

 

 

どうでも良いですが、家に帰って数時間後に熱が下がっていました。俺、すげーなと思いました(笑)

 

 

まとめ

はい、いかがでしたか?

 

  • 決定権を男側が常に持つ(リードする)
  • トラブルや予想外の事に対して冷静で居られる
  • 落ち着いていてドッシリと構えている
  • 下心を見せずにサラッと奢ってあげられる
  • 優しくて包み込むような笑顔で会話する
  • 身だしなみを整え、フワッとする香水が付いている
  • ゆっくりと支配力のある声でしゃべる
  • 圧倒的な自信がある

 

 

小分けしている全ての話に、理想の王子様要素であるこれらの事が含まれていたと思います。

 

 

 

具体的にこうして下さい、ああして下さいとかその①○○して、その②○○して、その③○○してという事は、女性によって千差万別なんで一概には言えないですが、全体のイメージを掴んでもらえたらと思います。

 

 

処女を攻略する時は、白馬に乗った王子様を演出し、それらを1つ1つクリアしていくようなイメージをしてもらえたらOKです。

 

あなたもぜひ、処女を彼女にして、リア充ライフを満喫して下さいね。

 

という事で今回の話はこれで終わりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

オトメゴコロ研究所 神楽

 

 

PS

このライターさんのブログはこちら