どうも、オトメゴコロ研究所・研究員の神楽です。

 

今まで、処女攻略のためのお話しをしてきましたが、もう読んでもらえたでしょうか?

 

 

今回は、処女攻略で登場した女の子と、その後デートしたので、そのことについてお話ししようかと思います。

 

きっとあなたにも学びがあると思うので楽しみながら読み進めてくださいね。

 

それでは、さっそく始めていきます。

 

 

処女からの連絡の意味

これ、言ったらあれですけど、本当はデートするつもりはありませんでした。

 

ちょっとバタバタしていて、夜景デートの後、lineすらしていなかったんです。

 

しかし、前のデートが終わった後のlineを見る限り好感触だったので、向こうから連絡してくるだろうなという予想はしていました。

 

そうしたら予想通り、彼女からlineが来るわけです。

 

こんな感じです。

 

line画像①

 

知るかっっ!!!

 

って、瞬間的に思ったんですが僕は彼女がこのlineをしてくる意味を考えました。

 

普通に考えてこの手の、恋愛相談的なlineは女友達にすれば良いじゃないですか?

 

わざわざ男である、僕にしてくる必要はないわけです。

 

それなのに、僕にしてくる理由は何だろうかと考えた時に、思い浮かんだのは5つ、

 

  1. 僕に嫉妬をさせて感情を揺さぶりたい
  2. 私はこんなにモテますよアピール
  3. 僕とlineするキッカケがほしかった
  4. 本当に僕にしか相談できなかった
  5. 女友達と連携した作戦

 

こんな感じです。

 

それで、濃厚なのが①②③だろうなと思うわけです。

④と⑤は性格、その他もろもろ含んでもないな、と思い消去です。

 

多分彼女の気持ちを代弁すると、

 

 

僕とlineするキッカケがほしいなあ。

でも何となくlineすると
好意があるのがバレるから、、、

あっ、そうだ!

この間誘われた先輩のことを
相談する内容で送ってみよう。

そうしたら嫉妬してくれるかもしれないし
私がモテているってことが、わかってもらえるかもしれない。

 

 

ちょっと嫌らしいですが(苦笑)

こんな感じのことを思っていただろうと予想できます。

 

まあ、ぶっちゃけ言うと、この予想が当たっていようが外れていようが僕のすることは変わりません。

 

ピピっとlineの返信をします。

 

「じゃあ、今日は俺とご飯行こうか」

 

と返事しました(画像にまんま載っていますが笑)。

 

自分で言うのもあれですけどジャイアンですよ、これ(苦笑)

 

しかし、僕の予想が当たっているなら彼女は断って来ないと思ったので、この強気なlineを送りました。

 

まあ、普通にOKだったので予想は大体合っていることになります。

 

集合場所を決めて、再び会うことになりました。

 

 

処女の感情を揺さぶる

今回は駅下の汚いラーメン屋さんではなく焼き鳥がメインの居酒屋に行きました。

 

2人とも車だったので、お酒は飲んで居ませんが居酒屋では当たり障りのない会話をします。

 

仕事の話とか家の話とか、そんな感じだったと思います。

それでその後、安定の夜景を見に行きました。

 

あ、そうそう。

 

夜景を見に連れて行くと手っ取り早く、良い雰囲気になれるんで参考にしてみてください。

 

ちなみに、前回の夜景スポットとは違う所です。

 

それでですね。

 

その夜景スポットに着くなり僕は「その男のことを詳しく教えてよ」と言います。

 

ここからは、ヘタレ男がやってしまう嫉妬をイメージしながら、聞いてください。

 

で、彼女はこうこうこういう男だけど、どんな人か良く分からないから、ご飯に行くのが少し怖いと言ってきました。

 

その時に、僕は彼女の目をじぃーっと見つめながら「俺、その男と会ったら嫉妬するなー」と言います。

 

彼女が少し驚いた顔をしたのを確認して「すげぇ、嫉妬し過ぎて、もうお前と会いたくなくなるかも」と立て続けて言います。

 

決め手は「会ったと思ったらlineブロックして一生会わないから、お前と」と目を見て言います。

 

わかりますかね?

 

ヘタレ男の嫉妬と、僕がする嫉妬の違いが。
(正確に言うと、僕は嫉妬を演じています)

 

普通、ヘタレ男の嫉妬って

 

「いやいや、その男とは止めた方が良いんじゃないの?」

 

 とか

 

「俺だったらそんな男とは会わないかなー」

 

 とか

 

 「絶対それ、下心があるやつだから止めた方が良いって!」

 

などと言って、彼女とその男が会ってしまうことを、死守しようとしますよね?

 

でもこれって、彼氏でもない男から言われたら、ウザいんですよね。

 

「何で付き合っても居ないのに・・・」って、なるんです。

 

たとえ、彼女の好意が良い感じでも、なんかダサいというか余裕のなさを感じますよね?

 

だから、僕はヘタレ男とは違うアプローチをかけます。

 

まず、彼女の目をジッと見て「俺、その男と会ったら嫉妬するなー」とストレートに伝えます。

強いアイコンタクトとゆっくり深くて太い声で、言うんです。

 

この時に彼女の心境は
(えっ、それってもしかして・・・?)

 

ってなるじゃないですか?

 

もともと好感持っていた男が、自分に対してこういう風に言ってくるわけですから。

 

彼女のドキドキが増してくるわけですよ。

 

それで、すかさずに「すげぇ、嫉妬し過ぎてもうお前と会いたくなくなるかも」と言うんです。

 

これ矛盾していますよね?

わかります?

 

普通、嫉妬することって、


嫉妬=俺だけを見て=もっと会いたい

 

みたいな公式じゃないですか?

 

でも僕は会いたくなくなると言っているんです。

 

つまり、その男と会ったら俺と会えなくなって

お前の方が困るよ?どうする?

こういうニュアンスを漂わせているわけです。

 

彼女の「私はモテるんだよ~、ヘヘンっ♪」という心理を逆手にとって、

 

(やばっ、嫉妬はしてくれたけど、えっ、会ってくれなくなるの?えっ、それって矛盾してない?)

 

こんな混乱した心境にすることができるわけです。

 

で、決め手に「会ったと思ったらlineブロックして一生会わないから、お前と」。

これですよ。

 

ってか、これ酷いですよね(苦笑)

 

“会ったと思ったら”なので僕のさじ加減でブロックされるんですよ?

ジャイアンにも程がありますよね?

 

実際、彼女は

「えぇ~、それって酷くないですか?

神楽さんのさじ加減じゃないですか」

って言ってきましたから。

 

彼女の心境はきっと
(どうしよう、どうしたら良いのかな・・・)
と困っていたと思います。

 

それを察した僕は「じゃあ、そろそろ帰る?」と畳みかけます。

 

混乱して困っている彼女に、帰りのカウントダウン警告を鳴らします。

彼女としては、モヤモヤしているのでここで帰られたら困ります。

 

なので彼女は「12時くらいまで大丈夫なんで・・・」とボソッと言います。

 

ちなみにその時の時刻は9時にもなっていません。


「あ、そうなんだ。まだ一緒に居たい?」と目を見ながら体の距離40センチくらいで、問い詰めます。

あと、手も握っていたと思います。

 

すると、恥ずかしそうにしながら「はい、まだ一緒に居たいです・・・」言ってきたので、「わかった、あと3分だけな」と言って本当に3分くらい居た後に車を発進させます。

 

集合場所まで送っていくんですが、その間は手を繋いだまま、向かいます。

 

集合場所に着くと、カチンコチンになった彼女がおばあちゃんのような腰の重たさで僕の車から降りて行って、バイバイしました。

 

これ、漫画でいう所の頭から蒸気が出しながら顔を真っ赤にして、プシューってなるヒロインをイメージしてください(笑)

 

 

LINEでデート後の感触をチェック

僕が家に帰ったくらいのタイミングでlineが着ていました。

 

line画像②

 

見ての通り好感触だったということです。

今回のデートも成功しました。

 

デート後にちゃんとlineが来るかどうかはデートの成功の有無を確かめる指標になるので覚えておいてください。

 

ちなみに奢ったのにもかかわらずお礼のlineすら、送ってこない女性とは個人的にはサヨナラします。

 

常識って大切ですからね。

まあ、男側がよっぽど酷いデートをした場合は例外ですが(苦笑)

 

 

今回の処女攻略話で掴んでほしい感覚

今回の話で、あなたにわかってもらいたいのは、何も僕と同じように、真似してくださいということではありません。

 

この方法、好意がロクにない状態でしたら、ただのジャイアンで反感を買います。

 

文章だけでは伝えきれない場の空気や、緊張感などが入り混じっているので

 

あなたに掴んでほしい感覚は

 

  • 自分のペース(世界)に女性を惹き込むこと
  • 女性の感情をとことん動かすこと
  • 女性の理想を演出すること

 

この3つです。

 

僕だって最初のデートで、ここまでのジャイアニズムを発揮していたら多分嫌われていたでしょう。

 

しかし、最初のデートで彼女を惹き込むことができているから、こういった演出が可能になるんです。

 

良いですか?

 

この3つ、超絶大切ですから絶対に忘れないようにしてください。

 

ヘタレ男はもれなく、この3つに当てはまっていませんから。

 

  • 女性のペースに合わせて
  • 女性の感情を動かせずに
  • 女性に感情を持って行かれている

 

こんな感じなので、あなたは気を付けましょう。

 

ということで、今回の話はこれで終わりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

オトメゴコロ研究所 神楽

 

PPS

このライターさんのブログはこちら